E30号線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
欧州自動車道路
Tabliczka E30.svg
E30号線
地図
E30 route.svg
路線延長 5800km
北端 アイルランドの旗 アイルランドキルケネス
主な経由国 アイルランドの旗 アイルランド
イギリスの旗 イギリス
オランダの旗 オランダ
ドイツの旗 ドイツ
ポーランドの旗 ポーランド
 ベラルーシ
ロシアの旗 ロシア
南端 ロシアの旗 ロシアオムスク
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

E30号線 (: European route E30) は欧州自動車道路のAクラス幹線道路。ヨーロッパを東西に走っている。アイルランドコークからイギリスオランダドイツポーランドベラルーシを経由してロシアオムスクまで延びている。

E30号線は欧州自動車道路の中でも最長のルートの一つであり、距離はおおよそ5800kmにも及ぶ。(このうちコーク-モスクワ間3300km、モスクワ-オムスク間が2500km)。欧州経済委員会が命名した。

一般的にこの道はコークからサマーラまでであり4912kmと報告されることもある。1985年まではロンドン-ベルリン-ブレスト間を走っておりE8号線という名称であった。

なお、ロシアの側の区間はアジアハイウェイ6号線にも指定されている。

経路[編集]

経過する主要都市[編集]

アイルランド[編集]

ロスレア(アイルランド)とフィッシュガード(イギリス)の間には1日2便のフェリーが就航しており、所要時間はおよそ3時間。

イギリス[編集]

ホック・フォン・ホランドに向かうフェリーは実際はフィリックストゥーより南にオーウェル川を越えたハリッジから出ており、E32を通る。1日4便のフェリーが就航しており、所要時間はおよそ4時間。貨物フェリーはフェリックストゥーからも出ている。

オランダ[編集]

ドイツ[編集]

ポーランド[編集]

ベラルーシ[編集]

ロシア[編集]