古屯駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ポページノ駅から転送)
Jump to navigation Jump to search
ポベージノ
古屯駅
ポベージノ駅
ポベージノ駅
Победино
所在地 ロシアの旗 ロシア
極東連邦管区サハリン州
駅番号 99690
所属事業者 ロシア鉄道
極東鉄道支社サハリン地域部
駅名変遷 1944年-1946年 : 古屯駅
開業年月日 1943年
乗入路線 2 路線
所属路線 コルサコフ - ノグリキ線
キロ程 412.9km(コルサコフ港起点)
所属路線 ポベージノ - ペルヴォマイスコエ線(廃止)
キロ程 0km(ポベージノ起点)
テンプレートを表示

古屯駅(ことんえき)は、かつて樺太敷香郡敷香町に存在した鉄道省樺太東線である。

北緯50度線(当時の日ソ国境線)の南17kmに位置し、かつて日本最北端の駅であった。

歴史[編集]

駅名の由来[編集]

当駅の所在する地名からであり、地名はニブヒ語の「コトン」(「街」の意味)による[1]

運行状況[編集]

  • 旅客列車の運行は行なわれていたが、軍用鉄道であり時刻表に掲載されなかった。

現在はポロナイスク駅、当駅発着の1往復、ユジノサハリンスク駅ノグリキ駅発着の特急1往復のみ停車する。

駅周辺[編集]

  • 幌見峠

隣の駅[編集]

コルサコフーノグリキ線
気屯駅 - 古屯駅ユジノハンダサ駅
ポベージノーペルヴォマイスコエ線(廃止)
古屯駅 - 雁門駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 南樺太:概要・地名解・史実(西村いわお・著、高速印刷センター内出版部 1994年)p.438

関連項目[編集]