ブヤン・セチェン・ハーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブヤン
モンゴル帝国第39代皇帝(大ハーン
ブヤン・セチェン・ハーン.jpg
在位 1593年 - 1603年
別号 セチェン・ハーン
全名 ブヤン・セチェン・ハーン
出生 1555年
死去 1603年
子女 マングス太子、ラブカル太子、モー・キタト太子
王家 ボルジギン氏
父親 トゥメン・ジャサクト・ハーン
テンプレートを表示

ブヤン・セチェン・ハーンモンゴル語:Буян сэцэн хаан、英語:Buyan Sechen Khan、1555年 - 1603年)は、モンゴル帝国の第39代(北元としては第25代)皇帝(大ハーン)であり、チャハル・トゥメンの当主である。トゥメン・ジャサクト・ハーンの長男。

生涯[編集]

1555年、トゥメン・ジャサクト・ハーンの長男として生まれる。

1592年、父のトゥメン・ジャサクト・ハーンが崩御したため、ブヤン太子は翌年(1593年)39歳で帝位につき、セチェン・ハーンとしてあらゆる方向に有名になって、仏法と政道をもってすべての大国人を安楽にさせた。

1603年、ブヤン・セチェン・ハーンは49歳で崩御した。長男のマングス太子はすでに亡くなっていたため、その長男のリンダン・バートル太子が13歳で帝位についた。

[1]

[編集]

[2]

脚注[編集]

  1. ^ 岡田 2004,p245
  2. ^ 岡田 2004,p245

参考資料[編集]