サッカーJ+

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

サッカーJ+』(サッカージェイプラス)は、エンターブレインが発行する日本国内のサッカー情報を扱う不定期刊行の雑誌であった。

特徴[編集]

一般誌では取り上げることの少ない 日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)、日本フットボールリーグ (JFL)、地域リーグ日本女子サッカーリーグ(なでしこリーグ)という国内のサッカー情報に主眼を置き、「Jリーグをこよなく愛するサポーターのために」をモットーとしている。 そのため、日本代表に関する記事が皆無であることが特徴となっている(日本代表は別冊『サッカーN+』が扱っている)。

創刊号 (VOL.01) では全国各地の書店で購入可能な「全国版」に加え、表紙と6ページ分がJ1・J2各30チーム(当時)の独自記事となっているホームタウン地域限定の「各チーム限定版(各チーム別特製ストラップ付き)」の合わせて31種類が発売された。

またVOL.02からVOL.05には「各チームSpecial Ver. 特製カレンダーポスター」が、VOL.06には「各チーム別J+特製ステッカー」が付いた冊子が一部の店舗で発売されたが、VOL.07以降付録はなくなった。

2007年6月、VOL.08より月刊化。

2007年9月、VOL.11を最後に不定期刊化。

歴史[編集]

発売年 発売月日 概要
2005年 8月11日 創刊号発売 (500円)
11月18日 VOL.02 発売
2006年 3月2日 VOL.03 発売
5月31日 VOL.04 発売 (680円に値上げ)
8月31日 VOL.05 発売
11月17日 VOL.06 発売
2007年 2月23日 VOL.07 発売
6月15日 VOL.08 発売 (月刊化)
7月13日 VOL.09 発売
8月15日 VOL.10 発売
9月15日 VOL.11 発売

連載記事[編集]

目指せ復活(昇格) J1診療所[編集]

J1昇格を目指しているJ2クラブを徹底的に診断する。

宇都宮徹壱の股旅フットボール[編集]

宇都宮徹壱が地域リーグのクラブチームを訪ねて歩く

スポンサー潜入記[編集]

エンターブレインの名物編集者だったライター・忍者増田によるスポンサー紹介

JFLノンフィクションシリーズ 3rd Flight Football[編集]

JFLのチームにスポットをあてる

Jおかあさんといっしょ♥[編集]

Jリーガーのお母さんを紹介する(「サッカーのおもちゃ箱」内のコーナー)

その他[編集]

  • J.LEAGUE RESULTS
  • J+ リアルボイス
  • INSIDE CLUB
  • J 31 COLOR'S(Jリーグ各チームのページ)
  • レフェリーさんの控え室(←教えて!レフリーさん)
  • マスコットでゴーゴゴー(←マスコットでGO!GO!)
  • 素朴な疑問をチョー解決!?
  • 腹ペコ大王がいく!
  • サッカーのおもちゃ箱
  • なでしこ☆ぱらだいす(←満開!なでしこリーグ
  • Jリーガーの卵(高校生、ユースなどU-18世代の特集)
  • サポダン(サポーター団体インタビュー)
  • ラテンの国からの贈り物(藤原清美
  • バモ研(漫画能田達規作)

連載終了記事[編集]

和希沙也のスタジアム行っちゃいました![編集]

和希沙也によるスタジアム紹介

その他[編集]