ビグドイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ビグドイ

ビグドイ (ノルウェー語:Bygdøy) は、ノルウェーの首都オスロ市の西側の半島である。ビグドイ半島、あるいはビグドイ地区などとも表現される。

ビグドイには、公園や庭園、森林、博物館、そしてノルウェー王室の領地がある。

概要[編集]

ビグドイは元々、ホーヴェデーヤ英語版島のシトー会修道院の領有する島であったが、氷河の後退英語版により半島となり、1532年にはノルウェー王室の領土となった。

ビグドイには公園、森林、そしてビーチがある。1885年にはビグドイには111軒しか住宅がなかったが、今日では多くの公園や庭園が住宅地として分割され、居住地区として売りに出されている。しかし、依然として富裕層向けの高級住宅地、保養地である事は変わっていない。

ノルウェー王室の避暑地、保養地であるサマーハウス(Bygdøy kongsgård)、オスカー・ホール城英語版といった建物もビグドイにあり、これらは宅地開発から保護されている[1] [2]

2004年のスマトラ島沖地震の後、この災害の犠牲者を追悼する慰霊碑がノルウェー政府によってビグドイの西端の岸に建立される事となった。この慰霊碑は2007年10月19日にノルウェー国王ハーラル5世の手によって除幕式が行われた[3]

博物館[編集]

ビグドイには現在、5つの博物館がある。

交通[編集]

オスロ市内から公共バスが出ている他、夏季(4月-10月)には公共のフェリーでビグドイ半島へ渡る事も可能である。

脚注・出典[編集]

  1. ^ Jon Gunnar Arntzen. “Oscarshall”. Store norske leksikon. December 1, 2016閲覧。
  2. ^ Jon Gunnar Arntzen. “Bygdøy kongsgård”. Store norske leksikon. December 1, 2016閲覧。
  3. ^ Memorial (Laila Haugan, editor. Public Art Norway: 2008)
  4. ^ Anne-Sofie Hjemdahl. “Norsk Folkemuseum”. Store norske leksikon. December 1, 2016閲覧。
  5. ^ Anne-Sofie Hjemdahl. “Vikingskipshuset på Bygdøy”. Store norske leksikon. December 1, 2016閲覧。
  6. ^ Audun Grimstad. “Norsk maritimt museum”. Store norske leksikon. December 1, 2016閲覧。
  7. ^ Anne-Sofie Hjemdahl. “Kon-Tiki Museet”. Store norske leksikon. December 1, 2016閲覧。
  8. ^ Susan Barr. “Roald Amundsen”. Norsk biografisk leksikon. December 1, 2016閲覧。

外部リンク[編集]

座標: 北緯59度54分25秒 東経10度40分49秒 / 北緯59.90694度 東経10.68028度 / 59.90694; 10.68028