グジュラーンワーラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
グジュラーンワーラから転送)
移動先: 案内検索
グジュラーンワーラー
گجرانوالہ
Nmgc.jpg
座標 : 北緯32度9分29秒 東経74度10分56秒 / 北緯32.15806度 東経74.18222度 / 32.15806; 74.18222
行政
パキスタンの旗 パキスタン
  パンジャーブ州
 県 グジュラーンワーラー県
 市 グジュラーンワーラー
City Nazim Fayyaz Ahmad Chattha
地理
面積  
  市域 3,198 km2 (1,235 mi2)
標高 213 m (700 ft)
人口
人口 (2015年現在)
  市域 2,723,009人
その他
等時帯 パキスタン標準時 (UTC+5)
市外局番 055

グジュラーンワーラーウルドゥー語:گجرانوالہ, 英語:Gujranwala)は、パキスタンパンジャーブ州の都市である。2015年の人口は約272万人である。海抜226mである。

歴史[編集]

ランジート・シング
Old photo of low, round building with trees, a man and a horse in front
1865年の地区議会

帝国インド地名辞典」によると、グルジャル族が設置した。後に定住したイランジャート族がカンプールと改名したが、古い名前が残った。 [1] [2]

7世紀初頭、ラージプート王国がパキスタン東部とインド北部を支配した。

630年玄奘三蔵がグジュラーンワーラー近郊のツェキアを訪れた。

997年ガズナ朝マフムード王が父のサブク・ティギーン王から王位を受け継いだ。

1005年カブールシャヒ王国を征服し、続いてパンジャーブ地方西部を征服した。パンジャーブ地方東部(ムルターンラーワルピンディー、グジュラーンワーラー)は1193年までラージプート王国が支配した。

ムガル帝国の衰退後、シク王国がグジュラーンワーラーを支配した。

1707年ムガル帝国アウラングゼーブ王が亡くなった。シク王国はパンジャーブ地方を獲得した。

1780年11月13日シク王国の君主であるランジート・シングがこの地で誕生した。彼の父と祖父はグジュラーンワーラーを重要視した。 [1]

1802年、ランジート・シングは王国の首都をグジュラーンワーラーからラホールへと遷都した。

1848年イギリスがこの地域を征服した。

1867年、自治体に昇格し、北西鉄道カルカッタカラチと繋がった。 [1] [1]

1901年の人口は2万9224人だった。

交通[編集]

鉄道、高速道路、河川交通の中心地であり、地方産品輸出のドライポート(陸上港)として機能している。

最寄の空港

人口[編集]

1998年の人口は1,132,509人。

脚注[編集]

外部リンク[編集]