能田達規

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
能田 達規
生誕 (1970-06-27) 1970年6月27日(47歳)
愛媛県松山市
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1989年 -
ジャンル 青年漫画少年漫画
代表作 おまかせ! ピース電器店』『ORANGE
受賞 第1回ファミ通マンガ大賞入賞
公式サイト ORANGE
テンプレートを表示

能田 達規(のうだ たつき、1970年6月27日 - )は、日本漫画家。代表作は『おまかせ! ピース電器店』など。

来歴[編集]

愛媛県松山市出身。愛媛県立松山東高等学校卒業。広島大学工学部第二類(電子系)に進学し、漫画研究会に入る(先輩にこうの史代とだ勝之杜野亜希など)。在学中の1989年に第1回ファミ通マンガ大賞入賞[1]。当時ファミ通を出版していたアスキーが「月刊アスキーコミック」を立ち上げる際に連載陣の一人として声をかけたのをきっかけに漫画家への道を進む。このときは大学4年生で、平日日中は卒業論文のための研究にいそしみながら夜間や週末の合間を利用して月刊誌への連載を続け、睡眠時間は3時間というハードな生活を送っていたという[2]。大学による就職斡旋を断る際には「アスキーにコネがあるんでアスキーで働くことにします」と説明していたという[2]

サッカー好きとしても知られ、サッカーマンガとして『GET!フジ丸』や1部リーグ入りを目指す愛媛のサッカークラブを描いた『ORANGE』、サッカークラブと地域活性化問題を織り交ぜた『オーレ!』がある。以前は広島大学出身ということもあり、Jリーグサンフレッチェ広島のサポーターであることを公言していたが、『ORANGE』連載終了後の2003年末に当時日本フットボールリーグ (JFL) 所属だった愛媛FCの事務局長と出会ったのを機にクラブ側にマスコット制作を提案。このとき生まれたのが「オレンJ」(現・オ〜レくん)で、以後、スタジアムに掲示される選手一人一人の全身像イラスト横断幕(全選手+監督分)なども担当するなど、現在まで引き続いて愛媛FCと深く関わっている[2]。サッカー部に所属していたと思われがちであるが、自分は高校時代美術部所属だったとコメントしている。

また、ピース電器店連載時にはプロ野球チームの野村克也率いるヤクルトスワローズのファンでもあったことも公式HPで公言しており、ピース一家全員がそのパロディ球団「スパローズ」のファンである。

作品リスト[編集]

連載中[編集]

連載終了[編集]

その他[編集]

  • 嫉妬されるほどエクセルが上手くなる222の技―Excel2003/2002/2000対応(イラスト)
  • おまたせ! ピース電器店(短編集、全1巻)
  • サッカーの憂鬱 裏方イレブン(2012年、実業之日本社
  • Jリーグ各クラブごとのワンタッチパス対応ファンクラブ会員カードならびに年間チケット同封の書類(2009年、イラスト)
  • J2白書(J'sGOAL、イラスト)
  • でんじろう先生のわくわく科学キット(イラスト)
  • OLオーナー JサカONLINE奮戦記(Jリーグ プロサッカークラブをつくろう!ONLINE公式サイト)
  • 能田先生のマンガコーナー(愛媛FC公式ホームページ)

脚注[編集]

  1. ^ 赤田祐一ばるぼら 『定本 消されたマンガ』 彩図社2016年5月11日、第1刷、186頁。
  2. ^ a b c 森雅史 (2017年9月21日). “日本独自の「サッカーの楽しみ方」があってもいいではないか……能田達規はなぜスタジアムグルメの漫画を描くのか”. ぐるなび みんなのごはん. 2017年9月21日閲覧。
  3. ^ 裏方の仕事に光を「サッカーの憂鬱」能田達規さん”. 47NEWS (2014年5月8日). 2014年5月17日閲覧。
  4. ^ 女子サポ VS. スタジアムグルメ、キックオフ!! 【能田達規『ぺろり!スタグル旅』第1回:VS.岡山】”. ぐるなび (2017年3月10日). 2017年3月10日閲覧。
  5. ^ 週漫掲示板”. 週刊漫画TIMES. 2014年5月17日閲覧。

外部リンク[編集]