GNOME Calculator

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Gcalctool-basic-ja.png

Gcalctool(ジーカルクツール)は、UNIX系のオペレーティングシステムデスクトップで利用可能な卓上計算機である。Calculatorとも呼ばれる。

概要[編集]

Gcalctool は、GNOMEデスクトップ環境で動作する。四則演算だけでなく、関数機能も備えている。これは、GPLのもとで配布されているフリーなソフトウェアである。

開発の経緯[編集]

Rich Burridge の努力によって、 GNOME 2.4 には、Gcalctool が入ることになった。これは、それ以前 Calctool という名称で公開されてきた計算機の新バージョンであった。もともとは、1980年代後半に、 comp.sources.unix で発表されたものである。Gcalctool は gnome-utilsパッケージの中に入っていた GNOME Calculator に取って変わるものである。[1]

機能[編集]

基本モード[編集]

表示モードが4種類存在する。初期設定となっている標準モード(Gcalctool では「基本モード」と呼ばれる)では、一般的な四則演算が行える。40桁までの数字が入力可能である。基本モードに平方根、逆数、百分率、二乗などの機能ボタンを追加した、「拡張モード」も用意されている。キーボードから直接入力できるように、ショートカットも設定されてある。計算は、左から右へと行われ、算術上の優先順位は効かないので、算術上の優先順位が必要ならば、かっこを使う必要がある。

なお、標準モードの他に、以下の表示モードも備えている。

財務モード[編集]

複雑な財務機能が利用できる。

科学モード[編集]

三角関数対数、論理機能など、数学機能が利用でき、ユーザが定義した機能や定数の保存も可能となっている。10進法以外に、2進法8進法16進法でも使用できる。

注釈[編集]

  1. ^ http://www.gnome.gr.jp/docs/g24-start-page/notes/rnapplications.html

関連項目[編集]

外部リンク[編集]