カフ県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カフ県
Cahul
—    —


紋章
モルドバ
県都 カグル
設立 1964年12月23日
行政
 - 県知事 Avram Micinschi
モルドバ共和国共産党
2011年
面積
 - 計 1,546km2 (596.9mi2)
人口 (2014年)
 - 計 124,700人
等時帯 東ヨーロッパ時間
 - 夏時間 東ヨーロッパ夏時間 (UTC+3)
郵便番号 299
市外局番 +373 39
車両番号 CH
ウェブサイト http://www.cahul.md

カフ県モルドバ南部の県で、県都はカグル英語版[1] 2014年1月の人口は12万4700人。 [2]

歴史[編集]

376年フン族ローマ帝国ダキアに侵入し破壊した。

1425年から1447年の記録に、クリハナ・ヴェチェ英語版マンタ英語版ヴァレニ英語版スロボジア・マレ英語版ラルガ・ノウア英語版の集落が残っている。

1770年8月1日、第一次露土戦争の中でカフ湖の近くでカグルの戦い英語版が起き、ロシア帝国が勝利した。

1812年第三次露土戦争の結果カフ県を含むベッサラビアはロシアに割譲され、住民のロシア化が進んだ。 ロシア人ウクライナ人ブルガリア人ガガウズ人が入植した。

1856年クリミア戦争の結果この地域はルーマニアに割譲された。

1878年露土戦争の結果この地域はロシア帝国に割譲された。

1917年ロシア革命によってベッサラビアルーマニアに割譲された。
この地域はカフ郡英語版の中心になった。

1940年独ソ不可侵条約によってベッサラビアソ連に占領された。

1991年、モルドバが独立し、カフ郡が設置された。

2003年、カフ県が設置された。

地理[編集]

カフ県の地勢図

カフ県はモルドバ南部に位置する。 カフ県にはジュルジュレシュティ英語版ルーマニア語版ドイツ語版ロシア語版と呼ばれる地域が在り、当該エリアは同国の自由経済区となっている。この場所はモルドバ最南端に位置し、ドナウ川の下流部に接することや同国唯一の水運港『ジュルジュレシュティ港英語版ルーマニア語版』が在ることでも知られている。

北から時計回りに

に接する。

標高は北のティゲチ高原が約240m、ドナウ川で約5mである。 都市化率は31.9%。

気候[編集]

  • 典型的な大陸性気候
  • モルドバで最も乾燥し最も暑い
  • 他の県より2~3℃暑い
  • 年間平均降水量は400~550mm

民族[編集]

民族 人口 %*
モルドバ人
ルーマニア人
93,096 78.08%
ウクライナ人 7,842 6.58%
ロシア人 7,702 6.46%
ブルガリア人 5,816 4.88%
ガガウズ人 3,665 3.07%
ロマ 237 0.20%
その他 873 0.72%

宗教[編集]

政治[編集]

2010年11月28日のモルドバ共和国議会選挙の結果

2010年の県議会選挙

観光[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Cahul.org”. 2012年3月22日閲覧。
  2. ^ “Number of resident population in the Republic of Moldova as of 1st January 2014, in territorial aspect” (プレスリリース), National Bureau of Statistics of Moldova, (2014年3月17日), http://www.statistica.md/newsview.php?l=en&id=4347&idc=168 

外部リンク[編集]

座標: 北緯45度50分 東経28度20分 / 北緯45.833度 東経28.333度 / 45.833; 28.333