ブスケルー県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブスケルー県
Buskerud fylke
ブスケルー県の県章
県の紋章
ブスケルー県の位置
ノルウェーの国旗 ノルウェー王国
地方区分 エストラン
県庁所在地 ドランメン
面積
 - 総計
 - 国土に占める割合
12位
14,910 km²
4.53 %
人口
 - 総計 (2007)
 - 全人口に占める割合
 - 人口変化 (10年)
 - 人口密度
8位
251,220 人
5.29 %
6.7 %
18 人/km²
県内総生産
 - 総計(2001)
 - 全GDPに占める割合
7位
227,626 万NOK
3.57 %
県番号(ISO 3166-2:NO NO-06
公式サイト www.bfk.no

ブスケルー県Buskerud [ˈbʉskəˈrʉː] ( 音声ファイル))は、ノルウェー南部のアーケシュフース県オスロオップラン県ソグン・オ・フィヨーラネ県ホルダラン県テレマルク県ヴェストフォル県に接する。県庁所在地はドランメン

地理[編集]

東のオスロ湾から西の山岳地帯まで広がっている。伝統的にエイケル、リンゲリケ、ヌーメダール、ハリングダールの各地域に分かれる。西部は高原状で森林に覆われた谷や牧草地がある。東は低地で多くの湖がある。大きな湖はティリフィヨルド湖とクロデレン湖である。ノルウェーで3番目に長いNumedalslågen川がホルダラン県からブスケルー県を通ってヴェストフォル県に流れ、Begna川がスペリレン湖に注いでいる。

歴史[編集]

県の名前はModumにあった農場ブスケルー(ノルド語:Biskupsruð)にちなむ。Biskupは司教、ruðは開墾地または農場の意味である。農場はもともとはオスロ司教のものであった。

オーラヴ1世オーラヴ2世はリンゲリケで育った。

ヌーメダールの谷では17世紀からが産出したが、1957年に閉山した。コングスベルでは1814年より武器の生産が盛んで、現在でもさまざまなハイテク産業が多くの雇用を支えている。Modumではかつてコバルト顔料が生産されていた。

外部リンク[編集]