化学工業日報

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
化学工業日報
種類 日刊紙
サイズ ブランケット版

事業者 化学工業日報社
本社 東京
代表者 代表取締役社長 織田島 修
創刊 1937年2月21日
前身 東京薬品日報
言語 日本語
価格 月極 10,952円
発行数 約13万部
ウェブサイト http://www.chemicaldaily.co.jp/
株式会社 化学工業日報社
The Chemical Daily Co., Ltd.
本社所在地 日本の旗 日本
〒103-8485
東京都中央区日本橋浜町3-16-8
事業内容 新聞・出版・情報
設立 1936年(昭和11年)10月1日
業種 情報・通信業
資本金 3億3,315万円
従業員数 160名(2015年4月1日現在)
主要株主 化学メーカー・商社など295社
主要子会社 株式会社日報化学品法規情報センター
有限会社日報発送サービス
テンプレートを表示

化学工業日報(かがくこうぎょうにっぽう)は1937年(昭和12年)に創刊した、化学工業に関する日刊業界紙である。

月刊「化学経済」等の専門誌の出版のほかに、セミナー・展示会・シンポジウムや講演会やコンクールの開催を行っている[1]。また「ケミカル会」という業界団体をシンガポール上海で運営し、海外化学産業の情報収集や日系化学企業のネットワークを行っている[2]

化学工業日報社の主な刊行物等[編集]

  • 化学工業日報 (日刊、土日・祝日は休刊)
  • JCWeb (英字の化学専門Webサイト、毎日更新)
  • 化学経済(月刊、毎月1日発行)
  • 化学商品録、化学工業会社録(年1回発行)
  • その他、化学工業に関係する書籍

沿革[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 化学工業日報 セミナー・展示会・視察団”. 2017年4月7日閲覧。
  2. ^ 化学工業日報社 4月にバンコク支局開設 (PDF)” (2015年3月20日). 2017年4月7日閲覧。


外部リンク[編集]