68丁目-ハンター・カレッジ駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
68丁目-ハンター・カレッジ駅
68 Street–Hunter College
NYCS-bull-trans-4.svg NYCS-bull-trans-6.svg NYCS-bull-trans-6d.svg
ニューヨーク市地下鉄
68th Street IRT 008.JPG
北行6系統が到着する
駅情報
住所 East 68th Street & Lexington Avenue
New York, NY 10021
マンハッタン区
地区 アッパー・イースト・サイド
座標 北緯40度46分04秒 西経73度57分51秒 / 北緯40.767834度 西経73.964124度 / 40.767834; -73.964124座標: 北緯40度46分04秒 西経73度57分51秒 / 北緯40.767834度 西経73.964124度 / 40.767834; -73.964124
ディビジョン AディビジョンIRT
路線 レキシントン・アベニュー線
運行系統       4 Stops late nights only (深夜のみ停車)
      6 Stops all times (常時停車) <6>Stops rush hours in peak direction only (平日夜8時45分まで停車)
接続
構造 地下駅
ホーム数 相対式ホーム 2面
線路数 2線
その他の情報
開業日 1918年7月17日(100年前) (1918-07-17
利用状況
乗客数 (2017)6,998,999[1]減少 30.9%
順位 61位(425駅中)
次の停車駅
北側の隣駅 77丁目駅: 4 Stops late nights only 6 Stops all times <6>Stops rush hours in peak direction only
南側の隣駅 59丁目駅: 4 Stops late nights only 6 Stops all times <6>Stops rush hours in peak direction only

68丁目-ハンター・カレッジ駅(68th Street – Hunter College)は、マンハッタンアッパー・イースト・サイドにあるレキシントン街と68丁目の交差点にあるニューヨーク市地下鉄レキシントン・アベニュー線の駅である。この駅には終日6系統の列車が停車し、<6>系統の列車が平日に、4系統の列車が深夜の時間帯に停車する。

駅構造[編集]

配線図
G 地上階 エントランス/出口
B1 改札階 改札口、駅員詰所、メトロカード自動券売機
B2
プラットホーム
相対式ホーム、右側の扉が開く。
北行緩行線 NYCS-bull-trans-4.svg 深夜のみ:ウッドローン駅行き
NYCS-bull-trans-6.svg NYCS-bull-trans-6d.svg ペラム・ベイ・パーク駅行き
NYCS-bull-trans-6.svg パークチェスター駅行き
NYCS-bull-trans-4.svg NYCS-bull-trans-6.svg NYCS-bull-trans-6d.svg 次の停車駅:77丁目駅
南行緩行線 NYCS-bull-trans-4.svg 深夜のみ:ニューロッツ・アベニュー駅行き →
NYCS-bull-trans-6.svg NYCS-bull-trans-6d.svg ブルックリン・ブリッジ-シティ・ホール駅行き →
NYCS-bull-trans-4.svg NYCS-bull-trans-6.svg NYCS-bull-trans-6d.svg 次の停車駅:59丁目駅
相対式ホーム、右側の扉が開く。
B3[2] 北行急行線 NYCS-bull-trans-4.svg NYCS-bull-trans-5.svg 通過
南行急行線 NYCS-bull-trans-4.svg NYCS-bull-trans-5.svg 通過 →


1918年7月17日にこの地下駅は開業し、緩行線2線に2つの相対式ホームを有する。4系統5系統の急行は昼間、駅の下にあるレキシントン・アベニュー線の急行線を走行するので、ホームから見ることはできない。

両方のホームとも整備されており、壁の一定の間隔ごとに『68』と書かれたオリジナルの刻板と『68th STREET-HUNTER COLLEGE』と2行にかけて書かれた駅名の刻板がある。ホームの両端にある狭いエリアは1950年代に増築されたもので、白い字で『68TH ST』と書かれた青い装飾帯がある。青色の塗装がされた、白い字で駅名が書かれた刻板が付いている柱が一定間隔に両方のホームにある。

1981年にMTAは、地下鉄内で最も老朽化した69駅の中に当駅をあげている[3]

出口[編集]

ホームの南端にある2つの階段が駅の中二階に繋がる唯一の通路である。改札通路はステンレス・スチール製とIND線仕様の赤色が目立つ横線がついたものに改築された。壁にある古い電灯は残されたままだが、点かない。改札内にある待合場所には駅のホームと線路が一望できる窓がある。中二階がない、駅の北側半部にはすごく高い天井がある。

広い回転式出札口の外側には事務室と、通路がスチール製フェンスによって別けられた待合室にある。どの通路も68丁目とレキシントン街の交差点北側に通じる階段へ繋がっている。

中二階東側にある短い階段は一段一段広く、68丁目とレキシントン街の交差点南東に通じる。この階段は大理石でできており、ニューヨーク市立大学ハンター校のイースト棟の入り込みに造られている。中二階西側にはハンター校ウエスト棟に直接進入できる出入り口があり、68丁目とレキシントン街の交差点南西に通じる大理石製の幅が広い階段がある。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]