コルトM1903

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Colt M1903
Colt 1903 right side.jpg
コルトM1903
概要
種類 自動式拳銃
製造国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
設計・製造 コルト・ファイヤーアームズブローニング・アームズ
性能
口径 .32口径(7.65mm、M1903)
.38口径(9mm、M1908)
銃身長 127mm
使用弾薬 .32ACP弾(M1903)
.380ACP弾(M1908)
装弾数 8+1発(M1903)
7+1発(M1908)
作動方式 ブローバック
全長 205mm
重量 930g

コルトM1903は、銃器設計者として知られるジョン・ブローニングが設計し、アメリカコルト社が製造した自動拳銃である。一般には「コルト.32オート」の名で知られている。

特徴[編集]

特徴としてはハンマーがスライドに内蔵されており、マニュアルセフティ(指で扱う安全装置)とグリップセフティ(グリップを握りこむことで解除される安全装置)の二つの安全装置を持つことが挙げられる[1]。ただし、このような安全装置が設けられたのは後期であり、製造番号468096までは安全装置は設けられていなかった。撃鉄内蔵型でローディングインジケータがないことから、薬室への充填状況が確認しづらいことも相まって、暴発事故が多発したために安全装置が設けられたという経緯がある。この暴発事件を題材にした映画『タップス』も存在し、過去の銃が持つこの欠点を題材にしている点が見どころであると評価されている[2]

第二次世界大戦の高級将校、航空搭乗員の護身目的などで使用されたほか、小型で携行しやすいこと、撃鉄内蔵型であるために銃を隠し持ち、有事に抜き撃ちをする必要性から、諜報員や工作員にもよく使用されたといわれる[2]

ブルーフィニッシュの標準モデルの他にニッケル鍍金が施されたものもあり、小型軽量で信頼性が高い為、かつては多くの軍隊警察機関で使用されていた。この他、ベルギーのFN社とアメリカのブローニング・アームズ社でも同じ仕組みを持つM1903ピストルが生産されていた。また、派生型のコルトM1908[3]も存在し、これは世界で最初に.380ACP弾を使用する拳銃である。

M1903は大日本帝国陸軍の将校にM1910に次ぐ人気があった。また、かつての日活アクション映画によく登場した銃(日活コルト)として、日本でも知名度が高い。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ この安全装置は、ハンマーがコッキングポジションにあるときのみマニュアルセフティがオンになり、同時にグリップセフティも握りこむことができるという仕組みになっている。
  2. ^ a b 白石光 (2009-07-28). ヒーローたちのGUN図鑑. 学習研究社. pp. pp.12-13. ISBN 978-4-05-404231-5. 
  3. ^ .380ACP弾仕様のコルトM1908を同社のコルト・ベスト・ポケット(別名:コルトM1908 ベストポケット)と混合されることがあるがメカニズムと口径が異なっている。こちらは、FN・M1906を原型に作られたものである。