いつもの朝に

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
いつもの朝に
ボブ・ディラン楽曲
収録アルバム 時代は変る
リリース 1964年1月13日
録音 ニューヨーク、コロムビア・レコーディング・スタジオ(1963年10月24日)
ジャンル フォーク
時間 2分41秒
レーベル コロムビア・レコード
作詞者 ボブ・ディラン
作曲者 ボブ・ディラン
プロデュース トム・ウィルソン

時代は変る 収録曲
Side 1
  1. 時代は変る
  2. 「ホリス・ブラウンのバラッド」
  3. 「神が味方」
  4. いつもの朝に
  5. 「ノース・カントリー・ブルース」
Side 2
  1. 「しがない歩兵」
  2. スペイン革のブーツ
  3. 「船が入ってくるとき」
  4. 「ハッティ・キャロルの寂しい死」
  5. 「哀しい別れ」

いつもの朝に」(原題: One Too Many Mornings)は、ボブ・ディランが1964年に発表した楽曲。

概要[編集]

1963年10月24日ニューヨークのコロムビア・レコーディング・スタジオで録音された[1]1964年1月13日発売の3作目のアルバム『時代は変る』に収録。

別バージョンは以下のとおり。

恋人との別離が歌われる。最後に語り手は次のように述べる。「君の立場からすれば君が正しく/僕の立場からすれば僕が正しい/僕らは二人ともひとつだけ余分に朝を迎え/千マイルも彼方にいる」

カバー・バージョン[編集]

脚注[編集]