HOBBY's JUMP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

HOBBY's JUMP』(ホビーズジャンプ)は、1983年から1988年にかけて刊行された『月刊少年ジャンプ』(集英社)の増刊。全16号。

現在の『Vジャンプ』の原型とも言える雑誌で、漫画作品の他にコンピュータゲームプラモデルラジコンなどの情報も掲載されていた。また、末期にはメンズファッションの記事なども掲載されていた。

ゲーム関連記事ではファミコンMSXセガ・マークIIIをバランス良く取り上げていた。

なお、パソコン関係のソフトの紹介コーナーでは少年誌でありながら『天使たちの午後』や『ロリータシンドローム』などのアダルトゲームも堂々と掲載する事もあった。[1]

主な掲載作品[編集]

  • プラモ道入門(秋本治
  • パソコンワールド(ビッグ錠
  • ネットワーク戦士(矢野健太郎):『ホビーズジャンプ』中期から最後まで連載。当時の最先端であった音響カプラでのパソコン通信を題材にしたSF作品。集英社から単行本は出ず、後年、学研のノーラコミックスから単行本化された。
  • 爆裂拳 バム(かとうりゅうじ)

脚注[編集]

  1. ^ 1985年11月20日発行、Vol.7(http://gametanteidan.blog94.fc2.com/blog-entry-37.html