キャナル・ストリート駅 (ニューヨーク市地下鉄)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キャナル・ストリート駅
Canal Street
NYCS 4 NYCS 6 NYCS 6d NYCS J NYCS N NYCS Q NYCS R NYCS Z
ニューヨーク市地下鉄乗換駅
Canal Street Entrance.JPG
BMTブロードウェイ線ホームの入口
駅情報
住所 Canal Street between Broadway & Centre Street
New York, NY 10013
マンハッタン区
地区 チャイナタウンリトル・イタリーソーホー
ディビジョン Aディビジョン(IRT)、Bディビジョン(BMT)
路線 BMTブロードウェイ線
IRTレキシントン・アベニュー線
BMTナッソー・ストリート線
運行系統       4 Stops late nights only (深夜のみ停車)
      6 Stops all times (常時停車) <6>Stops rush hours in peak direction only (平日夜8時45分まで停車)
      J Stops all times (終日)
      N Stops all times (終日)
      Q Stops all times (終日)
      R Stops all times except late nights (深夜帯以外)
      Z Stops rush hours in peak direction only (ラッシュ時・混雑方向)
接続 バスによる輸送 ニューヨーク市バス: M5
構造 地下駅
駅階数 2層(マンハッタン橋線ホームが他の3線と交差)
その他の情報
開業日 1904年10月27日(113年前) (1904-10-27(レキシントン・アベニュー線)[1][2]
1917年9月4日(100年前) (1917-09-04(マンハッタン橋線、ナッソー・ストリート線)
1918年1月5日(100年前) (1918-01-05(ブロードウェイ線本線)[3]
1978年1月16日(40年前) (1978-01-16(複合駅として)[4]
バリアフリー設備 バリアフリー・アクセス (IRTレキシントン・アベニュー線ホームのみ対応)
利用状況
乗客数 (2015) 複合駅全体で15,104,077[5]減少 0.8%
順位 18位


キャナル・ストリート駅(Canal Street)はマンハッタンソーホーチャイナタウンに跨がるニューヨーク市地下鉄の複合駅である。 BMTブロードウェイ線、IRTレキシントン・アベニュー線、BMTナッソー・ストリート線が駅舎を共用している。以下の運行系統が乗り入れている。


IRTレキシントン・アベニュー線[編集]

キャナル・ストリート駅
Canal Street
NYCS 4 NYCS 6 NYCS 6d
ニューヨーク市地下鉄
Canal Street 6 Platform.JPG
駅情報
ディビジョン Aディビジョン(IRT)
路線 IRTレキシントン・アベニュー線
運行系統       4 Stops late nights only (深夜のみ停車)
      6 Stops all times (常時停車) <6>Stops rush hours in peak direction only (平日夜8時45分まで停車)
構造 地下駅
ホーム数 相対式ホーム 2面
線路数 4線
その他の情報
開業日 1904年10月27日(113年前) (1904-10-27[6]
バリアフリー設備 バリアフリー・アクセス (他線は非対応)
次の停車駅
北側の隣駅 スプリング・ストリート駅: 4 Stops late nights only 6 Stops all times <6>Stops rush hours in peak direction only
南側の隣駅 ブルックリン・ブリッジ-シティ・ホール駅: 4 Stops late nights only 6 Stops all times <6>Stops rush hours in peak direction only
ワース・ストリート駅 (廃線): 定期運行なし


北側の隣駅 バリアフリー・アクセス ブリーカー・ストリート駅: 4 Stops late nights only 6 Stops all times <6>Stops rush hours in peak direction only
南側の隣駅 バリアフリー・アクセス ブルックリン・ブリッジ-シティ・ホール駅: 4 Stops late nights only 6 Stops all times <6>Stops rush hours in peak direction only

IRTレキシントン・アベニュー線キャナル・ストリート駅(Canal Street)は相対式ホーム2面4線のローカル駅で、1904年10月27日に開業した[1][2]。1940年代と1950年代にホームが延長されたため、趣の異なる2つの部分に分かれている。開業当初からの部分は大小のタイルで覆われた I 形鋼の柱と装飾的な天井を備えている。新しい部分はホームの端側で、1950年代にグリーンのタイルが施された。IND式の "To Canal Street" という案内板も残っている。照明は更新されている。駅名標は開業時のものではない。また、小さな "C" のモザイクがあしらわれている。

画像[編集]


BMTナッソー・ストリート線[編集]

キャナル・ストリート駅
Canal Street
NYCS J NYCS Z
ニューヨーク市地下鉄
Canal Street - Nassau Line Platform.jpg
駅情報
ディビジョン Bディビジョン(BMT)
路線 BMTナッソー・ストリート線
運行系統       J Stops all times (終日)
      Z Stops rush hours in peak direction only (ラッシュ時・混雑方向)
構造 地下駅
ホーム数 島式ホーム 2面(通常営業は1面のみ)
線路数 3線(通常営業は2線のみ)
その他の情報
開業日 1913年8月4日(104年前) (1913-08-04[7]
次の停車駅
北側の隣駅 チェンバーズ・ストリート駅: J Stops all times Z Stops rush hours in peak direction only
南側の隣駅 バワリー駅: J Stops all times Z Stops rush hours in peak direction only

BMTナッソー・ストリート線キャナル・ストリート駅(Canal Street)は島式ホーム2面3線の駅であるが、利用者が入れるのは西側のホームだけである。以前は2本のホームが南端で繋がっており中央の線路が車止めで終わっていたことを除けば一般的なエクスプレス駅の構造だった。この行き止まり線が最後に使われたのは1990年代中盤のことで、週末にチェンバーズ・ストリート駅ではなく当駅止めになるJ系統が使っていた。

駅の南には以前マンハッタン橋上まで延びていた線路があるが、現在は途中で切れて繋がっていない[8]

改修工事により、開業当時の駅名標が復元され、壁と床のタイルは張り直された。


BMTブロードウェイ線[編集]

キャナル・ストリート駅
Canal Street
NYCS NNYCS QNYCS RNYCS W
ニューヨーク市地下鉄
Canal Street (Bridge Platform).JPG
マンハッタン橋線ホーム
駅情報
ディビジョン Bディビジョン(BMT)
路線 BMTブロードウェイ線
運行系統       N Stops all times (終日)
      Q Stops all times (終日)
      R Stops all times except late nights (深夜帯以外)
      W Stops weekdays only (平日)
構造 地下駅
駅階数 2
ホーム数 相対式ホーム 4面(各層2面)
線路数 6線(上層4線・ただし2線は営業運転なし、下層2線)
その他の情報
開業日 1917年9月4日(100年前) (1917-09-04[9](マンハッタン橋線)
1918年1月5日(100年前) (1918-01-05[3](ブロードウェイ線本線)
改築 1988年-2001年
旧駅名/名称 ブロードウェイ駅(下層階)
Broadway
次の停車駅
北側の隣駅 プリンス・ストリート駅 (各駅停車): N Stops late nights and weekendsQ Stops late nights onlyR Stops all times except late nightsW Stops weekdays only
14丁目-ユニオン・スクエア駅 (急行): Q Stops all times except late nights
南側の隣駅 シティ・ホール駅 (トンネル経由): N Stops late nights onlyR Stops all times except late nightsW Stops weekdays only
ディカルブ・アベニュー駅 (橋経由ブライトン線): Q Stops all times
アトランティック・アベニュー-バークレイズ・センター駅 (橋経由4番街線): N Stops all times except late nights
マートル・アベニュー駅 (橋経由(廃止)): 定期運行なし

BMTブロードウェイ線キャナル・ストリート駅(Canal Street)にはホームが4本あり、2本ずつ2層に分かれて設けられている。MTAは各層をそれぞれ別の駅とみなしている(同じ路線・同じ場所にある同じ名前の駅ではあるが)。上層ホームはモンタギュー・ストリート・トンネルを経由してロウアー・マンハッタンへ向かう系統、下層ホームはマンハッタン橋から向かってくる系統が使用している。

本線[編集]

本線ホーム。R系統の列車が到着するところ。

本線のキャナル・ストリート駅は相対式ホーム2面4線を有し、 外側2線の緩行線だけがモンタギュー・ストリート・トンネルに向かっている。内側2線はシティ・ホール駅の下層階から出てキャナル・ストリート駅に向かって北に進み、2/3ほどのところの車止めで終わっており、営業運転で使われたことはない。この線路を引上線として使うこともできるが、既に近くのシティ・ホール駅の下層階が引上線として使われており、完全に冗長なものになっている[10]

マンハッタン橋線[編集]

マンハッタン橋線ホーム

マンハッタン橋線(BMT Manhattan Bridge Line)のキャナル・ストリート駅は相対式ホーム2面2線の駅で、開業時はブロードウェイ駅と呼ばれていた。BMTブロードウェイ線上に位置してはいるが、もともと本線とは別の駅とされていた。複合駅の他の部分とは直交する向きで下層階に設けられている。駅の東で線路はマンハッタン橋の南線を渡りブルックリンに入っていく。駅の西では線路は北に曲がり、坂路を上って上層の緩行線の間に出ると本線の急行線となる。

駅の東にBMTナッソー・ストリート線チェンバーズ・ストリート駅からの線路が伸びている。この線路は、ブロードウェイ線がマンハッタン橋北線を通っていたころマンハッタン橋南線に繋がっていた。この線路は1967年のクリスティ・ストリート連絡線建設時に切り離され、レールや信号設備等はすべて撤去されている。

画像[編集]

駅構造[編集]

G 地上階 出入口
バリアフリー・アクセス (キャナル・ストリート-ラファイエット・ストリート交差点 北東角にNYCS 4 NYCS 6 NYCS 6d北行ホーム行き、北西角にNYCS 4 NYCS 6 NYCS 6d南行ホーム行きエレベーターあり)
B1
レキシントン・アベニュー線ホーム
相対式ホーム、右側ドアが開く バリアフリー・アクセス
北行
緩行線
NYCS 6 NYCS 6d ペラム・ベイ・パーク駅英語版
NYCS 6 パークチェスター駅英語版行:ラッシュ時および日中 スプリング・ストリート駅英語版
NYCS 4 ウッドローン駅行:深夜 (スプリング・ストリート駅)
北行
急行線
NYCS 4 NYCS 5 通過
南行
急行線
NYCS 4 NYCS 5 通過 →
南行
緩行線
NYCS 6 NYCS 6d ブルックリン・ブリッジ-シティ・ホール駅(終点)
NYCS 4 ニューロッツ・アベニュー駅行:深夜 (ブルックリン・ブリッジ-シティ・ホール駅)
(定期列車なし:ワース・ストリート駅英語版
相対式ホーム、右側ドアが開く バリアフリー・アクセス
B1
ナッソー・ストリート線ホーム
北行線 定期列車なし
島式ホーム、使用せず
旧北行線 路盤のみ
北行線 NYCS J(夕ラッシュ時:NYCS Z
→ → ジャマイカ・センター-パーソンズ/アーチャー駅バワリー駅
島式ホーム、左側ドアが開く
南行線 NYCS J(朝ラッシュ時:NYCS Z
→ → ブロード・ストリート駅チェンバーズ・ストリート駅
B2
ブロードウェイ線
本線
相対式ホーム、右側ドアが開く
北行
緩行線
NYCS R フォレスト・ヒルズ-71番街駅プリンス・ストリート駅
NYCS N アストリア-ディトマース・ブールバード駅行:深夜 (プリンス・ストリート駅)
北行線 シティ・ホール駅からの引上線
南行線 シティ・ホール駅からの引上線
南行線
本線
NYCS R ベイ・リッジ-95丁目駅シティ・ホール駅
NYCS N コニー・アイランド-スティルウェル・アベニュー駅行:深夜
→ → (シティ・ホール駅)
NYCS R 降車のみ(ラッシュ時の一部列車)→
相対式ホーム、右側ドアが開く
B3
マンハッタン橋線
相対式ホーム、右側ドアが開く
北行
急行線
NYCS N アストリア-ディトマース・ブールバード駅行 (プリンス・ストリート駅)
NYCS Q アストリア-ディトマース・ブールバード駅行:平日
→ →  57丁目-7番街駅行:週末
→ →  (深夜:プリンス・ストリート駅、それ以外:14丁目-ユニオン・スクエア駅
南行線
橋線
NYCS N シー・ビーチ線経由コニー・アイランド-スティルウェル・アベニュー駅行
→ →  アトランティック・アベニュー-バークレイズ・センター駅
NYCS Q ブライトン線経由コニー・アイランド-スティルウェル・アベニュー駅行
→ →  ディカルブ・アベニュー駅英語版
(定期列車なし:マートル・アベニュー駅英語版
相対式ホーム、右側ドアが開く

この複合駅はもともと別々であった4つの駅を地下連絡通路で繋げたものである。4駅中3駅はキャナル・ストリートと直交し、ブロードウェイ(ブロードウェイ線本線)、ラファイエット・ストリート(レキシントン・アベニュー線)およびセンター・ストリート(ナッソー・ストリート線)と交差している。マンハッタン橋線はちょうどキャナル・ストリートの下を走っており、他線との連絡通路の役割を果たしている。キャナル・ストリート駅を出ると、マンハッタン橋線はほぼ正確にブロードウェイの上を走行する。

複合駅は1999年から2004年にかけて全面的に改修され、ブロードウェイ線本線ホームは開業当時の姿に復元された。チャイナタウンに立地していることから、新たに漢字のモザイクが取り入れられた。壁の赤い扁額には「金」と「運」を意味するシンボルが入れられ、モザイクの駅名標には「中華街」を表す「華埠」の文字があしらわれている。1990年代の改修工事の際にはオリジナルのモザイクが見つかっていたが、撤去されるか覆い直されていた。オリジナルの駅名標の一つはニューヨーク交通博物館が所蔵している。

キャナル・ストリート駅の各線の深度は以下の通りである。

出入口[編集]

この複合駅には全部で階段が13本と、レキシントン・アベニュー線ホーム直行のエレベーターが2台設けられている[11]

場所 形式 行先ホーム
ブロードウェイ-キャナル・ストリート交差点 北東角 階段 1 ブロードウェイ線本線
ブロードウェイ-キャナル・ストリート交差点 北西角 階段 2 ブロードウェイ線本線
ブロードウェイ-キャナル・ストリート交差点 南東角 階段 2 ブロードウェイ線本線
ブロードウェイ-キャナル・ストリート交差点 南西角 階段 2 ブロードウェイ線本線
センター・ストリート-キャナル・ストリート交差点 南西角 階段 1 ナッソー・ストリート線
ラファイエット・ストリート-キャナル・ストリート交差点 北東角 階段 1 マンハッタン橋線
レキシントン・アベニュー線(北行)
エレベーター 1 レキシントン・アベニュー線(北行)
ラファイエット・ストリート-キャナル・ストリート交差点 北西角 階段 1 マンハッタン橋線
レキシントン・アベニュー線(南行)
エレベーター 1 レキシントン・アベニュー線(南行)
ラファイエット・ストリート-キャナル・ストリート交差点 南東角 階段 2 マンハッタン橋線
レキシントン・アベニュー線(北行)
ラファイエット・ストリート-キャナル・ストリート交差点 南西角 階段 1 マンハッタン橋線
レキシントン・アベニュー線(北行)

脚注[編集]

  1. ^ a b New York City subway opens - Oct 27, 1904” (1904年10月27日). 2015年10月25日閲覧。
  2. ^ a b James Blaine Walker, Fifty Years of Rapid Transit, 1864-1917, published 1918, pp. 162-191
  3. ^ a b New York Times, Open New Subway to Times Square, January 6, 1918
  4. ^ New York Times, City Subways Add 3 Transfer Points, January 16, 1978, page B2
  5. ^ Facts and Figures: Annual Subway Ridership”. Metropolitan Transportation Authority. 2016年4月18日閲覧。
  6. ^ New York Times, Our Subway Open: 150,000 Try It, October 28, 1904
  7. ^ New York Times, Passenger Killed on Loop's First Day, August 5, 1913, page 2
  8. ^ http://www.columbia.edu/~brennan/abandoned/Canal.junction.jpg From the Abandoned Stations website: "Another Public Service Commission image shows the tunnel just south of the station as it was in 1909.
  9. ^ New York Times, [1] Open First Section of Broadway Line, September 5, 1917
  10. ^ Marrero, Robert (2015年9月13日). “469 Stations, 846 Miles”. 2015年10月9日閲覧。
  11. ^ MTA Neighborhood Maps: SoHo / TriBeCa”. Metropolitan Transportation Authority (New York) (2015年). 2015年8月21日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]