ダルバク・ハーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダルバク・ハーン
Дэлбэг хаан
ᠳᠡᠯᠪᠡᠭ
ᠬᠠᠭᠠᠨ
モンゴル帝国第24代皇帝(大ハーン
在位 1412年 - 1415年
戴冠 1412年
全名 ダルバク・ハーン
出生 1395年
死去 1415年
王家 ボルジギン氏アリク・ブガ家
父親 オルジェイ・テムル・ハーン
テンプレートを表示

ダルバク・ハーンモンゴル語: Дэлбэг хаанᠳᠡᠯᠪᠡᠭ
ᠬᠠᠭᠠᠨ
英語:Delbeg Khan、1395年 - 1415年)は、モンゴル帝国の第24代(北元としては第10代)皇帝(大ハーン)。『明史』韃靼伝では答里巴と表記される[1]

生涯[2][編集]

1395年オルジェイ・テムル・ハーンの子として生まれる。

1410年永楽帝は、自ら大軍を率いてモンゴル高原に攻め込み、オノン川のほとりでオルジェイ・テムル・ハーンのモンゴル軍を粉砕した。行き所を失ったオルジェイ・テムル・ハーンはオイラトに逃げ込んだ。

1412年、オイラトのマフムードはオルジェイ・テムル・ハーンを殺し、アリク・ブガ家のダルバクを17歳で帝位につけた。

1414年、明の永楽帝は再び自ら大軍を率いてモンゴル高原に攻め込み、ケンテイ山中のウラーン・ホシューン(「赤い山鼻」の意)の地で、ダルバク・ハーンとマフムードのオイラト軍を粉砕した。

1415年、ダルバク・ハーンは21歳で崩御し、オゲチ・ハシハの子オイラダイ・ハーンが後を継いで即位した。

脚注[編集]

  1. ^ 羽田・佐藤 1973,p14
  2. ^ 岡田 2004,p185

参考資料[編集]