大谷駅 (樺太)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ソコル駅から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
ソコル
大谷駅
Сокол
所在地 ロシアの旗 ロシア
極東連邦管区サハリン州
駅番号 99150
所属事業者 ロシア鉄道
極東鉄道支社サハリン地域部
駅名変遷 1911年-1946年 : 大谷駅
開業年月日 1911年12月2日
乗入路線 2 路線
所属路線 コルサコフ - ノグリキ線
キロ程 73km(コルサコフ港起点)
所属路線 ソコル - ブイコフ線
キロ程 0km(ソコル起点)
テンプレートを表示

大谷駅(おおたにえき)は、かつて樺太豊栄郡落合町に存在した鉄道省樺太東線帝国燃料興業会社内淵線である。

歴史[編集]

  • 1911年(明治44年)12月2日樺太庁鉄道東海岸線富岡駅 - 小谷駅間(26.2km)延伸開業により設置。
  • 1943年(昭和18年)4月1日:南樺太の内地化にともない、鉄道省(国有鉄道)に編入。
  • 1944年(昭和19年)4月1日:帝国燃料興業会社内淵鉄道線の当駅 - 内淵駅間(23.2km)が開通、連絡駅となる。
  • 1945年(昭和20年)8月:ソ連軍が南樺太へ侵攻、占領し、駅も含め全線がソ連軍に接収される。
  • 1946年(昭和21年)
    • 2月1日:日本の国有鉄道の駅としては書類上廃止。
    • 4月1日:ソ連国鉄に編入。ロシア語駅名は「ソコル」。

運行状況[編集]

現在はユジノサハリンスク駅チーハヤ駅トマリ駅発着の1往復、ブイコフ駅発着の1.5往復、ユジノサハリンスク駅、ノグリキ駅発着の特急1往復のみ停車する。

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

鉄道省樺太鉄道局
樺太東線
深雪駅 - 大谷駅 - 小谷駅
帝国燃料興業会社
内淵鉄道線
大谷駅 - 黒川駅