アイスランド・エクスプレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アイスランド・エクスプレス
Iceland Express
IATA
5W
ICAO
AEU
コールサイン
FLY STAR
設立日 2002年
保有機材数 5
就航地 17
親会社 Fengur
本拠地 アイスランドレイキャビク
代表者 Matthías Imsland(最高経営責任者
外部リンク http://www.icelandexpress.com

アイスランド・エクスプレス英語:Iceland Express)は、アイスランドレイキャビクに本拠地を置く格安航空会社である[1]。リース機を使用しヨーロッパ北アメリカの17の目的地に就航している。ケプラヴィーク国際空港ハブ空港とする。

歴史[編集]

2002年設立。アストライオス航空からウェット・リースしたボーイング737-300機を使用して、2003年2月27日からロンドン・スタンステッド空港およびコペンハーゲン国際空港行き毎日運行を開始した。リース契約先はその後ジェットエックス航空JetX Airlines、ついでハロー航空Helloへと変更された。2008年にロンドン航路をロンドン・ガトウィック空港行きに変更。2009年11月2日からはガトウィック空港便と合わせ、スタンステッド空港へも再び週2便の就航を行なっている。

2008年秋、アストライオス航空がボーイング737機2機を使用し、アイスランド・エクスプレスに代わって全便を再び運行することになった。アストライオス航空の親会社はアイスランドの投資グループ・ノーザントラベルホールディングNorthern Travel Holdingであったが、ノーザントラベルホールディングは2008年9月にフォンス・エイクナルハルトスフィエーラーグFons Eignarhaldsfelag[2]に完全買収され、フォンス倒産前に姉妹企業のフェインキュルFengurに通知なく譲渡された。フォンスはフェインキュルの主要株主2者によって設立された企業である。

フォンスはアストライオス航空の51%の株式取得に合意し最大株主となった。取得費用は500万ポンドと報道されている。これによりアイスランド・エクスプレスは傘下企業として支援を受けることになり、アメリカ大陸への格安便就航につながった。アストライオスとアイスランド・エクスプレスは引き続き独立運営され、アイスランド・エクスプレスによる2007年春からのアイスランド発ニューヨーク行き、ボストン行き航空便運行開始時には、アストライオス航空からアイスランド・エクスプレスにボーイング757-200機が貸与されたものと考えられている。

2010年6月からは季節限定で、アストライオス航空からリースしたボーイング757機を使用して、ニューアーク・リバティー国際空港へ週4便、ウィニペグ国際空港へ週2便の長距離直行便の運行を開始した。

2011年6月からシカゴボストンダブリンベルファストへ就航することを発表している。

就航地[編集]

An Iceland Express Boeing 737-700 operated by Astraeus
An Iceland Express MD-90 operated by Hello

ヨーロッパ[編集]

デンマーク
フランス
ドイツ
アイスランド
アイルランド
イタリア
ルクセンブルク
オランダ
ノルウェー
ポーランド
スペイン
スウェーデン
スイス
イギリス

北アメリカ[編集]

カナダ
アメリカ合衆国

航空機[編集]

アイスランド・エクスプレス
機種 機数 定員 備考
ボーイング737-300 1機 148名 アストライオス航空からのリース機
ボーイング737-700 2機 148名 アストライオス航空からのリース機
ボーイング757-200 2機 アストライオス航空からのリース機

アイスランド・エクスプレスが過去運行していた航空機:

脚注[編集]

  1. ^ "The Company" Iceland Express 2010年7月8日閲覧
  2. ^ eignarhaldsfelagは「持株会社」の意

外部リンク[編集]