UD M42 (SMG)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
United Defense M42
United Defence M42.jpg
United Defense M42
種類 軍用短機関銃
製造国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
設計・製造 ユナイテッドディフェンス社・ハイスタンダード社
仕様
種別 短機関銃
口径 9mm
銃身長 279mm
使用弾薬 9mm x 19
装弾数 20連発
作動方式 ストレート・ブローバック、オープンボルト
全長 820mm
重量 4.1kg
発射速度 700発/分
有効射程 100-200m
歴史
設計年 1942年~1943年
配備先 アメリカ軍 OSS 中華民国
関連戦争・紛争 第二次世界大戦
製造数 15,000丁
テンプレートを表示

UD M42(United Defense M42)は、第二次世界大戦アメリカ合衆国で開発された短機関銃である。

開発経緯[編集]

1942年から1943年1941年からという説もあり)の間にユナイテッドディフェンス(アメリカ政府によって設立された兵器開発を主とした組織)によって開発され、第二次世界大戦中のアメリカ軍情報機関OSS(Office of Strategic Services)の工作員専用機関銃として当時不足気味であったトンプソン・サブマシンガンの代替として開発された物である。

開発段階でのM42は9mmパラベラム弾バージョンと.45ACP弾バージョンが作成されたが、選考の後に、ヨーロッパでの弾薬補給が容易な9×19mmバージョンが大戦を通して多く生産されることになった。(.45ACPバージョンは試作用に6丁製作されたのみ)発射機関部はガスオペレーション式を採用し、フルオート・セミオート射撃の切換えが可能、構造も全体的に簡単な作りになっていた。また20発入りの弾倉を使用し、M42の最大の特徴として装填中の弾倉前部に逆さに予備弾倉を装着することが出来た。

開発後、M42はアメリカの銃器メーカーであるハイスタンダード社によって量産され、最終的には約15,000丁が量産された。それらは終戦までの三年間に渡って主にOSSやアメリカ軍に対して供給された。また西部戦線においてもOSSから空中輸送されたM42が現地パルチザンによって使用され、さらに東アジア方面では国民革命軍に譲渡されたM42が戴笠が指揮するレジスタンスによって日本軍との交戦でも使用されている。

関連項目[編集]