クール・アンド・ザ・ギャング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
クール・アンド・ザ・ギャング
Kool & the Gang
Kool & The Gang.jpg
2011年
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニュージャージー州ジャージーシティ
ジャンル ソウル
R&B
ファンク
活動期間 1964年 - 現在
レーベル De-lite
マーキュリー
メンバー ロバート・"クール"・ベル
ロナルド・ベル
アミール・ベイヤン
カーティス・ウィリアムズ
デニス・トーマス
ジョージ・ブラウン
ラヴェル・エヴァンズ
ルイ・テイラー
ショーン・マッキラー
ティモシー・ホートン
マイケル・レイ
旧メンバー ラリー・ギテンズ
ドナルド・ボイス
アール・トゥーン
ケヴィン・ベル
ケヴィン・ラシター
オディーン・メイズ
オーサ・ナッシュ
リッキー・ウェスト
ロバート・ミケンズ
ロドニー・エリス
ロイヤル・ベイヤン
セニー・"スキップ"・マーティン
ウディー・スパロウ
クレイデス・チャールズ・スミス
クリフォード・アダムズ
ジェイムズ・"J.T."・テイラー

クール・アンド・ザ・ギャング(Kool & the Gang)は、アメリカソウルR&Bファンク・バンドである。

歴史[編集]

1964年ニュージャージー州にて、ベースのロバート・"クール"・ベル、キーボードのロナルド・ベルの兄弟を中心に結成された。1969年デビュー。結成当初はリード・ヴォーカルはおらず、ジャズ・ファンクを中心とした曲を演奏していた。デビュー後しばらくはヒットに恵まれなかったが、1973年「ファンキー・スタッフ:Funky Stuff」[1]Billboard誌が29位、以下Billboard誌のチャート最高位)が初のTop50入りを果たしブレイク。1974年、「ジャングル・ブギー:Jungle Boogie」[2]を発表、22週に渡りチャート圏内に入り最高4位まで上がる初のTOP10ヒットとなった。続く「Hollywood Swinging」(ハリウッド・スウィンギング、Hot100 6位)も大ヒット。彼らはこれらのヒットを契機に、一躍人気ファンクバンドとなった。1977年には大ヒット映画「サタデー・ナイト・フィーバー」のサウンドトラックに曲「オープン・セサミ」を提供した。1979年にジェームス・"JT"・テイラーが加入し、デオダート制作の1980年「レイディーズ・ナイト:Ladies Night」(Hot100 最高8位、Black 3週連続1位)、「トゥー・ホット:Too Hot」(Hot100 最高5位、Black3位)など全米ポップ・チャートでもヒットを連発した。

1980年暮れに彼ら最大のヒットとなるシングル「セレブレーション:Celebration」(Hot100 2週連続1位、81年年間総合6位)を発表。81年のソウル・チャートで,6週連続1位を獲得する。この曲は、アメリカのイベントやパーティーなどでよく使用されてきた。その後1981年から1982年にかけ「テイク・マイ・ハート:Take My Heart (You Can Have It If You Want It)」(Hot100 17位、Black 1位)、「ゲット・ダウン・オン・イット:Get Down On It」(Hot100 10位、Black 4位)、「ステッピン・アウト」、「Big Fun」(Hot100 21位、Black 6位)とヒットを出した。 1983年には、「Joanna」(Hot100 2位、Black 1位、Adult Contemporary 2位)を発表。以降、1984年に「Tonight」(Hot100 13位、Black 7位)。1985年に「フレッシュ:Fresh」(Hot100 9位、Black 1位、Dance 1位、Adult Contemporary 5位)、「Misled」(Hot100 10位、Black 3位、Dance 9位)、「Cherish」(Hot100 2位、Black 1位、Adult Contemporary 1位)とヒットが続いた。

1986,87年には「Victory」(Hot100 10位、Black 2位)、「Stone Love」(Hot100 10位、Black 4位)がトップ10入りしたが、1988年にJTテイラーが脱退。その後、元ダズ・バンドのスキップ・マーティンがリードとして加入した。しかしグループは、80年代末以降ヒット曲に恵まれなくなってしまう。ソロとなったJTテイラーは、レジーナ・ベルとのデュエットなどを発表するが大きなヒットにはならず、1996年にグループに戻った。グループは、TOP10入り12曲の記録を残した。

音楽性[編集]

初期はリード・ヴォーカルはおらず、ファンクを中心としたインスト曲が多かった。さらにサウンドを強化し、73~74年ごろにファンク・バンドとして黄金期をむかえる。70年代末にJTテイラーがリード・ヴォーカルとして加入して以降、AOR、ソフトなダンス曲、ポップ寄りな曲が中心になり、歌謡ディスコ的なバンドになった。

彼等の楽曲はファンク、ダンス系とバラード系ほかがある。。

  1. ファンク:"ファンキー・スタッフ:Funk Stuff"、"ジャングル・ブギー:Jungle Boogie"等のファンク期の楽曲、
  2. AOR/ディスコ:JTテイラー加入以後、"Too Hot"、"Ladies Night"等、AOR/ディスコの影響を受けた楽曲。
  3. バラード:"Joanna"、"Cherish"等 - ポップ系、クワイエット・ストーム系の"Johanna"、"Cherish"は、いずれもビルボード2位。
  4. フュージョン:日本人受けする"サマー・マッドネス"がこれに当たる。

"Jones vs Jones" - この曲は離婚を題材とした曲である。当時アメリカでは「結婚しない女」「クレイマー、クレイマー」といった「女性の自立」「離婚」を題材にした映画が流行っており、"Jones vs Jones"はその流れの中で発表された。


ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • KOOL AND THE GANG (1970)
  • Live At The Sex Machine (1971, US 200 #122)
  • The Best Of Kool & The Gang (1971, US 200 #157)
  • Live At PJ's (1971, US 200 #171)
  • Music Is The Message (1972)
  • Good Times (1972, US 200 #142)
  • Wild And Peaceful (1973, US 200 #33)
  • Kool Jazz (1974, US 200 #187)
  • Light Of Worlds (1974, US 200 #63)
  • Kool & The Gang Greatest Hits (1975, US 200 #81)
  • SPRINT OF THE BOOGIE (1975, US 200 #48)
  • Love And Understanding (1976, US 200 #68)
  • Open Sesami (1976, US 200 #110)
  • Behind The Eyes (1976)
  • The Force (1978, US 200 #142)
  • Everybody's Dancin' (1978)
  • LADIES' NIGHT (1979, US 200 #13)
  • CELEBRATE! (1980, US 200 #10)
  • Something Special (1981, US 200 #12)
  • As One (1982, US 200 #29)
  • IN THE HEART (1983, US 200 #29)
  • EMERGENCY (1984, US 200 #13)
  • FOREVER (1986, US 200 #25)
  • Everything's Kool & The Gang: Greatest Hits & More (1988, US 200 #109)
  • SWEAT (1989)
  • UNITE (1993)
  • The Best Of Kool & The Gang 1979-1987 (1994)
  • STATE OF AFFAIRS (1996)
  • Gangland (2001)
  • The Hits Reloaded (2004)
  • Still Kool (2007)

シングル[編集]

1969

  • Kool & The Gang (US HOT100 #59/R&B #19)
  • The Gangs Back Again (US HOT100 #85/R&B #--)

1970

  • Let The Music Take You Mind (US HOT100 #78/R&B #19)
  • Funky Man (US HOT100 #87/R&B #16)

1971

  • I Want To Take You Higher (US HOT100 #105/R&B #35)
  • Who's Gonna Take The Weight Pt. 1 (US HOT100 #113/R&B #28)

1972

  • Love The Life You Live Pt. 1 (US HOT100 #107/R&B #31)

1973

  • ファンキー・スタッフ:Funky Stuff (US HOT100 #29/R&B #5)

1974

  • ジャングル・ブギー:Jungle Boogie (US HOT100 #4/R&B #2)
  • ハリウッド・スウィンギング:Hollywood Swinging (US HOT100 #6/R&B #1)
  • Higher Plane (US HOT100 #37/R&B #1)

1975

  • Rhyme Tyme People (US HOT100 #63/R&B #3)
  • Sprit Of The Boogie / Summer Madness (US HOT100 #35/R&B #1)
  • Caribbean Festival (US HOT100 #55/R&B #6)

1976

  • Love And Understanding (Come Together) (US HOT100 #77/R&B #8)
  • Universal Sound (US HOT100 #101/R&B #71)

1977

  • Open Sesami (US HOT100 #55/R&B #--)
  • Super Band (US HOT100 #101/R&B #--)

1978

  • Slick Superchick (US HOT100 #102/R&B #19)

1979

  • Ladies Night (US HOT100 #8/R&B #1)

1980

  • Too Hot (US HOT100 #5/R&B #3)
  • Hangin' Out (US HOT100 #103/R&B #--)
  • Celebration (US HOT100 #1/R&B #1)

1981

  • Jones vs.Jones (US HOT100 #39/R&B #33)
  • Take It To The Top (US HOT100 #--/R&B #11)
  • Take My Heart (You Can Have It If You Want It) (US HOT100 #17/R&B #1)
  • Get Down On It (US HOT100 #10/R&B #4)

1982

  • Steppin' Out (US HOT100 #89/R&B #12)
  • Big Fun (US HOT100 #21/R&B #6)
  • Hi De Hi,Hi De Ho (US HOT100 #--/R&B #--)

1983

  • Let's Go Dancin'(Ooh La,La,La) (US HOT100 #30/R&B #7)
  • Street Kids (US HOT100 #--/R&B #78)
  • Straight Ahead (US HOT100 #103/R&B #--)
  • Joanna (US HOT100 #2/R&B #1)

1984

  • Tonight (US HOT100 #13/R&B #1)
  • Misled (US HOT100 #10/R&B #3)

1985

  • Fresh (US HOT100 #9/R&B #1)
  • Cherish (US HOT100 #2/R&B #1)
  • Emergency (US HOT100 #18/R&B #7)

1986

  • Victory (US HOT100 #10/R&B #2)

1987

  • Stone Love (US HOT100 #10/R&B #4)
  • Holiday (US HOT100 #66/R&B #9)
  • Special Way (US HOT100 #77/R&B #--)

1988

  • Rags To Riches (US HOT100 #--/R&B #38)

1989

  • レインドロップス:Raindrops (US HOT100 #--/R&B #27)
  • Never Give Up (US HOT100 #--/R&B #75)

関連人物[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]