気屯駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

気屯駅(けとんえき)は、かつて樺太敷香郡敷香町に存在した鉄道省樺太東線である。 駅としては1943年から1944年にかけて日本最北端の駅であった。

歴史[編集]

  • 1943年(昭和18年)11月16日 - 国有鉄道の上敷香駅 - 当駅間(51.7km)の延伸開業により設置。
  • 1944年(昭和19年)8月15日 - 当駅 - 古屯駅間(10.6km)が延伸開業。
  • 1945年(昭和20年)8月 - ソ連軍が南樺太へ侵攻、占領し、駅も含め全線がソ連軍に接収される。
  • 1946年(昭和21年)2月1日 - 日本の国有鉄道の駅としては、書類上廃止。
  • 1946年4月1日 - ソ連国鉄に編入。ロシア語の駅名は「スミルヌィフ サハリンスキー」。

駅名の由来[編集]

当駅の所在する地名からであり、地名はニブヒ語の「ケトンギー」(上の川)による[1]

運行状況[編集]

  • 旅客列車の運行は行なわれていたものの、軍用鉄道であり時刻表に記載されなかった。

現在はポロナイスク駅ポページノ駅発着の1往復と、ユジノサハリンスク駅、ノグリキ駅発着の特急が全て停車する。

駅周辺[編集]

  • 気屯飛行場

隣の駅[編集]

鉄道省樺太鉄道局
樺太東線
亜屯駅 - 気屯駅 - 古屯駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 南樺太:概要・地名解・史実(西村いわお・著、高速印刷センター内出版部 1994年)p.438