イリンジバル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イリンジバル
ᠷᠢᠨᠴᠢᠨᠪᠠᠯ
モンゴル帝国第14代皇帝(大ハーン
YuanEmperorAlbumIrinchinbalPortrait.jpg
元寧宗嗣孝皇帝像(国立故宮博物院所蔵)
在位 1332年10月23日 - 12月14日
戴冠 1332年10月23日
大都

出生 泰定3年3月29日
(1326-05-01) 1326年5月1日
死去 至順3年11月26日
(1332-12-14) 1332年12月14日(6歳没))
大都
配偶者 ダリエテミシ
王家 クビライ家
父親 コシラ
母親 バブサ
テンプレートを表示
寧宗 奇渥温懿璘質班
第10代皇帝
王朝
諡号 沖聖嗣孝皇帝
廟号 寧宗
陵墓 起輦谷(モンゴル高原
年号 至順 : 1332年

リンチンバルモンゴル語: ᠷᠢᠨᠴᠢᠨᠪᠠᠯ, ラテン文字転写: Rinčinbal)は、モンゴル帝国の第14代大ハーンとしては第10代皇帝)。読みは、リンチェンパルチベット語: རིན་ཆེན་དཔལ།, ラテン文字転写: rin chen dpal)、イリンジバル中国語: 懿璘質班, ラテン文字転写: Irinjibar)。

生涯[編集]

明宗コシラの次男。母のバブサ中国語版ナイマン部の出で、コシラが即位以前、アルタイ山脈の西に亡命していたときに生まれた。明宗が不審な急死を遂げて叔父の文宗トク・テムルが即位すると、鄜王に封じられた。

至順3年8月1332年9月)に文宗が崩御すると、文宗は次の大ハーンに明宗の子を立てるように遺言した[1]。文宗はオングチャドにおいて兄の明宗を毒殺させたことを心から悔いていたが故に明宗の子を自らの後継者とするよう遺言したのだという[2]

文宗を擁立して専権を振るっていた中書丞相エル・テムルは明宗を毒殺したと言われており、文宗の皇后であったブダシリにその次男のエル・テグスを擁立することを提案した[3]。エル・テムルの力が増すことを恐れたブダシリは、文宗の遺言に従って明宗の子を擁立することを望んだ[4]

明宗の長男であったトゴン・テムルは都から遠く離れた広西に流されており、10月にイリンジバルがエル・テムルによって大ハーンに擁立され、ブダシリが皇太后として後見した。同年12月、寧宗はわずか43日の在位で急逝した[1][3][4]

エル・テムルは改めてブダシリにエル・テグスの即位を要請したが、エル・テグスが幼いことを理由に再び固辞された[3]。既に13歳になって分別のつく年頃であるトゴン・テムルを即位させるのにエル・テムルは難色を示した[1]が、最終的にトゴン・テムルが呼び戻され、大ハーンに即位した。

后妃[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c 杉山 1996, p. 218
  2. ^ 『庚申外史』〈巻上〉。「癸酉、元統元年。先是、歳壬申秋、文宗車駕在上都。八月、疾大漸、召皇后及太子燕帖古思・大臣燕帖木児曰『昔者晃忽叉之事、為朕平生大錯、朕嘗中夜思之、悔之無及。燕帖古思雖為朕子、朕固愛之、然今大位、乃明宗之大位也。汝輩如愛朕、願召明宗子妥懽帖木児来、登玆大位。如是、朕雖見明宗于地下、亦可以有所措詞而塞責耳』。言訖而崩。晃忽叉者、乃明宗皇帝従北方来飲毒而崩之地」
  3. ^ a b c ドーソン 1971, p. 201
  4. ^ a b 外山 1960, p. 274

参考文献[編集]