ウンゲニ県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウンゲニ県
Raionul Ungheni
—    —


紋章
モルドバ
県都 Bandera Ungheni.svgウンゲニ英語版
行政
 - 県知事 Iurie Toma
モルドバ自由民主党<2011年~>
面積
 - 計 1,083km2 (418.1mi2)
 - 水面 27.1km2 (10.5mi2)  2.50%
標高 408m (1,339ft)
人口 (2012年)
 - 計 117,200人
等時帯 東ヨーロッパ時間 (UTC+2)
 - 夏時間 東ヨーロッパ夏時間 (UTC+3)
郵便番号 236
市外局番 +373 36
車両番号 UN

ウンゲニ県モルドバ中西部の県。 西でルーマニアに接する。 県都はウンゲニ英語版2012年の人口は11万7200人。

歴史[編集]

1428年から1430年の記録に、ブシウメニ英語版ブシラ英語版、ウンゲニの町の記録が有った。

1812年ブカレスト条約によって、ウンゲニ県を含むベッサラビア地方はロシア帝国に割譲された。 住民のロシア化が進んだ。

1876年から1877年、ウンゲニ(モルドバ)とウンゲニ英語版(ルーマニア)の間を流れるプルト川ギュスターヴ・エッフェルエッフェル橋英語版を架けた。

1918年ロシア革命によってロシアが崩壊すると、ベッサラビアはルーマニアに返還された。 ウンゲニ県はヤシ県に編入された。

1940年独ソ不可侵条約の結果ベッサラビアはソ連に占領された。

1991年モルドバが独立した。 ウンゲニ郡英語版が設置された。

2003年、ウンゲニ県が設置された。

地理[編集]

ウンゲニ県はモルドバ中西部に位置し、西にルーマニアと80kmに渡って接する。 国内では、北にファレシュティ県英語版シンジェレイ県英語版、東にテレネシュティ県英語版カララシ県英語版、南東にニスポレニ県英語版に接する。 地形は中央モルドバ高原英語版の西にプルト川が流れている。 疎林(コドゥリ英語版)に覆われる。 土は谷と平野がチェルノーゼム(75%)、高原が茶土英語版である。 最高点はヴェヴェリタ丘の408mである。

気候[編集]

典型的な大陸性気候である。 年間平均気温は9~9.5℃で、7月の平均気温が21℃、1月の平均気温が-4.5℃である。 年間平均降水量は500~650mm、平均風速は3~5m/sである。

動物相[編集]

動物は鹿赤鹿針鼠穴熊山猫等が生息する。 鳥は白鷺山鶉四十雀等が生息する。

植物相[編集]

オークブナシデアカシアライム等から成る森が面積の26.6%を占める。 他にはクローバー牛の毛草藻草イラクサ等が生息する。

河川[編集]

プルト川はウンゲニ県とルーマニアの国境を成し、盆地の上に県が在る。 地方では地下水が主要な飲料水で、井戸や噴水、泉を通して得る。

行政区画[編集]

  • 自治体:74
    • 県都:ウンゲニ
      • 市:コルネスティ、ウンゲニ
        • 町: 31
          • 村: 41

人口[編集]

2012年1月1日の人口は11万7200人で、34.5%が都市住民だった。

  • 誕生数(2010年):1517人(12.9人/1000人)
  • 死亡数(2010年):1417人(12.1人/1000人)
  • 成長率(2010年): 100人(0.8人/1000人)

民族[編集]

民族 人口 %*
モルドバ人
ルーマニア人
99,432 89.95%
ウクライナ人 7,743 7.00%
ロシア人 2,766 2.50%
ブルガリア人 93 0.08%
ガガウズ人 90 0.08%
ロマ 68 0.06%
その他 353 0.32%

宗教[編集]

経済[編集]

工業[編集]

食料加工産業(製粉、果物・野菜缶、酒、ソフトドリンク)や繊維紡績絨毯産業が盛んである。

政治[編集]

2010年12月28日の県議会選挙結果

  • モルドバ共和国共産党:42.4%
  • モルドバ自由民主党:26.3%
  • モルドバ民主党:14.7%
  • 自由党:7.0%
  • 私達のモルドバ同盟:3.7%
  • 欧州運動:1.5%
  • その他:4.5%

観光[編集]

  • アレクサンドル・ネヴスキ教会
  • ウンゲニ民族歴史博物館
  • ピライウル・ファグルイ環境保護区
  • ピルリタ村博物館
  • セメニ中世軍事要塞

Personalities[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯47度20分 東経27度55分 / 北緯47.333度 東経27.917度 / 47.333; 27.917