オリジナル・デラニー&ボニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オリジナル・デラニー&ボニー
デラニー&ボニースタジオ・アルバム
リリース
録音 カリフォルニア州ロサンゼルス エレクトラ・スタジオ
ジャンル ロック、スワンプ・ロック
時間
レーベル エレクトラ・レコード
プロデュース デラニー・ブラムレット
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 175位(アメリカ[2]
  • デラニー&ボニー アルバム 年表
    オリジナル・デラニー&ボニー
    (1969年)
    ホーム
    (1969年)
    テンプレートを表示

    オリジナル・デラニー&ボニー』(原題:The Original Delaney & Bonnie)は、アメリカ合衆国の夫婦デュオ、デラニー&ボニー1969年エレクトラ・レコードから発表したスタジオ・アルバム。録音は次作『ホーム』より後だが、リリース順としては本作がファースト・アルバムに当たる[3][4]

    背景[編集]

    デラニー&ボニーはスタックス・レコードでのレコーディング後、ボビー・ウィットロックらを迎えてデラニー&ボニー&フレンズとしての活動を始め、カリフォルニア州サンフェルナンド・バレーを拠点としたライヴ活動を経てエレクトラ・レコードと契約[5]。なお、本作のリリース前の音源を聴いたジョージ・ハリスンは、エレクトラとの契約を知らずにデラニー&ボニーをアップル・レコードに勧誘し、本作をアップルから「SAPCOR 7」というカタログ番号で発売しようとするが、エレクトラからのクレームによって未発売に終わった[6]。現存する本作のアップル盤LPは、同レーベルのイギリス盤LPの中でも最もレアなレコードとして知られ、3400ドル以上の値が付いたこともある[6]

    「闘いが終わる時」はドクター・ジョンが提供した曲である[7]。「老人」と「団結しよう」は、1968年8月にスタックス・レコードで録音された曲の再演で、『ホーム』のリマスターCDには、これら2曲の初期ヴァージョンがボーナス・トラックとして収録された。また、「団結しよう」と「ゲットー」は、本作に先駆けてザ・ステイプル・シンガーズのアルバム『Soul Folk in Action』(1968年)でカヴァーされた[8]

    「団結しよう」は本作に先行して1969年4月にシングルとしてリリースされ、5月には「闘いが終わる時」もシングル・カットされたが[1]、いずれもチャート入りしていない[2]

    本作のジャケットには「The Original Delaney & Bonnie」に加えて「Accept No Substitute」という記載もあり、後者が本作のタイトルとみなされる場合もある[9]。また、オリジナルLPのレーベルには「The Original Delaney & Bonnie & Friends」と記載され[10]、『ビルボード』1969年5月24日号の広告でも同様のタイトルで紹介された[11]

    反響・評価[編集]

    アメリカのBillboard 200では175位を記録[2]

    ロバート・クリストガウは、1969年6月22日付の『ニューヨーク・タイムズ』紙に掲載されたソウルミュージックのデュエット・アルバムの特集記事「Wholly and Solely About Soul」において「『オリジナル・デラニー&ボニー』にストリングスを追加したアレンジャーは、シンガー達が白人だと信じられなかったそうである。しかし、これは白人のアルバムであり、優れた作品だ」と評している[12]。また、ロニー・D・ランクフォードJr.はオールミュージックにおいて5点満点中3.5点を付け「翌年に発表される『いとしのレイラ』(デレク&ザ・ドミノスのアルバム)と同様の、ソウルとロックンロールの融合が収録されている」と評している[13]

    収録曲[編集]

    1. 団結しよう "Get Ourselves Together" (Bonnie Bramlett, Carl Radle) – 2:27
    2. いつの日か "Someday" (B. Bramlett, Doug Gilmore, Jerry Allison) – 3:29
    3. ゲットー "Ghetto" (B. Bramlett, Homer Banks, Bettye Crutcher) – 4:55
    4. 闘いが終わる時 "When the Battle Is Over" (Mac Rebennack, Jessie Hill) – 3:35
    5. 老人 "Dirty Old Man" (Delaney Bramlett, Mac Davis) – 2:32
    6. もっと愛し続けて "Love Me a Little Longer" (B. Bramlett) – 2:57
    7. 堪忍袋の緒が切れた "I Can't Take It Much Longer" (D. Bramlett, Joey Cooper) – 3:09
    8. ドゥ・ライト・ウーマン "Do Right Woman, Do Right Man" (Chips Moman, Dan Penn) – 5:24
    9. 十字架の兵士 "Soldiers of the Cross" (Traditional) – 3:11
    10. 愛の贈りもの "Gift of Love" (D. Bramlett, M. Davis) – 2:54

    参加ミュージシャン[編集]

    脚注・出典[編集]

    1. ^ a b アメリカ盤CD『The Best of Delaney & Bonnie』(Rhino Records, R2 70777)英文ブックレット内トラック・リスト
    2. ^ a b c Delaney & Bonnie - Awards | AllMusic
    3. ^ Robert Christgau: CG: Delaney & Bonnie - 2015年2月3日閲覧
    4. ^ 日本盤CD『オリジナル・デラニー&ボニー』(WPCR-15008)ライナーノーツ(増渕英紀、2013年4月)
    5. ^ 『The Best of Delaney & Bonnie』英文ライナーノーツ(Joe Tortelli)
    6. ^ a b The Beatles manage a Market Watch countdown hat trick - goldminemag.com - article by Susan Sliwicki - 2015年2月3日閲覧
    7. ^ When the Battle Is Over - Delaney & Bonnie | AllMusic - Song Review by Matthew Greenwald
    8. ^ Soul Folk in Action - The Staple Singers | AllMusic
    9. ^ 例:allmusicデラニー・ブラムレット公式サイト
    10. ^ Delaney & Bonnie - Accept No Substitute (Vinyl, LP) at Discogs - 「More Images」をクリックすれば確認できる
    11. ^ 『Billboard』1969年5月24日号p.61。Google Books参照
    12. ^ Robert Christgau: Wholly and Solely About Soul - 2015年2月3日閲覧
    13. ^ Accept No Substitute - Delaney & Bonnie | AllMusic - Review by Ronnie D. Lankford, Jr.