オルト炭酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オルト炭酸
{{{画像alt2}}}
識別情報
CAS登録番号 463-84-3
PubChem 9547954
ChemSpider 7826887 チェック
日化辞番号 J1.241.504D
特性
化学式 H4CO4
C(OH)4
CH4O4
モル質量 80.04 g mol−1
関連する物質
関連するオキソ酸 炭酸
ケイ酸
関連物質 メタンジオール
エチレングリコール
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

オルト炭酸(おるとたんさん、: orthocarbonic acid)、または、メタンテトラオール(めたんてとらおーる、: methanetetrol)は化学式 H4CO4(または、C(OH)4 CH4O4)で表されると考えられる炭素オキソ酸であり、弱酸の一種、また、最小の4価アルコールとも見なすことができる。 仮に生成したとしても、即座に二酸化炭素へ分解すると考えられ[2][3]、単独での存在は確認されていないが、エステルは比較的安定であり、市販されている物もある。

H4CO4 → H2CO3 + H2O

オルト炭酸エステルの例[編集]

Rを炭化水素基とすると、4つのヒドロキシ基の内、1つがエステル化されたオルト炭酸モノエステル(一般式: C(OR)(OH)3)、2つがエステル化されたオルト炭酸ジエステル(一般式: C(OR)2(OH)2)、3つがエステル化されたオルト炭酸トリエステル(一般式: C(OR)3(OH))、4つ全てがエステル化されたオルト炭酸テトラエステル(一般式: C(OR)4)の4つが考えられる(また、Rが複数ある場合、それぞれに異なる基が結合するパターンもありうる)。

出典[編集]

  1. ^ Methanetetrol - PubChem Public Chemical Database”. The PubChem Project. USA: National Center for Biotechnology Information. 2011年1月27日閲覧。
  2. ^ S. Bohm, D. Antipova, J. Kuthan (1997) "A Study of Methanetetraol Dehydration to Carbonic Acid". International Journal of Quantum Chemistry, volume 62, pages 315–322 doi:[[doi:10.1002%2F%28SICI%291097-461X%281997%2962%3A3%3C315%3A%3AAID-QUA10%3E3.3.CO%3B2-N|10.1002/(SICI)1097-461X(1997)62:3<315::AID-QUA10>3.3.CO;2-N]]
  3. ^ Carboxylic Acids and Derivatives IUPAC Recommendations on Organic & Biochemical Nomenclature

関連項目[編集]