アーバンパークライナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アーバンパークライナー
使用車両の500系(本項列車の運用中ではない)
使用車両の500系
(本項列車の運用中ではない)
概要
日本の旗 日本
種類 特別急行列車
地域 東京都、埼玉県、千葉県
運行開始 2017年4月21日
運営者 東武鉄道
路線
起点 浅草駅
大宮駅
終点 大宮駅、野田市駅
運河駅
営業距離 50.5km(浅草駅 - 大宮駅間)
48.7km(浅草駅 - 野田市駅間)
33.2km(大宮駅 - 運河駅間)
使用路線 東武伊勢崎線
野田線
技術
車両 500系電車
軌間 1067 mm
電化 直流1,500V
テンプレートを表示

アーバンパークライナーは、東武鉄道浅草駅 - 大宮駅野田市駅間および大宮駅 - 運河駅間を東武伊勢崎線及び野田線で運行する特別急行列車(特急列車)である。

概要[編集]

2016年10月27日、東武鉄道が500系電車の愛称を「Revaty(リバティ)」とすることを発表し、これと同時に500系電車の運行形態も発表され、野田線(東武アーバンパークライン)に乗り入れる「アーバンパークライナー」の設定も発表された[1]。野田線では初の定期有料列車であり、定期列車では初の伊勢崎線(東武スカイツリーラインライン)直通列車となった。

2017年1月18日、同年4月21日のダイヤ改正より運行を開始することが発表され、同時に運行時刻・停車駅・特急料金が発表された[2]

運行形態[編集]

平日夜間に浅草発大宮行きの1号、浅草発大宮・野田市行きの3号、大宮発運河行きの2号の計3本が運行される[2]。そのうち3号は途中の春日部駅で分割され、野田市行きは春日部駅から進行方向を変える。なお、全列車運休となる土休日は、1号・3号と同時刻に春日部駅行きの「スカイツリーライナー」が運行される。大宮行きは東武アーバンパークライン内は上りとなるが、番号は奇数となっている。なお、大宮発運河行きは下りであるが、番号は偶数となっている。

停車駅[編集]

浅草発大宮行き(1・3号)
浅草発野田市行き(3号)
大宮発運河行き(2号)
  • 大宮駅 - 春日部駅 - 藤の牛島駅 - 南桜井駅 - 川間駅 - 七光台駅 - 清水公園駅 - 愛宕駅 - 野田市駅 - 梅郷駅 - 運河駅

使用車両[編集]

東武500系電車(愛称「リバティ」)を使用する。3号は春日部駅で1-3号車を大宮行き・4-6号車を野田市行きの3両に分割運行し、2号は3両編成で運行される。なお、1号は春日部駅で分割せずに6両のまま大宮に向かう。

特急料金[編集]

全列車が座席指定席制を採用している。ただし、浅草発はせんげん台、大宮発は春日部より先の停車駅から乗車する場合は特急料金が不要となり、乗車券のみで利用できる。

「スカイツリーライナー・アーバンパークライナー」特急料金(小児半額、端数は10円単位で切り上げ)。2017年4月21日現在。

区間 特急料金(円) 備考
浅草 → せんげん台間 410
大宮 → 春日部間 310

野田線優等列車沿革[編集]

  • 1969年
  • 1972年
    • 11月11日 : 「きりふり」・「りゅうおう」運行終了。
  • 2012年
    • 12月1日 : 634型を使用した臨時特急「スカイツリートレイン4号」大宮発浅草行きを土曜日限定で運行開始。「きりふり」・「りゅうおう」廃止以来40年振りに野田線に一般向け優等列車が設定される。
  • 2015年
    • 8月8日 : 臨時特急「スカイツリートレイン52号」大宮発浅草行きを土曜日限定で運行開始[3]
    • 12月4日 : 同月中の金曜日(25日除く)限定で、300系を使用した臨時特急「きりふり」267号浅草発運河行きが運行[4]。野田市方面初の優等列車であり、東武鉄道では初の千葉県内を運行する特急となった。
  • 2016年
    • 3月19日 : 「スカイツリートレイン52号」運行終了。
    • 12月3日 : 臨時特急「きりふり」267号運行[5]。運行形態は2015年と同様(23日・30日は運休)。
  • 2017年
    • 4月8日 : 「スカイツリートレイン4号」運行終了[6]
    • 4月21日 : 「アーバンパークライナー」運行開始。

脚注[編集]

関連項目[編集]