ハイデラバード (パキスタン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハイデラバード
Hyderabad
حیدرآباد
座標 : 北緯25度22分45秒 東経68度22分6秒 / 北緯25.37917度 東経68.36833度 / 25.37917; 68.36833
行政
パキスタンの旗 パキスタン
  シンド州
 県 ハイデラバード県
 市 ハイデラバード
City Nazim Kanwar Naveed Jamil
人口
人口 (2015年現在)
  市域 3,429,471人
その他
等時帯 PST (UTC+5)
市外局番 022
公式ウェブサイト : http://www.hyderabad.gov.pk/

ハイデラバード (Hyderabad、ウルドゥー語シンド語حيدر آباد) は、パキスタンシンド州の都市である。かつてはシンド州の州都であったが、現在はハイデラバード県の県庁所在地である。香水の都として知られ、「街の街路が香水で毎日洗い清められた」という伝承にちなみパキスタン建国以前には「インドのパリ」とも称された。ハイデラバードの気候は気温・湿度ともに高い。同地域のシンド語文学運動の舞台となり、多くの詩人の生誕地でもある。文化と伝統に恵まれ、世界最大の腕輪 (バングル) 生産地でもあり、シンド州の都市部と地方を結ぶ交通の要所である。2015年の人口は約343万人。

歴史[編集]

イスラム化以前[編集]

紀元前2600年紀元前1800年インダス文明時代、ムルタン地区は農業地域と森林だった。

紀元前1500年紀元前500年ヴェーダ時代中央アジアからインド・アーリア人インダス川地域に侵入し定住した。この小さな漁村は不毛の丘によって洪水から守られていた。この村はネルーン・コトゥ(نيرون ڪوٽ)(ネルーンが来た場所)として知られるようになった。丘の上の小さな石灰岩は誓いの場所とされ、僧侶が村が交易で繁栄している事に感謝した。豊かだが武器を殆ど持たないこの村は外敵に狙われ易かった。

636年チャチュ・ナーマによるとブラフマナバードアフガム・ロハナが支配していた。

イスラムによる征服[編集]

兵を率いるムハンマド・ビン・カシム(711~712年)

711年ムハンマド・ビン・カシムが町を征服した。

712年中頃までに、イスラム軍はシンド州の大部分を征服した。アラブ人の短い支配の後、イスラム教に改宗した地元のソムルー族が支配を引き継いだ。

997年アフガニスタンガズナ朝サブク・ティギーン王が、息子のマフムード王に王位を譲った。

1005年、マフムード王はカブールシャヒ王国を征服した。続いてシンド州を征服した。

1206年デリー・スルターン朝が征服した。スーフィズム伝道師がイスラム教を広め、ダルガー(イスラム神社)がシンド中に造られた。

1351年サンマ朝が征服した。ソムルー族の法律は引き継がれた。

1524年アフガニスタンアルグン朝が征服した。

1554年北インドムガル帝国が征服した。この新しい支配者はネルーンの住民と結婚し、土地に定着していった。

17世紀後半、ムガル帝国によるシンド州の支配が弱まった。

1701年、ヤー・ムハンマド・ハーン・カルホラは実質的にシンド州の支配者になった。彼は地域で最有力のカルホラ族(کلہوڑ)の出身だった。

カルホラ朝・タルプル王国[編集]

パッコ・チッロ砦

1757年頃、インダス川はモンスーンによる大洪水で流路が変わった。ミアン・グラム・シャー・カルホラがシンド王になった時、首都クダバード(ダドゥの近く)は何度も洪水に見舞われていた。ミアン王はより良い場所に首都を移す事を決めた。ミアン王時代はシンドの黄金時代と言われている。 [1]

1768年、ミアン王は古都ネルーン・コトゥの上にパッコ・チッロ砦を中心に新首都ハイデラバードを建設した。ムハンマドの義理の息子のハイダルが名前の由来である。

1789年タルプル王国のミー・ファテー・アリ・ハーン・タルプルがカルホラ王国からハイデラバードを奪った。 [1]

1792年、ミー王は正式にハイデラバードに入城し首都とした。彼はパッコ・チッロ砦を住居兼王宮とした。クダバードから多くの住民が新首都に移住した。

1843年2月17日、タルプル王国とイギリスの間でミアニの戦いが始まった。3月24日、タルプル王国はイギリスに降伏した。その後イギリスはシンド州全体を征服した。州都はイギリス東インド会社の有るカラチに移された。王族はカルカッタ近郊で幽閉された。王族の遺体はイギリスの許しを得て、ハイデラバードが始まった場所であるガンジョ丘に埋葬された。 [2] [1] [1]

イギリス植民地時代[編集]

1853年、ハイデラバード市が設置された。 [2]

1857年インド大反乱が起きた。

1861年、イギリスはパッコ・チッロ砦を武器庫として利用した。 [2]

1872年、人口は4万3088人だった。

1881年、人口は4万8153人に増加した。

1886年北西鉄道が開通し、ラホールカブールと結ばれた。

1891年、人口は5万8048人に増加した。

1901年、人口は6万9378人に増加した。市民の64%がヒンドゥー教徒で、35%がイスラム教徒、1%がキリスト教徒だった。キリスト教徒はイギリス兵の他に改宗した住民も居た。ボンベイ管轄区で7番目に人口が多かった。 [2] [2] 人口増加に対応する為に、イギリスは水道を広い範囲に設置した。 [2]

パキスタン独立[編集]

1947年、パキスタンは独立を果たした。ムスリムの殆どが全インド・ムスリム連盟パキスタン運動を支援した。少数派のヒンドゥー教徒シク教徒インドに移住し、逆にインドからムスリムがハイデラバード地区に移住した。パキスタン運動以前、ハイデラバードには多くのシンド・ヒンドゥーが暮らし、交易や商業を行っていた。彼らは独立後もシンド州で暮らせると考えていたが、インドへの移住を強制された。インドからの移住者(ムハジル)によって多くの暴力事件が起きた。シンド・ヒンドゥーの財産はムハジルに奪われた。ムハジルは主にヒラバード地区の土地を受け取った。人口増加に伴いパキスタン政府は2つの郊外地区をハイデラバードに新設した。ムハジルによって、シンド州で2番目に人口が多くなった事で、再び州都になった。

1953年、自治体になった。

1955年カラチに州都が移った。

1980年代、多数派のシンド人と新住民のムハジルの間で抗争が続き、社会は分断された。 [3]

1988年、ヒラバード地区からラティファバード地区までの道には遺体が散乱していたと報告された。1日で60人が、暴動全体で250人が殺害された。その反動で、カラチでは60人以上のシンド語を話す人々が銃殺された。 [3] [4] 2000人の警官が暴動を鎮圧しようとしたが失敗した。また、民族で棲み分けが進んだ。 [3][5][6][7][8][9][10][11][12]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Mir Atta Muhammad Talpur. “The Vanishing Glory of Hyderabad (Sindh, Pakistan)”. UNIOR Web Journals. 2008年4月1日閲覧。
  2. ^ a b c d e f Hyderābād City – Imperial Gazetteer of India v. 13, p. 321”. Imperial Gazetteer of India. 2008年4月3日閲覧。
  3. ^ a b c Pakistan Backgrounder”. South Asia Terrorism Portal. 2008年4月14日閲覧。
  4. ^ http://www.pildat.org/publications/publication/Conflict_management/EthnicConflictinSindhOctober2011.pdf
  5. ^ http://www.nytimes.com/1988/10/02/world/ethnic-rioting-in-karachi-kills-46-and-injures-50.html
  6. ^ Col. Ved Prakash. Encyclopaedia of Terrorism in the World, Volume 1. Kalpaz publication. ISBN 978-81-7835-869-7. https://books.google.com.pk/books?id=-9iF9n2a80EC&pg=PA367&dq=Urdu-Sindhi+riots+of+1988&hl=en&sa=X&ved=0CCEQ6AEwAWoVChMIkZC2nuPwxwIVRlgaCh3PSQcy#v=onepage&q=Urdu-Sindhi%20riots%20of%201988&f=false 2015年9月12日閲覧。. 
  7. ^ Oskar Verkaaik, by. Migrants and Militants: Fun and Urban Violence in Pakistan. Princeton university press. https://books.google.com.pk/books?id=Mw6rMHMTe5QC&pg=PA189&dq=Urdu-Sindhi+riots+of+1988&hl=en&sa=X&ved=0CCYQ6AEwAmoVChMIkZC2nuPwxwIVRlgaCh3PSQcy#v=onepage&q=Urdu-Sindhi%20riots%20of%201988&f=false 2015年9月12日閲覧。. 
  8. ^ Alyssa Ayres, By. Speaking Like a State: Language and Nationalism in Pakistan. Cambridge University press. https://books.google.com.pk/books?id=FddJQi1dQ30C&pg=PA54&dq=Urdu-Sindhi+riots+of+1988&hl=en&sa=X&ved=0CEMQ6AEwB2oVChMIkZC2nuPwxwIVRlgaCh3PSQcy#v=onepage&q=Urdu-Sindhi%20riots%20of%201988&f=false 2015年9月12日閲覧。. 
  9. ^ Papiya Ghosh, By. Partition and the South Asian Diaspora: Extending the Subcontinent. Routledge. ISBN 0-415-42409-7. https://books.google.com.pk/books?id=xP4jAwAAQBAJ&pg=PA120&dq=Urdu-Sindhi+riots+of+1988&hl=en&sa=X&ved=0CEkQ6AEwCGoVChMIkZC2nuPwxwIVRlgaCh3PSQcy#v=onepage&q=Urdu-Sindhi%20riots%20of%201988&f=false 2015年9月12日閲覧。. 
  10. ^ Nichola Khan. Mohajir Militancy in Pakistan: Violence and Transformation in the Karachi. Routledge. https://books.google.com.pk/books?id=m2yMAgAAQBAJ&pg=PA33&dq=Urdu-Sindhi+riots+of+1988&hl=en&sa=X&ved=0CDoQ6AEwBjgKahUKEwiej_Hh5vDHAhWKtBoKHSEzDvE#v=onepage&q=Urdu-Sindhi%20riots%20of%201988&f=false 2015年9月12日閲覧。. 
  11. ^ Michel Boivin (2008). Sindh Through History and Representations: French Contributions to Sindhi Studies. Oxford University Press. pp. 146. https://books.google.com.pk/books?id=bXYMAQAAMAAJ&q=Urdu-Sindhi+riots+of+1988&dq=Urdu-Sindhi+riots+of+1988&hl=en&sa=X&ved=0CB4Q6AEwATgUahUKEwjmj5uc5_DHAhWLSRoKHXUdBeE 2015年9月12日閲覧。. 
  12. ^ Hari Sharan Chhabra (1994). World Focus, Volume 15. H.S. Chhabra. https://books.google.com.pk/books?id=-ydnAAAAMAAJ&q=Urdu-Sindhi+riots+of+1988&dq=Urdu-Sindhi+riots+of+1988&hl=en&sa=X&ved=0CEYQ6AEwCTgUahUKEwjmj5uc5_DHAhWLSRoKHXUdBeE 2015年9月12日閲覧。.