ATR (航空機メーカー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ATRAvions de Transport Régional )は2つの航空機メーカー、フランスアエロスパシアル(現エアバス・グループ)とイタリアアエリタリア(現アレーニア・アエロナウティカ)が1982年に興したコンソーシアム(共同事業体)である。

概要[編集]

アエロスパシアルが2000年よりEADSに統合され、EADSが2014年よりエアバス・グループに名称変更したので、現在はエアバス・グループとアレーニア・アエロナウティカがそれぞれ半数の株式を所有する子会社である。

ATRはターボプロップ機のみの生産に限定しているため、リージョナル航空会社や大手航空会社の近距離便で使われることが多い。カリビアン航空アズールブラジル航空トランスアジア航空LOTポーランド航空チェコ航空などが顧客である。

機体リスト[編集]

ATR 72-500, Air Dolomiti
フィンランド航空 ATR 42
フライビー・フィンランド ATR 72-500

いずれも最新型は-600型である。

日本での動き[編集]

  • 2012年12月12日天草エアラインは、使用しているデ・ハビランド・カナダ DHC-8-Q100型機が、2014年ごろには整備費が大幅に増加する時期を迎えるため、機材更新の検討に入り、その候補としてATR 42を挙げた[6]。その後の2014年7月22日、天草エアラインはノルディック・アビエーション・キャピタル社との間でATR 42-600のリース契約を締結し、2015年第4四半期に引き渡される予定。これにより、天草エアラインが日本で初めてATR機を運航する航空会社となる[7]
  • 2013年12月11日オリエンタルエアブリッジが、保有している2機のDHC-8-Q200型機が2019年2020年に構造寿命を迎えるため、2016年には更新機材の方針を決定するにあたり、同型機の製造は既に終了していることから、更新機材の有力候補としてATR 42の導入検討を進めている事が報じられた[8]

その他[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “「小型旅客機の“価格破壊者”:仏ATR参入で、国産ジェットに新たな不安」”. 日経ビジネス (2007年7月16日): 14頁. 
  2. ^ 新航空会社リンク、ATR72を日本初導入 上場視野に”. Aviation Wire (2012年10月10日). 2014年7月31日閲覧。
  3. ^ ATR enters the Japanese market”. ATR Aircraft Press Releases (2012年10月9日). 2014年7月31日閲覧。
  4. ^ 国土交通省、ATR社製のATR72-212A 型航空機の型式証明を交付”. レスポンス (2013年10月28日). 2013年10月28日閲覧。
  5. ^ 国交省、ATR72に型式証明交付 リンクが14年春運航へ”. Aviation Wire (2013年10月29日). 2014年7月31日閲覧。
  6. ^ 天草エアライン、機体更新を検討 候補に仏機”. くまにちコム/熊本日日新聞 (2012年12月12日). 2012年12月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月28日閲覧。
  7. ^ 天草エアライン、日本初のATR 42-600を導入 引き渡しは2015年末”. フライチーム (2014年7月23日). 2014年7月28日閲覧。
  8. ^ オリエンタルエアブリッジ、ATR42型の導入検討 16年に更新機方針 19年~20年に現有機構造寿命で”. 旅行業界・航空業界 最新情報 − 航空新聞社 (2013年12月11日). 2014年7月28日閲覧。

外部リンク[編集]