齊藤ジョニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
齊藤 ジョニー
基本情報
出生 1987年10月27日(27歳)
出身地 日本の旗 日本 新潟県上越市
ジャンル J-POP,ブルーグラス
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ギターバンジョーマンドリンフィドル
活動期間 2010年 - 現在
レーベル Delicious Deli Records
ユニバーサルミュージック(2011年〜2013年)
事務所 Sony Music Artists (2011年〜2013年)
公式サイト 齊藤ジョニーオフィシャルサイト

齊藤ジョニー(Saito Johnny、1987年10月27日-)は、日本のシンガーソングライター新潟県上越市出身。Goosehouseのメンバー。

来歴[編集]

上京前

新潟県上越市に生まれる。中学時代父親の影響でギターを始める。新潟県立高田高等学校を経て、東北大学に入学後、マンドリン音色に心惹かれてブルーグラス同好会へ入会。バンジョーの奏法を学ぶ。また、軽音楽部にも入部し、複数のバンドにてギターベースドラムを担当する。一方、ソロでの活動も仙台などを中心に行っていた。

2010年
2011年 
2012年
  • 3月16日:オースティンで開催された世界最大規模の音楽ショーケース、SXSW(サウスバイサウスウェスト)12'に出演。
  • 4月15日:David Brombergの来日公演にて、仙台Rensaでオープニング・アクトを務める。
  • 4月29日:「ARABAKI ROCK FEST.12」にPermanents(田中和将&高野勲from GRAPEVINE)×齊藤ジョニーとして出演。
  • 5月13日:日本橋三井ホールでのGoose house「Goose house 1st Anniversary Live」にて卒業を発表、同月26日のUstream放送を以て卒業。
  • 7月25日:2nd Album『齊藤ジョニー』をリリース。収録曲の「お世話になります」では、ドラム&コーラスを奥田民生UNICORN)、ギター&コーラスに岸谷香プリンセス・プリンセス)が参加している。[3]
  • 10月27日:渋谷eggmanにて都内初のワンマンライブ「JOHNNY’S ROOM #010 Special 〜1st Anniversary!!! ONE MAN LIVE!! In TOKYO〜」を開催。
  • 12月:ライブのレパートリーであったWham!のLast Christmasのカバーをレコーディング。Youtubeにアップする形で発表する。
2013年
  • 3月30日:渋谷STAR LOUNGEにて2度目の都内ワンマンライブ「JOHNNY’S ROOM #015 〜The Rite Of Spring〜」を開催。
  • 4月:Goose house公式サイトにて、グループへの復帰が発表され、同月20日のUstream放送分より出演、復帰を果たす。

人物[編集]

  • 中学時代、「テストで10番以内に入ったらギターを買ってもらう」と親と約束し、その次の期末テストで10位になり、最初のエレキギターを手に入れる。成績が10位以内だったのは後にも先にもこの時だけだったとのこと。
  • 「ジョニー」という名前の由来は大学時代に参加していたサークルの先輩がその年一番に入部届を出した人に外国人の名前を付けると仲間内で決めており、そこにやって来たのがジョニーだったため。これがきっかけで現在までこの名前を使い続けている。本人曰く「その場で5秒くらいでつけられたあだ名」。
  • 自身のTwitterやブログ等でAKB48のファンであることを公言している。推しメンは柏木由紀
  • 愛器はマーティンのD-18Golden-Era。ライブでは一貫してマーティンのギターを使用しているため、Martin Club Japan(マーティン クラブ ジャパン)主催のイベントにも度々出演している。
  • 神社仏閣訪問、仏像鑑賞を趣味としている。

作品[編集]

インディーズ[編集]

発売日 タイトル
1st 2010年1月 ナオエの空に

メジャー[編集]

アルバム[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番
1st 2011年10月26日 I am Johnny 12cmCD B005F7F4GI
2nd 2012年7月25日 齊藤ジョニー 12cmCD B007Y7RH8K

脚注[編集]

外部リンク[編集]