ボディ・アラク・ハーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ボディ
モンゴル帝国第36代皇帝(大ハーン
在位 1524年 - 1547年
別号 アラク・ハーン

全名 ボディ・アラク・ハーン
出生 1504年
死去 1547年
子女 ダライスン・ゴデン・ハーン、コクジュテイ太子、オンゴン・ドゥラル
王家 ボルジギン氏
父親 トロ・ボラト
母親 チャージャン娘娘太后
テンプレートを表示

ボディ・アラク・ハーンモンゴル語:Боди Алаг хаан、英語:Bodi Alagh Khan、1504年 - 1547年)は、モンゴル帝国の皇帝(大ハーン)であり、チャハル・トゥメンの当主である。ダヤン・ハーンの孫で、トロ・ボラトの長男。

生涯[編集]

1504年、ダヤン・ハーンの長男トロ・ボラトとチャージャン娘娘太后との間に生まれる。

1508年、叔父であるウルス・ボラト晋王が右翼のイブラヒム太師らによって殺されると、ダヤン・ハーンは左翼を率いてその報復をし、右翼三トゥメンをことごとく降した。ダヤン・ハーンは有功の士に賞賜した際、ボディ・アラクに「わが帝位を守るがよい」と仰せになり、ボディ・アラクは帝位継承を約束された。

1523年、父のトロ・ボラトが亡くなる。

1524年[1]、大ハーンであるダヤン・ハーンが崩御したが、長男であるトロ・ボラト、次男であるウルス・ボラト晋王がすでに亡くなっていたため、三男であるバルス・ボラト・サイン・アラク晋王は、ボディ・アラクが世継ぎに指名されていたにもかかわらず、まだ「小さい」と言って自ら帝位についた。しかし、ボディ・アラクはすぐに左翼の三トゥメンを率いてバルス・ボラト・サイン・アラク晋王に譲位を迫り、激しい言葉で叱責した。これにバルス・ボラト・サイン・アラク晋王は自らの過ちを認め、ボディ・アラクに跪拝して帝位を譲った。ボディ・アラクはあらためて八白室(ナイマン・チャガン・ゲル:チンギス・カン廟)に跪拝して帝位につき、ボディ・アラク・ハーンとなった。その後、ボディ・アラク・ハーンはホルチン部のバートル・モロジャイと協議して、右翼三トゥメンを解体し併合しようと考え、右翼三トゥメンに向かって出陣しようとしていた。そこへ母であるチャージャン娘娘太后が「祖父(ダヤン・ハーン)が築いた大政を破るのですか」と諫めたため、ボディ・アラク・ハーンは右翼侵攻を取りやめた。

1547年、ボディ・アラク・ハーンは24年帝位にあって44歳で崩御した。翌年(1548年)、長男のダライスン太子が八白室の神前でハーンとなった。

[2]

[編集]

[3]

脚注[編集]

  1. ^ 蒙古源流』では「41歳の甲辰の年(1544年)」としている。
  2. ^ 岡田 2004,p236-243
  3. ^ 岡田 2004,p243

参考資料[編集]