龍源院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
龍源院
Ryogen-in.JPG
庭園・一枝坦(いっしだん)
所在地 京都府京都市北区紫野大徳寺町82-1
位置 北緯35度2分31.53秒 東経135度44分45.91秒 / 北緯35.0420917度 東経135.7460861度 / 35.0420917; 135.7460861座標: 北緯35度2分31.53秒 東経135度44分45.91秒 / 北緯35.0420917度 東経135.7460861度 / 35.0420917; 135.7460861
宗派 臨済宗大徳寺派南派
寺格 大徳寺塔頭、南派本庵
創建年 文亀2年(1502年)頃
開基 畠山義元大内義興大友義長、東渓宗牧(開山)
文化財 本堂(附:玄関)、表門、木造釈迦如来坐像(重要文化財)
テンプレートを表示
龍吟庭(りょうぎんてい)
東滴壺(とうてきこ)

龍源院(りょうげんいん)は、京都府京都市北区紫野にある臨済宗大徳寺派の寺院。同派大本山大徳寺塔頭である。大仙院を本庵とする大徳寺北派に対して、南派の本庵とされている。

歴史[編集]

永正年間(1504 - 1521年)に東渓宗牧(とうけいそうぼく)を開山として、能登畠山義元豊後大友義長周防大内義興らが創建[1]。創建年次については、文亀2年(1502年)、永正元年(1504年)など諸説ある[2]

明治の初めに神仏分離により大阪・住吉神社内の慈恩寺と岐阜・高山城主だった金森長近が大徳寺内に建立した金竜院を合併した。

寺号の由来[編集]

大徳寺の山号である龍宝山(りゅうほうざん)の「龍」と中国・臨済宗松源派の祖・松源崇岳(しょうげんすうがく)の禅を正しく継承する松源一脈の「源」の2文字を採ったものである。

建造物[編集]

重要文化財[編集]

本堂(方丈)
室町時代の永正14年(1517年)頃に建立された一重入母屋造・檜皮葺の建物[3]。日本の方丈建築としては古例の一つである。室中(しっちゅう)襖絵の龍図は、作者や制作年代は不明だが,桃山~江戸時代の作といわれている。
玄関(唐門)
本堂(方丈)へと至る切妻造・檜皮葺の玄関で、本堂と同時代に建立された。
表門
切妻造・桧皮葺の四脚門で、方丈・唐門と同時代に建立された。

その他[編集]

開祖堂
開祖・東渓禅師の塔所となっている一重入母屋造り・檜皮葺きの建物で、南北朝・鎌倉・室町初期時代の禅宗様の粋を取り入れた昭和の代表作である。

庭園[編集]

東滴壺(とうてきこ)
昭和35年(1960年)に作庭された方丈と庫裏との間の現代壺庭の傑作で、白砂敷きのなかに5つの石が3・2の石組みに分けて配されている。
一枝坦(いっしだん)
東渓禅師が師である実伝和尚から賜った「霊山一枝之軒(りょうぜんいっしのけん)」という室号から名付けられたもので、丸く象った苔の中に石が立つ亀島が印象的な斬新な庭である。
龍吟庭(りょうぎんてい)
方丈北側に広がる三尊石組からなる室町時代の枯山水庭園で、中央の石組は須弥山を表し、青々とした杉苔は洋々たる大海を表す[4]
滹沱底(こだてい)
宗祖・臨済禅師が住した中国・鎮州城の南を流れる滹沱河から名付けられた白砂の庭で、阿吽の石と名付けられた2つの石は聚楽第の遺構といわれる。

文化財[編集]

重要文化財[編集]

本堂(附玄関)
表門
木造釈迦如来坐像
龍源院の創建より古い鎌倉時代の作で、建長2年(1250年)、行心作の銘がある[5]。京都八釈迦の1つに数えられる。

その他の文化財[編集]

猿猴図
2幅で一対となっている掛幅で、長谷川等伯が描いたものと伝わる。
達磨図
中国禅宗の祖である達磨を描いたもので、徳川幕府の御用絵師だった狩野探幽が描いた。
種子島銃
天正11年(1583年)の銘により日本最古の種子島銃といわれる。
四方蒔絵碁盤・碁笥
豊臣秀吉徳川家康が対局したと伝わる。

アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『日本歴史地名大系 京都市の地名』、p.481
  2. ^ 『京の禅寺をたずねる』、p.67; 『昭和京都名所図会 5 洛中』、p.119; 『仏像めぐりの旅 5 京都(洛北・洛西・洛南)』、p.37
  3. ^ 文化遺産データベース(龍源院本堂)
  4. ^ 『昭和京都名所図会 5 洛中』、p.119
  5. ^ 『仏像めぐりの旅 5 京都(洛北・洛西・洛南)』、p.38

参考文献[編集]

  • 『日本歴史地名大系 京都市の地名』、平凡社、1979
  • 寺前浄因監修『京の禅寺をたずねる』、淡交社、2000
  • 竹村俊則『昭和京都名所図会 5 洛中』、駸々堂、1984
  • 毎日新聞社編『仏像めぐりの旅 5 京都(洛北・洛西・洛南)』、毎日新聞社、1993

外部リンク[編集]