アルミホイール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アルミホイルから転送)
移動先: 案内検索
アルミホイールの一例
エンケイ製)
アルコアバストラック鍛造アロイホイール。

アルミホイール: Aluminum wheel)は、車輪の構成要素である、リムスポークハブのすべて、または大部分をアルミニウム合金を用いて製造した自動車の部品である。あえてアルミと謳わずアロイホイール(alloy wheel、合金ホイールの意)と書かれている場合も、大半はアルミ合金である。オートバイ用のものは「キャストホイール」と呼ばれることもある。

概要[編集]

機能部品としては、ホイールにアルミニウムを多用することで「バネ下」(サスペンションより下の車輪部分)重量を低減させる効果がある。「バネ上」(サスペンションより上の車体部分)に対しての相対重量として扱う場合もある。また、バネ下重量が軽くなることによって、より路面追従性が向上することや、軽快なハンドリングが行える利点がある。

しかし、アルミニウムは鉄よりも比強度が小さく疲労特性も異なるので、鋳造アルミホイールの場合は、強度に相当な余裕をもって設計しなければならないため、スチールホイールと比べて、重量による利点は思われているより小さい。メーカーオプションのアルミホイールなどの場合、安全率を大きくとっているために純正のスチールホイールより重いこともある[1]

このように一部の高価格帯商品(鍛造のアルミホイール)を除いて純正サイズでは重量による利点は小さいが、径が大きくなるにしたがって鉄製との重量差は次第に大きくなる。カー用品店等ではアルミホイール全般に軽量化のメリットがあるように謳っていることが多いが、インチアップしたホイールやタイヤの重量増のため実際には重くなることが多いので、注意が必要である。

他にも素材の特性として、スチールホイールとの比較では腐食しにくい点や、アルミニウムの熱伝導性の良さ・熱容量から、ブレーキの排熱(放熱)を効果的に行えるメリットもある。また、アルミホイールは車の外観をスタイリッシュにみせる重要な部品でもある。また、空力特性上からトヨタ・プリウスステーションワゴン版、ミニバン版のプリウスαを含む)およびトヨタ・SAIでは一部の仕様にアルミホイールにプラスチックのホイールカバーを付けている例もある。

構造はワンピース、ツーピース、スリーピースがあり、後者になるほど高価で軽量になる。製造は鋳造と鍛造があり、鍛造の方が軽量で強度が優れるが高価である。デザインは軽量でブレーキの冷却に有利なスポークタイプ(メッシュタイプ、フィンタイプを含む)、平滑で空力特性が優れるが重くなるディッシュタイプの二者に大別される。過去オイルショックの時期は空力特性重視のディッシュタイプが流行し、その後の原油価格が安い時期はパフォーマンス重視のスポークタイプが流行したが、今後原油価格が高騰するにつれてディッシュタイプが復活すると予想されている[要出典]。表面処理には切削加工+塗装、塗装、メッキ処理の3種類がある。

日本においては1966年に遠州軽合金(エンケイ)が初めて輸出用にアルミホイールの生産に成功した。

乗用車・軽貨物車用ホイール[編集]

市販乗用車用のアルミホイールは、主にドレスアップを目的として購入される製品である。同一車種でも下位~普及価格帯のグレードでは「スチールホイール+ホイールキャップ」が標準仕様となるものが、上位グレードでは「大径アルミホイール+ロープロファイルタイヤ」の組み合わせとなる場合も多い。標準仕様のほか、ディーラーオプションとしてデザインやサイズを変えて多数用意されることは珍しくない。 機能を重視するスポーツカーでの採用だけでなく、軽自動車をはじめ一般に広く普及しており、自動車用品店ではアフターマーケットパーツとして、様々なデザインのものが数多く発売されている。 かつてよりスポーツカーユーザー向けの軽量ホイールは存在していたが、近年では燃費性能の向上のため軽量ホイールを採用する車種が増えており、アフターマーケットではブリヂストンのECOFORMEシリーズなど軽量化による性能向上を謳うホイールも登場しているほか、冬季に融雪剤を散布する寒冷地・積雪地向けとして、特に対腐食性に重きを置いているアルミホイールも存在する。

一般的な自動車をスチールホイールからアルミホイールに履き替える場合、自動車検査証上の用途が「乗用」でない車両(貨物・特種・幼児専用)の場合、車両総重量が3500kgを超えるか、最大積載量が500kgを超える貨物自動車等は「トラック及びバス用軽合金製ディスクホイールの技術基準に適合したホイール(JWL-T規格)」が必要とされており、購入対象のアルミホイールが貨物自動車等に使用できるものかを確認する必要がある。それら以外の場合はJWL-T刻印のものが必要である。 平成26年2月の保安基準改正までは、貨物車等は一律JWL-Tが必要であったが、上記の通り緩和された。

大型自動車用ホイール[編集]

大型自動車では、数トン単位の自重及び積載物を支えるタイヤおよびホイールも相対的に大きくなり、相当な重量となるため、軽量化のメリットが大きい。

22.5インチアルコア鍛造アロイホイールの場合、鉄製リング式ホイールに比べ、一輪当たりで約14.27 kgの軽量化となる。強度は約4倍で、スペアタイヤを含む11輪の軽量化は燃費を約3%向上させる。[2]。その他、ホイールバランスと真円度においても、リング式ホイールに勝る。 一般的な後2軸の大型貨物車に採用される295/80R22.5サイズのスチールホイールセット重量は1本あたり100kgを超える場合があり、1台あたり約1tがタイヤの重量である。このうちホイール重量は1本あたり約40kgあり、これが同サイズのアルミホイールでは約24kgとなり、1台で160kg軽量化が可能となる。最大積載量や車両総重量、及び自動車重量税の決定上軽量化は有利であり、またレントゲン車図書館車など特殊な用途の車両では運転免許上の制約を避ける事ができるケースもある。 これらに加え、路面追従性の向上による荷痛みの防止やエアサスペンションの性能向上、ブレーキ系統の冷却性能の向上、またタイヤ摩耗延命にも期待が持てる。

大型観光バスでは乗り心地・車両美観向上及び重量軽減の観点から採用されるが、一般道しか走行しない路線バスやマイクロバスでは採用されるケースは少ない(オプションとして用意はされている)。 また、軽量化のメリットがさほど大きくない最大積載量4トン級以下の中型・小型貨物車では、アルミホイールが標準採用されるケースは少ないが、最大積載量を可能な限り多くとりたい場合や美術品輸送車等に採用される場合がある。

なお2010年から発売される平成22年排出ガス規制(ポスト新長期規制)適合車種から、ホイールがJIS規格からISO規格に変更された[3]

超軽量ホイールのデメリット[編集]

軽いホイールは路面追従性の向上が期待できるが、反面サスペンションの動きが活発化することにより、サスペンション機構を軽量ホイールに合わせて調整または変更しないかぎり、乗り心地は悪化する場合がある。特に細かな振動をも丁寧に拾うほど素早い上下動をするようになり、ロードノイズも響きやすい。レース用などの超軽量ホイールでは耐久性や強度(特に衝撃や横軸からのモーメントに対する強度)が弱くなる点[4]が挙げられる。よって、段差が多い一般路面には不向きとされる。

鏡面メッキされたホイールの危険性[編集]

近年、クロームメッキなどで極端に光を反射するように表面処理された一部のアルミホイールで、太陽光が収斂されて可燃物に照射されることで可燃物が発火し火災やボヤに至る事例が報告されており、国民生活センターなどが凹面型のメッキホイールを履いた車両の周囲に新聞紙や可燃ゴミなどの可燃物を置かないように注意を呼び掛けている[5]

種類[編集]

鋳造アルミホイール[編集]

鋳造アルミホイールは、溶かしたアルミニウム合金を型に入れて冷やし、成型する。鍛造よりデザインの制約が少なく、形状設計時の自由度が高いことから、鋳造アルミホイールにはデザイン性の高いものが多い。その反面、十分な強度を保つために肉厚とする必要があり、スチールホイールと比較しても重量におけるメリットは少ない。一般的にオプション設定されるアルミホイールの多くは鋳造が用いられている。また鍛造に比べて価格も安い傾向にある。

鍛造アルミホイール[編集]

鍛造アルミホイールは、アルミニウム合金を鍛造(高圧プレス、加熱、裂開、圧縮進展、熱処理など)成型する。生産に手間を要するために高価であり、成型時のデザイン自由度に制限がある。しかし、鋳造に比べて強度が優れ軽量に作ることができるメリットがある。その硬度故に引っ張り強度には強いが曲げ強度に弱いという側面も持つ。

最近では合金材料や製造技術が進歩し、コストもしだいに低くなっており、一部の高級車や軽量化を徹底したハイブリッド車などではライン装着(純正標準装着)にも採用されている。

関連項目[編集]

出典[編集]

参考[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 例えば、スズキ・スイフトの場合、純正の15X5.5JJ +45スチールホイール(ホイルキャップ付)の質量は一本あたり6.9 kgであるのに対して、純正の同サイズのアルミホイールの質量は一本あたり8.2 kgである。
  2. ^ ただし運送トラックなどの場合、一般的な車両と異なり、高速道路などに置ける定速走行を長時間行う環境が主になるなどの諸条件も考慮しなければならない
  3. ^ 大型トラック・バスに、新・ISO方式ホイール採用 - 日本自動車工業会
  4. ^ サーキット向けを謳った極端な超軽量ホイールの場合、マグネシウムホイール同様に走行中に縁石に乗り上げるなどの強い衝撃が加わった際に破損する危険性がある。言葉にできない - YouTubeの場合、サーキットで通常の走行を行っている際にハブボルト近辺からホイールが割れ、ホイール全体がタイヤごと外れてしまっている。
  5. ^ アルミホイールによる収れん火災に注意!-メッキ処理された凹面鏡のようなホイールについて-(商品テスト結果)_国民生活センター