ガガウズ自治区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ガガウズ自治区
Avtonom Territorial Bölümlüü Gagauz Yeri
Unitatea Teritorială Autonomă Găgăuzia
Автономное территориальное образование Гагаузия
ガガウズの旗 ガガウズの紋章
地域の旗 紋章英語版
地域の標語:Yaşasın Gagauziya!
地域の歌:タラフィム(Tarafım 我が母国
ガガウズの位置
公用語 ガガウズ語ルーマニア語ロシア語
主都 コムラト英語版
最大の都市 コムラト
政府
知事英語版 イリナ・ブラ英語版
国民議会議長英語版 ドミトリー・コンスタンティノフルーマニア語版
面積
総計 1,832km2国内2位
水面積率 不明
人口
総計(2016年 161,900人(国内3位
人口密度 88.4人/km2
設置
モルドバ内の自治区として 1995年6月19日
通貨 モルドバ・レウ (MDL)
時間帯 UTC +2(DST:+3)
ISO 3166-1 MD / MDA(3166-2:MD-GA
ccTLD .md
国際電話番号 373
民族構成(2004年)
ガガウズ人
  
82%
ブルガリア人
  
5.1%
モルドバ人
  
4.8%
ロシア人
  
3.8%
その他
  
4%
ガガウズ人の旗。またかつての独立期前半の国旗でもあった

ガガウズガガウズ語: Gagauz Yeri ガガウズ・イェリルーマニア語: Găgăuzia ガガウジアロシア語: Гагаýзия, Gagaúziya)は、モルドバの南部にある自治地域である。正教会に属するテュルク系ガガウズ人が住み、ガガウズ語の使用などが認められている。首都はコムラト英語版。人口は161,900人(2016年推計[1])。

名称[編集]

自治区の公用語での正式名称は以下の通り。

  • ガガウズ語: Avtonom Territorial Bölümlüü Gagauz Yeri
  • ルーマニア語: Unitatea Teritorială Autonomă Găgăuzia
  • ロシア語: Автономное территориальное образование ГагаузияAvtonomnoye territorialnoye obrazovaniye Gagauziya
    • (参考)英語: Autonomous Territorial Unit of Gagauzia (Gagauz Yeri)

日本語訳例はガガウズ自治区。ガガウズ語名であるガガウズ・イェリと呼ぶ場合もある。また国号を自治共和国と訳す場合もある(ガガウズ・イェリ自治共和国など)。ルーマニア語などの通称であるガガウジアと呼ぶ場合もあるが[2]、あまり一般的ではない。
ガガウジア(Gagauzia)とガガウズ・イェリ(Gagauz-Yeri)は対等な名称であることが基本法一条にあり、そのことから他言語ではGagauzia (Gagauz-Yeri)と併記する例もある。

ガガウズ・イェリはガガウズ語で「ガガウズ人の場所」という意味。

歴史的な名称[編集]

コムラト共和国(1906年)

ガガウズ共和国(1990年 - 1995年)

略史[編集]

現在のガガウズ自治区に当たる地域はモルドバと同じ歴史を歩んでいる。中世よりモルダヴィア公国オスマン帝国ロシア帝国ルーマニア王国ソビエト連邦と支配国家が移っている。

1900年代前半、当時の支配国家であったロシア帝国で革命(ロシア第一革命)が起こる。帝国全土で反政府運動と暴動が起き、コムラトでは1906年1月にAndrey Pavlovich Galatsaによる蜂起が発生した。1月18日にはコムラト共和国ルーマニア語版が「建国」された。この共和国は一週間後の25日に鎮圧されて消滅した。

その後の第二革命でロシア帝国は崩壊し、モルダヴィア地方の統治国はルーマニア王国に取って代わられた。第二次世界大戦が発生するとソビエト連邦が占領し、1940年にこの地一体に連邦構成体のひとつモルダビア・ソビエト社会主義共和国(モルダビアSSR)が設置された。ソビエト連邦時代ではガガウズ人の民族自治区画は設置されなかったため、1980年代後半よりペレストロイカが始まると民族意識が高揚した。

1988年にガガウズ人とその他の少数民族によって「ガガウズ・ハルクィ」(ガガウズ語でガガウズ人を意味する)と呼ばれる組織を結成。民族自治区画の設置を採択すると、1989年11月12日にモルダビアSSR内の自治共和国ガガウズ・自治ソビエト社会主義共和国(Gagauz Autonomous Soviet Socialist Republic、ガガウズASSR)の建国を宣言。ソ連やモルダビア政府には認められなかったが、1989年12月3日と1990年7月22日にも同じく建国宣言を行っている。
そして、1990年8月19日にガガウズASSRは主権宣言を行い、ガガウズ共和国ルーマニア語版としてソ連からの独立を宣言した。この動きはモルダビア政府が同国南部地域に非常事態宣言(1990年10月26日から同年12月6日まで)を発令するほど大きなものとなった。ソ連政府は12月22日にガガウズ共和国の独立の無効を宣言している。

やがてソビエト連邦は崩壊し、モルダビアSSRは1991年にモルドバ共和国として独立した。ガガウズ共和国は翌年の1992年10月7日にモルドバ共和国からの独立宣言を行ったが、独立運動は行き詰まり始めた。その一方でモルドバ政府との交渉が行われ、1995年6月19日にモルドバ共和国内のガガウズ自治区として大幅な自治権が付与される形で独立運動は収束した。

だが現在でも独立を求める声は多い。また、同地ではモルドバ「本土」とは民族的・宗教的に異なることもあって欧州連合(EU)よりもロシアなど独立国家共同体(CIS)へ接近する動きが強い。2014年2月2日に行われたモルドバのEU加盟に関する住民投票では、98.4%が「EUよりもロシア・CISへの緊密な関係を望む」とし、また98.9%が「モルドバがEUに加盟する場合はガガウズは独立すべし」と答えている[3][4]
2015年のガガウズ知事選には親ロシア派のイリナ・ブラが当選するなど、モルドバのEU加盟をめぐって自治区と政府との間に軋轢が生じ始めている[5][6]

略年表[編集]

  • 1906年1月18日~25日 - コムラトで蜂起が発生、コムラト共和国が建国される
    • 1940年 - モルダビアSSR設置
  • 1989年11月12日 - モルダビアSSR内のガガウズ・自治ソビエト社会主義共和国の建国を宣言
  • 1990年8月19日 - ガガウズ共和国としてソ連より独立宣言
    • 12月22日 - ソ連政府は独立宣言を無効とする
    • 1991年 - モルドバが独立宣言。ソ連崩壊
  • 1992年10月7日 - モルドバからの独立を宣言
  • 1995年6月19日 - モルドバ内のガガウズ自治区が設置される
  • 2014年2月2日 - 住民投票で98.4%がEUよりロシア・CISへの緊密な関係を支持。また98.9%がモルドバEU加盟時のガガウズ独立を支持
  • 2015年4月15日 - 知事選、親ロシア派政権が発足

政治[編集]

自治に関する基本法は1998年に採択[7]。ガガウズ語の使用などが盛り込まれているが、モルドバの憲法内での活動を行うことや現地の警察権・租税権はモルドバ側が握ることなども書かれている。

外交[編集]

ガガウズ自治区は独立国家ではないが、モルドバとは別の外交を行っている。

  • テュルク文化国際機関英語版 - 通称TÜRKSOY。チュルク文化の国際機関で、オブザーバーとして加盟。対してモルドバは加盟してない。
  • アブハジアの旗 アブハジア共和国および 南オセチアの旗 南オセチア共和国 - ガガウズと同じく1990年代にジョージア(グルジア)より独立宣言を行った「国家」。ロシアが介入を行い、どちらもジョージアからの独立を保っている。また、ロシアを含む4ヵ国の国際連合加盟国が国家として承認している。ガガウズ議会はこの「二ヵ国」を2008年9月19日に国家として承認し、モルドバ政府にも国家承認をするように求めた[8]。一方のモルドバは国内に同じような状況(沿ドニエストル共和国)を抱えていることもあり、国家承認はしていない。

地方行政[編集]

ガガウズ自治区の地図

ガガウズ自治区は規模の大きい都市を中心として3つの地区に分かれている。1基礎自治体、2市、23のコムーナを含んだ32の地域区分に分かれる。

ガガウズ自治区の範囲は首府コムラトやチャドゥル=ルンガ市から見て、ブルカネシュティ市およびその周辺とカルバリア英語版コプチャク英語版飛び地となっている。この飛び地へは道路が通じているが、行政上は他県(ラヨン)を通らなければならない。

脚注[編集]

  1. ^ Number of resident population in the Republic of Moldova as of 1st January 2016, in territorial aspect*
  2. ^ 在ウクライナ日本国大使館(モルドバも管轄)/坂田大使 ガガウジア自治共和国訪問(2013年)
  3. ^ Dumitru Minzarari: "The Gagauz Referendum in Moldova: A Russian Political Weapon?", in: Eurasia Daily Monitor, Volume: 11, Issue: 23.
  4. ^ "Gagauzia Voters Reject Closer EU Ties For Moldova", RFE/RL, February 03, 2014.
  5. ^ E la Găgăuzia vota per Mosca” (Italian) (2015年3月27日). 2015年3月30日閲覧。
  6. ^ Independent candidate Irina Vlakh elected head of Gagauzia”. TASS – Russian News Agency (2015年3月23日). 2017年3月18日閲覧。
  7. ^ LEGAL CODE OF GAGAUZIA (GAGAUZ-YERI) (PDF)
  8. ^ Текст обращения Народного собрания Гагаузии к руководству Молдавии о признании Абхазии и Южной Осетии” (Russian). REGNUM News Agency (2008年9月19日). 2017年3月19日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]