コリ・ゴフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • コリ・ガウフ
コリ・ゴフ
Cori Gauff
Tennis pictogram.svg
Gauff WMQ19 (24).jpg
2019年ウィンブルドン選手権
基本情報
愛称 ココ (Coco)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 同・ジョージア州アトランタ
居住地 同・フロリダ州デルレイビーチ
生年月日 (2004-03-13) 2004年3月13日(15歳)
身長 176cm
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2018年
ツアー通算 1勝
シングルス 1勝
ダブルス 1勝
生涯獲得賞金 $75,011
4大大会最高成績・シングルス
全豪 NA
全仏 Q2 (2019)
全英 4R (2019)
全米 3R (2019)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 71位 (2019年10月14日)
ダブルス 98位 (2019年10月14日)
2019年8月5日現在

コリ・ゴフCori Gauff, 英語発音: [ˈkɔri ˈgɔf]; 2004年3月13日 - )は、アメリカ合衆国ジョージア州アトランタ出身の女子プロテニス選手。身長176cm、右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。愛称はココCoco[1]WTAツアーにおいて、シングルス1勝・ダブルス1勝を挙げている。

2018年全仏オープンジュニアのシングルスで史上2番目の若さで優勝。2018年全米オープンジュニアのダブルスで優勝。史上最年少でウィンブルドン選手権の予選からの本戦入りした。

生い立ち[編集]

ゴフはジョージア州アトランタで生まれ育った。4歳のときに見た2009年全豪オープン女子シングルス決勝でテニスに興味を持ち始め、7歳から本格的にテニスを始めた。その後テニスの環境が整っているフロリダ州デルレイビーチに移住[2]。父親のコーリーはジョージア大学バスケットボール選手、母親のキャンディはフロリダ大学で陸上選手で、コーリーは2019年現在もコリのヘッドコーチを務めている[3][4]

2018年10月にニューバランスとスポンサー契約を締結した。また、2019年3月にはイタリア最大の食品会社であるバリラともスポンサー契約を締結した[5]

来歴[編集]

2018年 プロデビュー[編集]

2018年5月、フロリダ州オスプレイ英語版で行われたITF女子サーキット2.5万ドルの大会でITFデビューし、同大会でプロ初勝利。2018年全仏オープンジュニアのシングルスの決勝でキャティ・マクナリーを2-1で破り、14歳の若さでジュニアグランドスラム初優勝[6]2018年全米オープンジュニアのダブルスではキャティ・マクナリーとペアを組み、決勝でヘイリー・バプティスト英語版ダレイナ・ヒューイット英語版ペアを2-0で破り優勝[7]。2018年オレンジボウル英語版の18歳以下の部で優勝。

2019年 史上最年少でWB本戦出場、ツアー初優勝、トップ100入り[編集]

2019年2月、サプライズで行われたITF2.5万ドルの大会のダブルスでペイジー・フーリガン英語版とペアを組み、ITF初優勝。3月のマイアミ・オープンでWTAデビューを果たし、1回戦のケイティ・マクナリーを2-1で破り勝利。2回戦はダリア・カサトキナに0-2で敗れた。ウィンブルドンのシングルス予選で3連勝し、ウィンブルドンではオープン後史上最年少となる15歳3ヵ月で予選から本戦入りを果たした[8][9][10]。1回戦のヴィーナス・ウィリアムズを2-0で破る金星を挙げグランドスラム初勝利。2回戦のマグダレナ・リバリコバを2-0[11][12]、3回戦のポロナ・ヘルツォグを2-1で勝利した。4回戦ではシモナ・ハレプ相手に0-2で敗れた。この活躍により一躍、注目若手選手となった。

シティ・オープンでは、シングルスは予選2試合を勝ち上がったが、本戦1回戦でザリナ・ディアスに敗れた。一方ダブルスでは、2018年全米オープンジュニアで優勝した時のパートナーである、キャティ・マクナリーとペアを組みワイルドカードで出場。勝ち進み、決勝ではファニ・ストラーマリア・サンチェス組を6-2, 6-2で下してWTA初優勝を飾った[13]

全米オープンはワイルドカードで出場し、同大会初白星をあげた。3回戦で前年覇者の大坂なおみに敗れた。ラッキールーザーとして出場したオーストリア・レディース・リンツでは、第1シードのキキ・ベルテンスらを下して初の決勝進出。決勝でエレナ・オスタペンコに6-3, 1-6, 6-2を破り、15歳にしてツアー初優勝を果たした[14]。大会終了後の世界ランキングで71位になりトップ100入り。

脚注[編集]

  1. ^ Wimbledon 2019: Cori 'Coco' Gauff described as a 'champion in the making'” (英語) (2019年7月1日). 2019年7月3日閲覧。
  2. ^ American teen Gauff impresses in junior Slam debut”. US Open. 2017年9月11日閲覧。
  3. ^ Why 12-year-old Cori Gauff hopes she'll be the greatest of all time”. ESPN. 2017年9月11日閲覧。
  4. ^ Interview with Coach Corey Gauff”. blacktennismagazine.com. 2019年7月1日閲覧。
  5. ^ “Tennis prodigy, 14, signs multi-year sponsor deal”. CNN. https://edition.cnn.com/2018/10/31/sport/cori-gauff-new-balance-sponsorship-deal-spt-intl/index.html 2018年11月1日閲覧。 
  6. ^ Five Things to Know About Wimbledon Qualifier Cori Gauff”. baseline.tennis.com (2019年6月29日). 2019年7月1日閲覧。
  7. ^ トップシードのガウフ/マクナリーが地元アメリカ勢対決を制してジュニア女子ダブルス優勝 [USオープン]”. tennismagazine.jp. 2019年8月4日閲覧。
  8. ^ 15-year-old makes Wimbledon history by earning main-draw spot”. The42 (2019年6月27日). 2019年1月28日閲覧。
  9. ^ Wimbledon qualifying: Cori Gauff makes history in qualifying aged 15”. BBC Sport (2019年6月27日). 2019年7月3日閲覧。
  10. ^ 本戦最年少は14歳2ヵ月のジェニファー・カプリアティ
  11. ^ Wimbledon 2019: Qualifier Cori Gauff, 15, beats Venus Williams in huge upset”. BBC Sport (2019年7月1日). 2019年7月1日閲覧。
  12. ^ Wimbledon 2019: Cori Gauff, 15, to 'just wing it', Kyle Edmund on Centre Court” (2019年7月2日). 2019年7月3日閲覧。
  13. ^ 10代ペアのガウフ&マクナリーがダブルスで初のWTAタイトルを獲得「2人とって大きな意味がある」 [シティ・オープン]”. tennismagazine.jp. 2019年8月4日閲覧。
  14. ^ 15歳ガウフが夢のツアー初優勝、元全仏女王オスタペンコ破る”. www.afpbb.com. 2019年10月14日閲覧。

外部リンク[編集]