アジアハイウェイ4号線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アジアハイウェイ
Tabliczka AH4.svg
AH-4
アジアハイウェイ4号線
地図
Asian Highways.png
路線延長 4,811km
起点 ロシアの旗 ロシア連邦ノヴォシビルスク州ノヴォシビルスク
アジアハイウェイ6号線と接続)
主な経由国 ロシアの旗 ロシア
モンゴルの旗 モンゴル
中華人民共和国の旗 中国
 パキスタン
終点 パキスタンの旗 パキスタンシンド州カラチ
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

アジアハイウェイ4号線(アジアハイウェイ4ごうせん)は、アジアハイウェイの路線の一つで、総延長は4,811km[1]である。

概要[編集]

起点はロシア連邦ノヴォシビルスク州ノヴォシビルスクで、アジアハイウェイ6号線から分岐した後南下し、アルタイ地方アルタイ共和国を通りモンゴルの西端部に入る。かつてはモンゴル・中国国境からウルムチまでの設定はなかったが、現在は道路が整備されたため、アルタイ地区チンギル県からG216国道などを経由してウルムチに至る。その後ウルムチからカシュガルまではかつての天山南路とほぼ同じルートとなる。

カシュガルからカラコルム・ハイウェイとなるアジアハイウェイ4号線は、クンジュラブ峠を越えてパキスタンフンザ地域に入るが、2010年1月4日に発生した土砂災害によってフンザ川英語版の渓谷の一部がせきとめられ、長さ18kmに及ぶアッタバード湖が形成されたため、この区間は(2013年1月)現在も不通となっており、渡し船による代替輸送を行っている。アッタバード湖を抜けると、フンザ観光の中心地カリーマーバード英語版があり、ギルギット・バルティスタン州ジャグロット英語版からカイバル・パクトゥンクワ州サーコット英語版までインダス川沿いに南下した後、パンジャーブ州ハッサナブダル英語版アジアハイウェイ1号線と合流し、州都ラホールまで重複区間となる。

ラホールから先はアジアハイウェイ2号線との重複区間となるが、シンド州サッカル地区英語版ローリ英語版でアジアハイウェイ2号線と分岐し、再びインダス川沿いに南下する。その後、ハイデラバードでインダス川を渡り、シンド州州都のカラチが終点となる。

経路[編集]

ロシア連邦[編集]

アルタイ地方のロシア連邦道路M52

モンゴル[編集]

中華人民共和国[編集]

パキスタン[編集]

脚註[編集]

  1. ^ Asian Highway Handbook (PDF)”. UNESCAP (2003年). 2012年4月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年1月7日閲覧。

出典[編集]

関連項目[編集]