大泊駅 (樺太)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
コルサコフ駅から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
コルサコフ駅
大泊駅
コルサコフ駅構内(2012年)
コルサコフ駅構内(2012年)
ст. Корсаков
所在地 ロシアの旗 ロシア
極東連邦管区サハリン州
コルサコフ市
駅番号 990005
所属事業者 ロシア鉄道
極東鉄道支社サハリン地域部
駅種別 貨物駅 грузовая
駅名変遷 1908年-1916年 : 栄町(さかえまち)
1916年-1946年 : 大泊(おおどまり)
所属路線 コルサコフ - ノグリキ線
キロ程 2.6km(コルサコフ港起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面7線
開業年月日 1908年6月1日
テンプレートを表示

大泊駅(おおどまりえき)は、かつて樺太大泊郡大泊町に存在した鉄道省樺太東線である。現在はロシア鉄道極東鉄道支社サハリン地域部コルサコフ駅ст. Корсаков)である。樺太拓殖鉄道大泊駅は当駅から約2km東に存在した。

現状に関しては、サハリン州およびサハリンの鉄道の項目も参照のこと。

概要[編集]

1908年(明治41年)6月に栄町駅(初代)として開業。休止の時期を挟んで1916年(大正5年)7月、改称により大泊駅(2代目)となった。1928年(昭和3年)12月には稚泊連絡船が就航していた大泊港駅とつながった。

戦後の1946年2月豊原(同年6月ユジノサハリンスクに改称)に設置されたソ連運輸通信省南サハリン鉄道局に編入され、のち地名の改称に合わせて駅名をコルサコフに改称した。

現在はコルサコフ港で陸揚げされた貨物を取り扱っているほか、島内各地着発の5トンコンテナの発送および受け取りを取り扱っている。旅客についてはかつて、Д2系気動車によるユジノサハリンスク - トマリ間の長距離列車が延長運転する形で当駅を発着(2007年から2009年まで一時中止)していたが、2011年に延長運転が再度中止されて以降は、当駅より約300mコルサコフ港寄りの市街地中心部に面した2kmピケット3乗降場(2km300m距離標乗降場、通称・コルサコフ=ピャーチウグロフ乗降場)とユジノサハリンスクの間で運転されている近郊列車のみが停車している。

歴史[編集]

旅客列車運行状況[編集]

当駅に代わって旅客列車の始発駅となっている2kmピケット3乗降場(2016年)

1944年当時[4][編集]

  • 大泊港駅発着は1往復、敷香駅発着の夜行列車であった。
  • 大泊駅発着は6往復であった。

現在[編集]

  • 2kmピケット3 - ユジノサハリンスク間の近郊列車(Д2系気動車列車、上り2本・下り3本、2018年ダイヤ)が停車する。

駅周辺[編集]

日本統治時代[編集]

隣の駅[編集]

日本統治時代[編集]

鉄道省樺太鉄道局
樺太東線
栄町駅 - 大泊駅 - 楠渓町駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 栄町駅は、のち1931年4月1日に2代目の駅が大泊港方1.2kmの位置に開設されている(1944年10月1日廃止)。
  2. ^ a b c d e 日本鉄道旅行地図帳 滿洲・樺太(今尾恵介原武史 監修 新潮社 2009年)p.65
  3. ^ 大泊駅としては2代目。それまでは1908年4月1日1913年8月14日までの間、楠渓町駅が大泊駅だった。
  4. ^ 南樺太:概要・地名解・史実(西村いわお・著、高速印刷センター内出版部 1994年)p.60より。