コチシュ・ゾルターン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Flag of Hungary.svg この項目では、ハンガリー語圏の慣習に従い、名前を姓名順で表記していますが、印欧語族風にゾルターン・コチシュと表記することもあります。
コチシュ・ゾルターン(2009年)

コチシュ・ゾルターン(Kocsis Zoltán、1952年5月30日 - )は、ハンガリーブダペスト出身のピアニスト指揮者作曲家。日本では、同世代の他のハンガリーのピアニスト、ラーンキ・デジューシフ・アンドラーシュと合わせて、「ハンガリーの三羽烏」や「ハンガリーの三天王」などと呼ばれている。

略歴[編集]

音楽活動[編集]

シカゴ交響楽団シュターツカペレ・ドレスデンサンフランシスコ交響楽団ニューヨーク・フィルハーモニックフィルハーモニア管弦楽団ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団など、世界の最も重要なオーケストラと共演し、演奏・録音活動に携わっている。

ピアニストとしてレパートリーは広く、中でもショパンリストドビュッシーラヴェルバルトークを得意としており、音楽家としてとりわけラフマニノフには格別の思い入れを寄せている。ラフマニノフの歌曲「ヴォカリーズ」のピアノ版への編曲は極めて有名である。

最近はしばしば指揮者として、とりわけブダペスト祝祭管弦楽団やハンガリー国立フィルハーモニー管弦楽団と共演しており、現在では19世紀末のロシアウィーンの音楽を中心に録音を進めている。

ドホナーニ・エルネーの作品の再評価にも関心を示している。

ショパンのワルツ全集をヘンレ版による演奏で録音している数少ないピアニストの一人である。

2011年3月25日、東日本大震災に際し、ハンガリー国立フィルハーモニーのコンサートにおいて、ハンガリーを代表するピアニストであり同フィルハーモニー音楽監督兼指揮者であるコチシュが、犠牲者への弔意を表明し、被災者への見舞いを述べた。

外部リンク[編集]