オルジェイ・テムル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オルジェイ・テムル・ハーン
Өлзийтөмөр хаан
ᠥᠯᠵᠡᠢ
ᠲᠡᠮᠦᠷ
ᠬᠠᠭᠠᠨ
モンゴル帝国第23代皇帝(大ハーン
Өлзийттөмөр Буяншир хаан 1379-1412.jpg
在位 1408年 - 1412年

全名 オルジェイ・テムル・ハーン
出生 1379年
死去 1412年
家名 ボルジギン氏
父親 エルベク・ハーン
テンプレートを表示

オルジェイ・テムル・ハーンモンゴル語: Өлзийтөмөр хаанᠥᠯᠵᠡᠢ
ᠲᠡᠮᠦᠷ
ᠬᠠᠭᠠᠨ
 英語:Öljei Temür Khan、1379年[1] - 1412年[2])は、モンゴル帝国の第23代(北元としては第9代)皇帝(大ハーン)(在位:1408年 - 1412年)[3]エルベク・ハーンの子。モンゴル年代記黄金史綱』ではオロイ・テムル漢文史料では完者禿(オルジェイト)、本雅朱里(ベンヤシリ、プニヤシュリー)と表記される。

生涯[編集]

1398年に父と対立し、またオイラトの難を避けてカーブルにいたティムールのもとに亡命した。ティムールの遠征に随行[4]、ティムール死後も東進を続け、ビシュバリクハーンを称した。オルク・テムルを廃したアスト部のアルクタイの後援を受けて、モンゴル高原に帰国した。即位後はオイラトとモンゴル高原の覇を争い、明に対しても強硬な姿勢をとった。

明の永楽帝はオルジェイ・テムルを慰撫しようとしたが、1409年にオルジェイ・テムルは明の使者の郭驥を殺害して敵対の意思を露にした。このため、永楽帝は配下の猛将・丘福に10万の兵を与えて北元討伐を行なわせた。明軍北上の直前、オルジェイ・テムルはオイラトの最有力者マフムードと戦って大敗し、ヘルレン川に駐屯していた。モンゴル軍は丘福が率いる1000の騎兵に敗れるが、勝利に驕って深入りする丘福を伏兵で破り、その副将4名とともに戦死させた。

この敗戦に永楽帝は激怒し、1410年に50万の軍勢を集めて親征した。永楽帝親征の報を聞いたオルジェイ・テムルは西方への逃亡を考えるがアルクタイは従わず、モンゴルの部衆は東西に分裂した状態になった。永楽帝は北元を討滅すべく西に進軍し、オノン川でオルジェイ・テムルの軍は壊滅し、逃走するときに率いていた護衛はわずか7騎だった。戦後、オルジェイ・テムルと同じく永楽帝に大敗したアルクタイは独自に朝貢を行い、マフムードが明に北元攻撃を志願すると、オルジェイ・テムルは孤立した状態に置かれた。1412年にマフムードによって殺害された。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『蒙古源流』による。
  2. ^ 『明史』『明実録』による。『蒙古源流』によると1410年没。
  3. ^ 『蒙古源流』での在位年数は1403年 - 1410年。『蒙古源流』ではオルク・テムルはハーンとされておらず、したがって彼の在位年数にはオルク・テムルのものが含まれている。
  4. ^ 岡田英弘は、ティムールの遠征の意図はオルジェイ・テムルを元朝のハーンに即位させることにあったと指摘する。岡田英弘『モンゴル帝国から大清帝国へ』、64頁

参考文献[編集]