コエゾゼミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
コエゾゼミ
'
Tibicen bihamatus
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
亜綱 : 有翅昆虫亜綱 Pterygota
: カメムシ目(半翅目) Hemiptera
亜目 : 頚吻亜目 Auchenorrhyncha
上科 : セミ上科 Cicadoidea
: セミ科 Cicadidae
亜科 : セミ亜科 Cicadinae
: クマゼミ族 Cryptotympanini
: エゾゼミ属 Lyristes
: コエゾゼミ L. bihamatus
学名
Lyristes bihamatus
(Motschulsky1861)
シノニム

Tibicen bihamatus

和名
コエゾゼミ(小蝦夷蝉)

コエゾゼミ(小蝦夷蝉、学名: Lyristes bihamatus)は、カメムシ目(半翅目)・セミ科に分類されるセミの一種。

従来までの分類ではについては Tibicen であった[1]が、命名規約上無効との指摘があり、Lyristes に変更されている[2]

分布[編集]

日本北海道本州広島県が西限)、四国佐渡島サハリン南千島に分布する[2]中国大陸北部から大昔の日本に移動してきたエゾゼミと異なり、サハリン方面から日本に移動してきた昆虫であり、純粋な北方系のセミである。エゾゼミとコエゾゼミは一般によく似たセミとして同じように扱われがちであるが、以上のような決定的な相違があることを見逃してはならない。なお、北方系のセミは日本ではこのコエゾゼミとエゾチッチゼミの2種類しかいない。

形態[編集]

全長48-54mm、体長34-38mm、前翅開張90-95mmで、エゾゼミアカエゾゼミよりも小型であり、キュウシュウエゾゼミヤクシマエゾゼミと同程度である。

胸部背面にW字型の黄色の斑紋がある。基本的に前胸背外片の黄色帯は黒色部によって左右が切断されるが、途切れずつながっている個体もまれに存在する[2]

生態[編集]

八ヶ岳・美濃戸(長野県茅野市)、2012年7月31日午前10時40分頃採音。

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。
横から見たコエゾゼミ(福島県飯豊山

北日本では平地にみられ、本州中部以西では標高900-1500mの山地に生息する。7月上旬から8月末に出現する。針葉樹を主に好むエゾゼミと異なり樹種の好き嫌いはあまりなく、ブナミズナラエゾマツあるいはシラカバナナカマドといったさまざまな樹木に、頭を下にして逆さにとまり、「ジー」と鳴く。なお、その鳴き声はアカエゾゼミとよく似ており、震えるような独特のビート音が入るエゾゼミの鳴き声とは少し異なる。とはいえ、両種の鳴き声を明確に聞き分けるのはなかなか難しい。また、交尾はV字型で行われる。これはエゾゼミとまったく同じである。

エゾゼミやヒグラシエゾハルゼミと同じく森林性のセミであり、通常は日中でも薄暗い森や山の中に生息する。ただし、森林の内部でのみ発生するエゾゼミと異なり、長野県北部では人工的な公園で成虫が発生している例がある。さらに北海道でも、そのような発生例が近年増加しているとの報告もある。これは、エゾゼミと異なり、街路樹としてもよく使われているシラカバやナナカマドをも嗜好するこのセミの性質によるものと考えられている。

ただし、今のところ、札幌市などの街中においてこのセミの増加が確認されているわけではない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本産昆虫学名和名辞書(DJI)”. 昆虫学データベース KONCHU. 九州大学大学院農学研究院昆虫学教室. 2011年8月10日閲覧。
  2. ^ a b c 林正美、税所康正 『日本産セミ科図鑑』 誠文堂新光社2011年ISBN 978-4-416-81114-6

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]