クロモジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クロモジクロンキスト体系
Lindera umbellata 200604.jpg
クロモジの新芽(三重県尾鷲市・2006年4月)
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : モクレン類 Magnoliids
: クスノキ目 Laurales
: クスノキ科 Lauraceae
: クロモジ属 Lindera
: クロモジ L. umbellata
学名
Lindera umbellata Thunb.(1783)
和名
クロモジ
紅葉するクロモジ(2006.11.22)

クロモジ(黒文字、Lindera umbellata)は、クスノキ科落葉低木を高級楊枝の材料とし、楊枝自体も黒文字と呼ばれる。香料の黒文字油がとれる。

名称[編集]

和名である「黒文字」の名は、若枝の表面に黒い藻類が付着し、黄緑色の地色に黒いまだら模様の斑紋が入るため、これを文字に見立てたものといわれる[1][2]

中国植物名(漢名)は、大葉釣樟(だいようちょうしょう)[3]

特徴[編集]

日本本州関東以西・四国九州北部や、中国に分布し[1][4][5]、低山や疎林の斜面に自生する[6]。早春の花が少ない時期に花が咲くので、茶園や公園の植栽として植えられることがある[6]

落葉の低木で、雌雄異株[6]。樹高は高さ2 - 6メートル (m) 程度まで成長する[7]樹皮・木部とも強い揮発性の芳香を持つ[6]。若枝ははじめがあるが次第になくなり、緑色のすべすべした肌に、次第に黒い斑紋がでることが多い[6]。古くなると次第にざらついた灰色樹皮に覆われる。頂芽の長さは10 - 15ミリメートル (mm) 、芽鱗はやや葉状で細長い[8]

は枝先にまとまってつき、洋紙質で卵状長楕円形で[7]、長さ3 - 10センチメートル (cm) 、幅は1 - 3 cmほどで[4]、基部は型、深緑でつやはない。表面は無毛、葉裏ははじめ絹毛に覆われているが、成葉になると無毛になり、やや白っぽい[1][8]。葉柄の長さは10 - 15 mmあって、やや長い[8]。花序は丁芽の基部の芽鱗のわきに単独で生え、総苞片に包まれた開花前の花序は球形で柄があり、秋のうちに出現する[8]

開花期は早春の3 - 4月[1]の展開と同時に小枝の節に淡い黄緑色のを咲かせる[1][4]。花は葉腋から出た散形花序をつけ、小さな6弁花を多数開く[4]。雄株の雄花には9個の雄しべ、雌株の雌花には9個の仮雄しべと雌しべ1個(子房)がある[7]果実液果で、光沢がある球形をしており[4]、直径5 - 6 mm[7]、2 cmほどの果柄がつき[5]、9 - 10月頃に黒熟する[1]。果実の中に種子が1個入る[5]。種子は偏球形から球形で、長さは5 mm前後、灰褐色で光沢はない[5]

利用[編集]

特に生薬名はないが、枝とは葉は薬用になり、材から爪楊枝を作る[6]。芳香精油を含むため随時採取されるが、乾燥貯蔵中に揮発し、芳香がなくなる[6]。8 - 10月に枝葉を採取し、水蒸気蒸留することでとれるクロモジ油(黒文字油)は[6]テルピネオールリモネンなどを含有する。枝葉を刻んで薬用アルコールに漬け、時々振って1週間ほどしてから濾過した浸出液がクロモジローションである[6]。果実にも油分があり、葉や実から油分を採取するのは伊豆半島で多く行われていた[9]。現在はあまり使われないが、蒸留油は香料として[6]、かつては化粧品、石鹸などに盛んに使われ、輸出もされた。開花期の枝は、生け花の花材に利用される[1]

爪楊枝[編集]

黒文字の爪楊枝

爪楊枝の代表格としてよく知られ、「黒文字」の名は爪楊枝の代名詞にもなっている[2]。爪楊枝としてクロモジが使われるのは、日本での風習だと考えられている[2]。クロモジからつくられる爪楊枝は高級品で[1]、根本に黒い皮を少し削ぎ残してある[2]。特に菓子楊枝に添えられていることが多く[2]和菓子など特に選ばれたところではクロモジの楊枝が使われる。

千葉県の久留里地域ではクロモジの楊枝作りが明治期から副業として行われており[10]上総楊枝として特産品化されている[11]

薬用[編集]

薬効は、保温、芳香性健胃、頭髪の脱毛フケ防止に役立つと考えられている[6]。 根皮(釣樟根皮)や枝葉(釣樟)を薬用にする[3]。枝葉は布袋に入れ、肩こり腰痛関節痛入浴剤になる[6][3]。薬酒としてホワイトリカーに漬け込み、1日量で盃1 - 2杯が健胃と食欲増進に役立てられる[6]。頭髪脱毛とフケ防止には、クロモジローションを頭皮によくすり込む用法が知られている[6][3]

風習[編集]

東北北越では鳥木と呼ばれ、狩りの獲物をクロモジの木の枝に刺し、神への供物とする風習がある。鷹狩で取った獲物を贈る際にクロモジの枝で結ぶことが多く、鳥柴とも呼ばれる。

近縁種[編集]

クロモジ属は東南アジアなどの旧世界熱帯から温帯にかけて100種ほど、北アメリカに数種がある。日本にもダンコウバイアブラチャン、ヤマコウバシ、シロモジなどが自生する。テンダイウヤク漢方薬にされ、ほかにも香料、薬用や食用に用いられたものがある。

クロモジには類似種や変種が多い。北海道と本州の日本海側には、変種のオオバクロモジが自生する[6]。種内の変種としては

  • オオバクロモジ var. membrancea (Maxim) Mojama - 葉が一回り大きくて楕円形。関東以北から東北、北海道南部に分布[9]
  • ヒメクロモジ var. lancea Mojyama - 葉の幅が狭い。本州南部に分布。

よく似た別種としては

  • ケクロモジ Lindera sericea (Aieb. et Zucc.) Blume - 葉脈が葉裏に突き出ることなど、いくつかの点で区別される。近畿以西の本州、四国、九州に分布。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 平野隆久監修 1997, p. 168.
  2. ^ a b c d e 辻井達一 2006, p. 59.
  3. ^ a b c d 貝津好孝 1995, p. 158.
  4. ^ a b c d e 辻井達一 2006, p. 60.
  5. ^ a b c d 鈴木庸夫・高橋冬・安延尚文 2018, p. 265.
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 馬場篤 1996, p. 49.
  7. ^ a b c d 西田尚道監修 志村隆・平野勝男編 2009, p. 52.
  8. ^ a b c d 大橋広好ほか編 2015, p. 83.
  9. ^ a b 辻井達一 2006, p. 62.
  10. ^ 『地方特産品ニ関スル調査』農林省経済更生部、昭和12年10月、118-119頁
  11. ^ 『全国副業品取引便覧』日本産業協会、大正15年4月、141-142頁

参考文献[編集]

  • 貝津好孝『日本の薬草』小学館〈小学館のフィールド・ガイドシリーズ〉、1995年7月20日、158頁。ISBN 4-09-208016-6
  • 草川俊『有用草木博物事典』東京堂出版、1992年9月1日。ISBN 978-4490103250
  • 鈴木庸夫・高橋冬・安延尚文『増補改訂 草木の 種子と果実』誠文堂新光社〈ネイチャーウォッチングガイドブック〉、2018年9月20日、265頁。ISBN 978-4-416-51874-8
  • 辻井達一『続・日本の樹木』中央公論新社〈中公新書〉、2006年2月25日、59 - 63頁。ISBN 4-12-101834-6
  • 西田尚道監修 志村隆・平野勝男編『日本の樹木』学習研究社〈増補改訂フィールドベスト図鑑 5〉、2009年8月4日、52頁。ISBN 978-4-05-403844-8
  • 馬場篤『薬草500種-栽培から効用まで』大貫茂(写真)、誠文堂新光社、1996年9月27日、13頁。ISBN 4-416-49618-4
  • 平野隆久監修『樹木ガイドブック』永岡書店、1997年5月10日、168頁。ISBN 4-522-21557-6
  • 大橋広好・門田裕一・木原浩・邑田仁・米倉浩司編『改訂新版 日本の野生植物』第1巻、平凡社、2015年12月17日、83頁。ISBN 978-4-582-53531-0