スキップ・マーティン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スキップ・マーティン
Skip Martin
Skip Martin.jpg
基本情報
生誕 1957年6月25日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ
ジャンル ファンク/Jazz/R&B/ソウル
職業 シンガー、トランペッター、プロデューサー、作曲家
共同作業者 ダズ・バンドクール・アンド・ザ・ギャング、トム・シューマン(スパイロ・ジャイラ)、アルトゥーロ・サンドヴァル
公式サイト

www.skipmartinmusic.com

www.soundsuccessjapan.com

スキップ・マーティンSennie "Skip" Martin III1957年6月25日 - )は、アメリカ合衆国 サンフランシスコ出身。ラスベガス在住のシンガートランペット奏者

ダズ・バンド(1980-)とクール・アンド・ザ・ギャング(1987-2007)のリードボーカルとトランペットを担当。ダズ・バンドのLet It Whipグラミー賞を受賞。

来歴[編集]

East Wind Bandのリード・ボーカルとして活動後、Mighty Generation Bandに加入。その後、Dazz Bandへ1980年に加入し、"Let It Whip"でグラミー賞を受賞。1987年にクール・アンド・ザ・ギャングへ移籍した。20年間のクール・アンド・ザ・ギャング在籍中、10年間は、ダズ・バンドとの掛け持ちでの活動をしている。クール・アンド・ザ・ギャング脱退後は、ダズ・バンドとしての活動を続けながら、ソロとしての活動を続けている。

スキップ・マーティンはトラペット奏者として11歳の時からジャズをこよなく愛し始め、後に高校生の時に、モントレー・ジャズ・フェスティバルで優秀賞を授与される。ジャズ分野で初めてリリースしたソロアルバムには、Ronnie Laws, Wayman Tisdale, Al McKay, Rickey Lawson and Bruce Conteが参加している。

クール・アンド・ザ・ギャング時代にプラチナディスク、ダズ・バンド時代にプラチナディスク、ゴールドディスクを受賞している。連続してリリースした自身の6枚のアルバムはBillboard Top100入りし、2枚のシングルがThe Hot 100入りした。また、ブラックミュージック協会(Association African American Music Association)から名誉音学博士号、特別功労賞を授与、ブラックミュージック学会(Black Music Academy)からリビング・レジェンド賞が授与された。2003年にはクール・アンド・ザ・ギャングのメンバーとしてMOBO Awards受賞。[1]

2017年4月静岡県掛川市 "輝くかけがわ応援大使"に任命されている[2]。"スキップ・マーティン フレンドシップツアーin Japanを2年間にわたり日本各地で開催した。来日時には、仙台・熊本の被災地への訪問・チャリティーライブ開催、保育園・中高学校吹奏楽部など教育機関への訪問などの、活動を行っている。

2018年大晦日、2019カウントダウン at アマン東京のメインゲストとして参加。

ディスコグラフィー (アルバム)[編集]

ダズ・バンド
  • 1980 Invitation to Love
  • 1981 Let The Music Play
  • 1982 Keep It Live
  • 1983 Joystick
  • 1983 On The One
  • 1984 Juke Box
  • 1985 Hot Spot (Motown Records)
  • 1990 Dazz Band Greatest Hits
  • 1994 Morown Legends
  • 1994 Funkology
  • 1997 Double Exposure Dazz Band
  • 1997 George Clinton with The Dazz Band
  • 1998 Here We Go Again
  • 1999 Here We Go Again (U.K.)
  • 1999 Let It Whip (Single)
  • 2001 Time Travelar
  • 2001 The Best of Dazz Band
  • 2004 Motown Legend Let It Whip
  • 2006 Dazz Band Live
  • 2009 The Best of Funk
  • 2011 Hot Spot (Universal Records)
  • 2013 Keep It Live
  • 2014 Joystick/Juke Box
クール・アンド・ザ・ギャング
  • 1988 Everything's Kool & The Gang
  • 1988 Greatest Hits & More
  • 1989 Sweat
  • 1990 Kool Love
  • 1990 Unite
  • 1993 Live In London
  • 1993 Greatest Hits Live
  • 1994 Greatest Hits Live
  • 2004 Super Best
  • 2004 The Hits Reloaded
  • 2007 Still Kool
ユナイテッド・ウィ・ファンク
  • 1999 United We Funk
  • 2000 United We Funk All Stars
  • 2000 Tom Joyner Presents The UWF All Starts Live
スキップ・マーティン
  • 1986 Just A Heartbeat Away (12inch)
  • 1995 For Women Only
  • 1999 Let It Whip (Single)
  • 2003 From The Heart
  • 2009 Skip Hop
  • 2009 Formal Dining
  • 2009 Don't Play No Games (Single)
  • 2012 Johnny Mac (Single)
  • 2013 Collector's Edition
  • 2014 I Want You Back (Single)
  • 2014 Can You Whine (feat. Galaxxy Quuen & Prince Ama)
  • 2015 Skip Martin EP
  • 2015 When (World Hope Emerging Now)
  • 2015 Dr. Dance : Took So Long
  • 2015 Two Hearts (Nikki Phoenix, Skip Martin, JACAELD PHONENIX
  • 2017 Love Notes
  • 2017 Organic Neo
  • 2018 EDM Lounge / Skip Martin & JackEL
featuring Skip Matin
  • 2013 Designated Planets / Tom Shuman feat. Skip Martin
  • 2017 Move (Single) / JackEL feat. Skip Martin
  • 2017 Breath Easy (EP) / JackEL feat. Skip Martin

出典[編集]

外部リンク[編集]