アジアハイウェイ8号線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アジアハイウェイ
Tabliczka AH8.svg
AH-8
アジアハイウェイ8号線
地図
Asian Highways.png
路線延長 4,435km
起点 ロシアの旗ロシア連邦レニングラード州ヴィボルグスキー地区英語版トルフィノブカフィンランド・ロシア国境
Tabliczka E18.svg欧州自動車道路E18号線英語版と接続)
主な経由国 ロシアの旗 ロシア
アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン
イランの旗 イラン
終点 イランの旗イランフーゼスターン州バンダレ・エマーム・ホメイニー
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

アジアハイウェイ8号線(アジアハイウェイ8ごうせん)は、アジアハイウェイの路線の一つで、 総延長は4,435km[1]である。

概要[編集]

起点はロシア連邦レニングラード州ヴィボルグスキー地区英語版トルフィノブカで、ヴィボルグからカレリア地峡を通りサンクトペテルブルクに向かった後、サンクトペテルブルクから南東に進路を変え、ノヴゴロドモスクワを通り、ボルゴグラードからはボルガ川南岸沿いを通る。カザフスタン国境近くのアストラハンからはカスピ海沿いに南下し、カルムイク共和国ダゲスタン共和国を通り抜けてアゼルバイジャンに入る。

ヨーロッパからアジアに入ったアジアハイウェイ8号線は首都バクーを通り、アゼルバイジャンからイランに入ることで、起点から続いた欧州自動車道路との重複区間が終わる。イランに入ったアジアハイウェイ8号線はギーラーン州ラシュトでカスピ海を離れて南下し、ガズヴィーン州ガズヴィーン アジアハイウェイ1号線と合流してテヘランに向かう。その後、アジアハイウェイ8号線はテヘラン西郊を通って再び南下し、イラク国境に近い港町であるフーゼスターン州バンダレ・エマーム・ホメイニーが終点となる。

なお、アジアハイウェイ8号線はイラン国内の一部区間を除き、他のアジアハイウェイ及び欧州自動車道路との重複区間となっている。

経路[編集]

ロシア連邦[編集]

ノヴゴロド州のロシア連邦道路M10

アゼルバイジャン[編集]

M2幹線道路

イラン[編集]

テヘラン~サヴェ間の高速道路5号線

国境[編集]

国境通過点
通過国1 通過国2 位置
 フィンランド ロシアの旗 ロシア 北緯60度36分16.8秒 東経27度52分24.5秒 / 北緯60.604667度 東経27.873472度 / 60.604667; 27.873472 E18号線英語版との重複区間
ロシアの旗 ロシア アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン 北緯41度38分15.0秒 東経48度25分04.7秒 / 北緯41.637500度 東経48.417972度 / 41.637500; 48.417972 E119号線との重複区間
アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン イランの旗 イラン 北緯38度26分27.1秒 東経48度52分33.1秒 / 北緯38.440861度 東経48.875861度 / 38.440861; 48.875861 E119号線との重複区間

脚註[編集]

  1. ^ Asian Highway Handbook (PDF)”. UNESCAP (2003年). 2012年4月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年1月10日閲覧。

出典[編集]

関連項目[編集]