アンドラーシュ・シフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Flag of Hungary.svg この項目では、印欧語族風に、名前を名姓順で表記していますが、ハンガリー語圏の慣習に従いシフ・アンドラーシュと表記することもあります。
アンドラーシュ・シフ
András Schiff in Leipzig (2016)
基本情報
出生名 Schiff András
シフ・アンドラーシュ
生誕 (1953-12-21) 1953年12月21日(66歳)
出身地 ハンガリーの旗 ハンガリー人民共和国ブダペスト
ジャンル クラシック
職業 ピアニスト
レーベル ユニバーサルミュージック
ECMレコード
公式サイト ユニバーサルミュージックによるプロフィール

サー・アンドラーシュ・シフ(Sir András Schiff[1] [ˈɒːndrɑ̈ːʃ ˈʃif], 1953年12月21日 - )は、ハンガリー出身のピアニスト1987年オーストリアの、2001年イギリス市民権を取得し、2014年にイギリスでナイト爵を授与されている。

バッハモーツァルトベートーヴェンシューベルトなどドイツバロック音楽および古典派音楽を中心レパートリーとし、シューマンショパンなどのロマン派音楽までを演奏する。室内楽奏者としても知られる。室内楽団カペラ・アンドレア・バルカ (Cappella Andrea Barca) の創設者[1]、指揮者でもあり、弾き振りもおこなう[2]。妻でヴァイオリニスト塩川悠子も同楽団で第1ヴァイオリン奏者を務める。

来歴[編集]

ブダペスト生まれ[3]。両親ともホロコーストからの生き残りであった。5歳からピアノを始め、14歳からフランツ・リスト・アカデミー(現:リスト・フェレンツ音楽大学)でクルターグ・ジェルジュカドシャ・パール、ラドシュ・フェレンツ (Rados Ferenc) に学び、その後ロンドンでジョージ・マルコムに師事し、タチアナ・ニコラーエワベラ・ダヴィドヴィチの元でも学んだ[1][4][5][6]

1974年、第5回チャイコフスキー国際コンクールのピアノ部門で第4位入賞[1]

1975年、リーズ国際ピアノ・コンクールで第3位入賞[1]

1977年 初来日。武蔵野音楽大学でシューマン、上野学園大学でバッハを日本コロムビアレーベルで録音。来日中にカップヌードルに感激[7]

1988年 ザルツブルク音楽祭シューマンを集中的に取り上げる。

1989年から1998年にわたって室内楽フェスティバル「ムジークターゲ・モントゼー」の芸術監督に就任[1][5]

1991年 バルトーク賞受賞。

1995年 ハインツ・ホリガーとともに「イッティンゲン聖霊降臨音楽祭」を創設[5]

1996年 ハンガリー最高の栄誉であるコシュート (Kossuth) 賞受賞。

1997年 コペンハーゲンでレオニー・ゾンニング音楽賞受賞。

1998年 ヴィチェンツァで「Hommage to Palladio(パラディオへのオマージュ)」と題するシリーズを開始[1][8]

1999年 室内オーケストラ「Cappella Andrea Barca」を創設[1][5]

2004年 ベートーヴェンの32のソナタの録音をチューリッヒで開始[1][5]

2004年 - 2007年 ヴァイマル音楽祭のアーティスト・イン・レジデンスを務める。

2006年 ボンベートーヴェン・ハウスの名誉会員に選出[5]

2007年 英国王立音楽院バッハ賞を受賞[5]。ブダペスト、デトモルト、ミュンヘンの高等音楽院の名誉教授の称号を授与される[5]

2008年 ウィグモア・ホールでの30年にわたる出演を記念してウィグモア・ホール・メダルを授与された[5]。2008年シーズンのベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のピアニスト・イン・レジデンスを務めた[5]

2008年12月 - 2009年3月 NHKスーパーピアノレッスン』に出演[9]

2009年 オックスフォード大学ベリオール・カレッジ特別研究員に選出される。

2011年 シューマン賞を受賞。

2012年 ゴールデン・モーツァルト・メダル、プール・ル・メリット勲章ドイツ連邦共和国功労勲章大功労十字星章を授与される[1]

2013年12月 ロイヤル・フィルハーモニック協会からゴールド・メダルを贈られる[1]

2014年7月 リーズ大学から名誉音楽博士号を授与される[1]

2014年6月 イギリス女王エリザベス2世よりナイト爵位を授与される[1]

2015年 ECMレーベル「シューベルトの後期ピアノ作品集」でICMA賞(国際クラシック音楽賞)の独奏器楽部門、レコーディング・オブ・ザ・イヤーを受賞[8]

2016年10月 バッハ、ブソーニ、ベートーヴェンのヴァイオリンとピアノのためのソナタを、妻である塩川悠子と共演し録音[1][10]

主な活動[編集]

1970年代に各コンクールでの活躍が始まると、ほぼ同年代のコチシュ・ゾルターンラーンキ・デジェーと並んでハンガリーの「若手三羽烏」として売り出された[7]。当時の社会主義国家ハンガリーはコンクール出場を若手ピアニストに強制[11]しており、「このコンクール歴は必ずしも自分の本意ではありません」と当時を回想している。

最年少のシフは、当初は3人のうちでも目立たない存在だったが、1980年代にイギリスのデッカ・レーベルと契約後、モーツァルトのピアノ・ソナタ全集の録音で俄に注目を集め、続いて一連のバッハ作品の録音によって、「グールド以来のバッハ解釈者」との名声を得[12]、確固たるものとした。その後、1990年前後にはシューベルトのピアノソナタの演奏・録音、バルトークのピアノ協奏曲全曲、1999年から2005年にかけて、ザルツブルク・モーツァルテウム創立記念モーツァルト週間に、シフ自身が編成したオーケストラとモーツァルトのピアノ協奏曲を全曲演奏するなど、スタンダードナンバー演奏で高い評価を受けた。

近年はハインツ・ホリガーと共演でヴェレシュ・シャーンドル作品を紹介したり、ペレーニ・ミクローシュとの共演など、祖国ハンガリーにちなむ活動も盛んである。

教育活動にも力を注ぎつつあり、現在はドイツのデトモルト音楽大学教授、ミュンヘン音楽大学の客員教授という要職ポストに就いている。またザルツブルク・モーツァルテウム音楽大学や、母校であるフランツ・リスト音楽院をはじめ、各地でマスタークラスを開いている。

録音[編集]

ソロから協奏曲までまたがっているものの、レパートリーはドイツ・ハンガリー系に偏っている。しかし、ファンは多くチャイコフスキー国際コンクールのライブ録音すら入手できる。

器楽作品[編集]

デッカ・レーベルにバッハ、モーツァルト、シューベルトなどの一連の録音がある。その後ECMに移籍し、バッハ、ヤナーチェク、シューマンなどの録音を残す。2008年にベートーヴェンのピアノ・ソナタ全集を完成させ、大きな反響を呼んだ。

協奏曲[編集]

デッカ・レーベルに同郷のシャーンドル・ヴェーグ指揮ザルツブルク・モーツァルテウム・カメラータ・アカデミカと残したモーツァルトのピアノ協奏曲全集が代表的。テルデック・レーベル移籍後は、バルトークのピアノ協奏曲(イヴァン・フィッシャー指揮ブダペスト祝祭管弦楽団)、ベートーヴェンのピアノ協奏曲録音(ベルナルト・ハイティンク指揮シュターツカペレ・ドレスデン)がある。

室内楽[編集]

塩川悠子(シフ夫人)とバルトークのヴァイオリン・ソナタ第1番、ヤナーチェクのヴァイオリン・ソナタ(デッカ)、チェロ奏者ペレーニを加えた三重奏でのシューベルトの2曲のピアノ三重奏曲(テルデック)、幻想曲 ハ長調(ECM)、ペレーニとのベートーヴェンのチェロ作品集(ECM)の録音がある。

歌曲のピアノ伴奏[編集]

テノール歌手のペーター・シュライアーや、バス・バリトン歌手のローベルト・ホルとの共演がある。シュライアーとはデッカレーベルにシューベルトの歌曲集『白鳥の歌』(1990年)、『美しき水車小屋の娘』(1991年)、『冬の旅』(1994年)を、Wigmore Hallレーベルにウィグモアホールでのライブ録音CD(『白鳥の歌』、およびゲーテの詩による「竪琴弾きの歌」全3曲、「さすらい人の夜の歌」、「ミューズの子」、1991年録音)がある。ORFEO D'ORレーベルにはシューマン歌曲集(ハイネの詩による『リーダークライス』作品24および『詩人の恋』とアイヒェンドルフの詩による『リーダークライス』作品39、2002年録音)がある。またホルとの共演ではデッカ・レーベルにブラームス歌曲集(1993年録音)、シューマン歌曲集(1994年録音)がある。

書籍[編集]

楽譜[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n HOME / ARTISTS / ANDRÁS SCHIFF” (英語). ECMrecords. 2018年4月18日閲覧。
  2. ^ アンドラーシュ・シフ インタビューJupiter’s Specialアンドラーシュ・シフ(ピアノ)”. いずみホール. 2018年4月18日閲覧。
  3. ^ 吉澤ヴィルヘルム『ピアニストガイド』青弓社、印刷所・製本所厚徳所、2006年2月10日、102ページ、ISBN 4-7872-7208-X
  4. ^ Sir András Schiff”. Kirshbaum Associates Inc. 2018年4月18日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j 『スーパーピアノレッスン シフと挑むベートーベンの協奏曲 2008年12〜3月』NHK出版、2009年、7頁。
  6. ^ András Schiff” (英語). Zeneakademia.hu. 2020年5月29日閲覧。
  7. ^ a b [この一枚 No.48 ~コチシュ/バルトーク:ピアノ作品集~]”. 日本コロムビア. 2018年4月18日閲覧。
  8. ^ a b ピアノ アンドラーシュ・シフ András Schiff PROFILE”. KAJIMOTO. 2018年4月18日閲覧。
  9. ^ スーパーピアノレッスン シフと挑むベートーベンの協奏曲 2008年12~3月”. NHK. 2018年4月18日閲覧。
  10. ^ 塩川悠子&アンドラーシュ・シフ、久々の共演録音!バッハ、ブゾーニ、ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ集”. タワーレコード. 2018年4月18日閲覧。
  11. ^ アンドラーシュ・シフ/チャイコフスキー・コンクール・ライヴ録音 HMV&BOOKS online 2016年10月9日配信 2018年5月11日閲覧
  12. ^ Prom 73: A Bach masterclass from András Schiff bachtrack.com 2017年9月10日配信 2018年5月11日閲覧

外部リンク[編集]