アジアハイウェイ6号線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アジアハイウェイ

Tabliczka AH6.svg

AH-6
アジアハイウェイ6号線
地図
Asian Highways.png
路線延長 10,533km
起点 韓国の旗大韓民国釜山広域市中区中央洞
主な経由国 韓国の旗 韓国
朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮
ロシアの旗 ロシア
中華人民共和国の旗 中国
ロシアの旗 ロシア
カザフスタンの旗 カザフスタン
ロシアの旗 ロシア
終点 ロシアの旗ロシア連邦スモレンスク州クラスニンスキー地区英語版ロシア・ベラルーシ国境
欧州自動車道路E30号線と接続)
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

アジアハイウェイ6号線(アジアハイウェイ6ごうせん)はアジアハイウェイの路線の一つで、総延長は10,533km[1]である。

概要[編集]

起点は大韓民国釜山広域市中区中央洞から日本海沿岸を通り、北朝鮮を経由してロシア連邦沿海地方に入った後、ウスリースクから西に向かい、中華人民共和国を経由して再びロシア連邦に入る。チタからはシベリア鉄道とほぼ同じルートをたどるが、アジアハイウェイ6号線はオムスク州から190km程カザフスタン領を通過する。その後、アジアハイウェイ6号線はクルガン州から三度ロシア連邦に入り、モスクワを通り抜けた後、スモレンスク州クラスニンスキー地区英語版のロシア・ベラルーシ国境が終点となる。

なお、オムスク州オムスクから終点のスモレンスク州クラスニンスキー地区までの区間はTabliczka E30.svg欧州自動車道路E30号線との重複区間である。

経路[編集]

大韓民国[編集]

アジアハイウェイ6号線起点(釜山広域市中区)

朝鮮民主主義人民共和国[編集]

ロシア連邦[編集]

中華人民共和国[編集]

ロシア連邦[編集]

イルクーツク~クラスノヤルスク間のロシア連邦道路R255

カザフスタン[編集]

ロシア連邦[編集]

リャザン州スパスキー地区英語版のロシア連邦道路M5

脚註[編集]

  1. ^ Asian Highway Handbook (PDF)”. UNESCAP (2003年). 2013年1月7日閲覧。

出典[編集]

関連項目[編集]