樺太庁大泊中学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

旧制樺太庁大泊中学校(きゅうせいからふとちょう おおどまりちゅうがっこう)は、1912年明治45年)、樺太に設立された旧制中学校である。

概要[編集]

歴史
1912年(明治45年)に設置された「樺太庁中学校」を前身とする。旧制中等教育学校としては樺太で初めて設置された。
校訓
  • 一. 質実剛健なれ
  • 一. 明朗豁達なれ
  • 一. 志操を高潔にせよ
所在地
大泊郡大泊町

沿革[編集]

歴代校長[編集]

  • 初代 - 太田達人(1912年(明治45年)5月1日 - 1921年(大正10年)2月8日までの8年9ヶ月間)- (前)秋田県立横手中学校校長 (後)依願退職
  • 第2代 - 柴山槐郎(1921年(大正10年)3月27日 - 1925年(大正14年)2月6日までの3年11ヶ月間)- (前)大分県立大分中学校校長 (後)富山県立富山中学校校長
  • 第3代 - 堀辰巳(1925年(大正14年)2月27日 - 1931年(昭和6年)6月8日までの6年4ヶ月間)- (前)樺太庁大泊中学校教諭 (後)退職
  • 第4代 - 藤田弘一(1931年(昭和6年)6月30日 - 1934年(昭和9年)5月3日までの2年11ヶ月間)- (前)樺太庁真岡中学校校長 (後)退職
  • 第5代 - 瓜田友衛(1934年(昭和9年)5月 - 1939年(昭和14年))- (前)樺太庁真岡中学校校長 (後)樺太庁豊原中学校校長
  • 第6代 - 中江時助(1939年(昭和14年)- 1942年(昭和17年))
  • 第7代 - 横山賢市(1942年(昭和17年)- )

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]

関連事項[編集]