自作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

自作(じさく、英:self-made)とは、自分で作ること[1]

自ら使うために何かを作ることや、自ら楽しむために作品を制作することなど。

例えば、何らかの道具を、自分が使うために、素材加工して作ったり、部品を買い集めて組み立てること。

もともと様々なものは最初は、使う人自身が作っていたものであるが、分業化が進み、いつしか作り手と使い手が別である状況が当然視されるようになって、改めて意識的に当初の状態を呼ぶために「自作」という表現は用いられている。

石器の多くは自作されたものである。古代人は多くの道具を自作した。狩りに使うなどは自作された。

新たな分野を切り開く場合、しばしば既存の道具だけでは不十分となり、しばしば自作したものも用いることになる。 ガリレオやニュートンも望遠鏡を自作した。無線通信の黎明期を担った人々も、素朴な無線機を自作した。

現代では、自作は専門家が行う場合も、アマチュアが行う場合もある。 その道の専門家や達人は、自身が使う道具を、時に自作することがある。例えば、高度に専門化、特殊化された作業を行うための道具や治具は、一般的ではないので市販されていないこともままあり、専門家は自分だけのために自分で作る、ということを行うことがあるのである。

アマチュア趣味で作る場合は、専門家が作るものと比較すると、完成度という点で見劣りがすることもある。だが反対に、コスト度外視で制作されることで、市販の製品の性能を越える場合もある。

プログラマーはしばしば自分だけが使うためのツール(「ツール」と呼ぶ、何らかの目的のための、道具的なプログラム)を自作する。 また高級プログラミング言語では、自身が使うための関数を、自分でプログラム内で宣言して自分で作り、そのプログラム内で使うことができる仕様になっていることが一般的である。

自作に関する記事[編集]

関連項目[編集]

  • ^ 広辞苑