オルク・テムル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オルク・テムル・ハーン
ᠥᠷᠦᠭ
ᠲᠡᠮᠦᠷ
ᠬᠠᠭᠠᠨ
モンゴル帝国第22代皇帝(大ハーン
オルク・テムル・ハーン.jpg
在位 1402年 - 1408年
全名 オルク・テムル・ハーン
死去 1408年
王家 ボルジギン氏
テンプレートを表示

オルク・テムル・ハーンモンゴル語ᠥᠷᠦᠭ
ᠲᠡᠮᠦᠷ
ᠬᠠᠭᠠᠨ
 英語:Örüg Temür Khan、生年不詳 - 1408年)は、モンゴル帝国の第22代(北元としては第8代)皇帝(大ハーン)(在位:1402年 - 1408年)。漢語史料の『明史』『明実録』では鬼力亦(グイリチ)と表記される。この人物は『蒙古源流』には一切登場しない[1]

生涯[編集]

1402年クン・テムル・ハーンが崩御したため、オゴデイ家出身の[2]オルク・テムルは位を奪ってハーンを称したが、彼はという国号を使わず、韃靼タタール)と称すようになった[3]

永楽帝は使者を遣わし、オルク・テムル・ハーンを諭して好を通じ、銀幣を賜わった。また、知院のアルクタイ(阿魯台)や丞相のマルカジ(馬児哈咱)らにまで賜り物はおよんだ。時にオルク・テムル・ハーンはオイラトと敵対関係にあり、しばしば長城付近を往来したので、永楽帝は北辺の守将たちに命じて、オルク・テムル・ハーンに備えさせた。

1404年、オルク・テムル・ハーンはハミの忠順王アク・テムル(安克帖木児)を毒殺し、アク・テムルの死後に起きたハミの内部抗争に干渉した[4]

1405年、埽胡児とチャガン・ダルガ(察罕達魯花)が明に降る[5]

1408年、アリクブケ家のオルジェイ・テムルが亡命先のティムール朝から帰国すると、アルクタイはオルク・テムルを殺害し、オルジェイ・テムルを帝位につけた。[6]

ルイ・ゴンサレス・デ・クラヴィホの記録[編集]

1404年サマルカンドを訪れたカスティーリャ王国の使節ルイ・ゴンサレス・デ・クラヴィホの旅行記に、「キタイの皇帝(オルク・テムル・ハーン)はトクズ・ハーンと呼ばれた。“九つの帝国の皇帝”を意味する称号であるが、タタールの人たちは嘲弄してトングズと呼んでいた。それは彼らには“豚皇帝”とでもいうようなものである。…キタイ皇帝の派遣した使節団が到着した。そのティムールの口上は次のようであった。何人も知るところであるが、ティムールは以前にキタイの属領であった地方を占有した。したがって、年々の貢納はティムールからキタイ皇帝へ支払うべきであったが、この七年間一度も支払われていないので、今やティムールはその全額をただちに支払うべきである、と。殿下はこの使節たちに、さっそく支払いましょう、と答えた。…その間なんの要求もなかったというのは、最近キタイで起こっていたある事件のためで、ここでそのことを説明しておこう。そもそものはじめ、その頃統治していたキタイ皇帝(エンケ・ハーン)が死んだが、その遺言では、三人の息子に彼の帝国の土地を分割することになっていた。長男(エルベク・ニグレスクイ・ハーン)は無理もないことだったが、二人の弟をしりぞけて、帝国全土を自分のものにしようと欲した。そして。二人のうちの若い方(ハルグチュク・ドゥーレン・テムル・ホンタイジ)を殺すことには成功したが、残る一人(クン・テムル・ハーン)は反抗し、遂に彼に打ち勝ったのである。長男は弟と談合することはもはやできないと見て、自分の幕営に火を放ち、多くの従う者ともども焼け死んだのである。このようにして生き残ったひとりが現皇帝(オルク・テムル・ハーン)で、騒乱も収まり、秩序も回復すると、この新皇帝はティムールのところに使者を送り、その父の時代に支払われていた貢納を要求したのである」とある。[7][8]

[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 岡田 2004,p183
  2. ^ オルク・テムルはオゴデイの後裔と推定されている。《岡田 2010,p270-272,370》
  3. ^ 羽田・佐藤 1973,p11
  4. ^ 『明史』列伝第217 西域一 哈密衛、列伝第220 別失八裏
  5. ^ 羽田・佐藤 1973,p12
  6. ^ 岡田 2004,p183
  7. ^ 岡田 2004,p183-184
  8. ^ ただし、岡田が注釈内で参考文献として挙げている『クラヴィホ チムール帝国紀行』(山田信夫 訳, 東西交渉旅行記全集, 桃源社, 1967年4月)には、オルク・テムルに相当するキタイ皇帝は成祖と注されている。
  9. ^ 岡田『モンゴル帝国から大清帝国へ』、66頁

参考文献[編集]

  • 羽田明、佐藤長 他訳注『騎馬民族史3 正史北狄伝』(東洋文庫、平凡社、1973年3月)
  • 岡田英弘訳注『蒙古源流』(刀水書房、2004年、ISBN 4887082436
  • 岡田英弘『モンゴル帝国から大清帝国へ』(藤原書店、2010年11月)
  • 明史』列伝第215、外国8、韃靼