KAGAYA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

KAGAYA(カガヤ、1968年4月5日 - )とは、日本男性イラストレーター。本名は加賀谷穣(かがや ゆたか)。

人物[編集]

埼玉県立浦和高等学校卒業、東京デザイナー学院グラフィックデザイン科出身。星座風景ギリシャ神話の人物などをモチーフにした絵を主に手掛けている。

弟は作曲家の加賀谷玲。イラストレーターの貴希とSHUは元アシスタントである。

来歴[編集]

埼玉県生まれ。幼少期より星座やギリシャ神話に親しむ。高校時代、自身が望む天文学者かイラストレーターかという将来の選択肢のうち後者をめざし、専門学校卒業後の1991年に本名名義でイラストレーション解説本「四季の星座百科」を発表。

1995年以降、絵の製作は全てデジタルペインティングを用いている。

活動[編集]

自身の額縁絵画・画集・ポストカードなどの販売や月刊「星ナビ」や星座ガイドブックなど天文関係の書物へのイラスト提供など活動は多岐に渡る。

近年はプラネタリウム番組のアニメーション製作も手掛け2006年に第一作、銀河鉄道の夜を公開した。

また2003年9月には彼の功績を称え、小惑星ナンバー11949に、本名である「kagayayutaka」と名付けられた。

2011年12月に開催されたNANA MIZUKI LIVE CASTLEでは、湾曲した天井である東京ドームでは初となるプラネタリウムによる演出を手掛けた。

2013年9月にオーチャードホールにて開催の冨田勲×初音ミク 無限大の旅路~イーハトーヴ交響曲~では、壁面に銀河鉄道の夜をイメージした映像を投影する演出を担当。

作品リスト[編集]

画集[編集]

  • スターリーテイルズ(2003年 河出書房新社刊)
  • セレスティアル・エクスプローリング(2005年 河出書房新社刊)
  • 銀河鉄道の夜(2009年 河出書房新社刊)
  • ステラ メモリーズ(2012年 河出書房新社刊)

外部リンク[編集]