馬場辰猪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
馬場 辰猪
Baba Tatsui.jpg
肖像
生年: 1850年6月24日
生地: 日本の旗 土佐国(現高知県
没年: 1888年11月1日
没地: アメリカ合衆国の旗 ペンシルベニア州フィラデルフィア
活動: 士族反乱自由民権運動
藩: 土佐藩
所属: 國友会・自由党
廟: 谷中墓地
馬場辰猪

馬場 辰猪(ばば たつい、1850年6月24日嘉永3年5月15日) - 1888年明治21年)11月1日)は、幕末時代の土佐藩士で明治時代の自由民権運動思想家・政論家。最も急進的で国粋的な『國友会』を組織した人物。氏保(うじやす)、通称として辰猪を称す。

略歴[編集]

土佐国高知県)出身。

1850年、土佐藩士・馬場来八(小姓組格、のち馬廻役)の二男として高知城下中島町に生まれる。藩校文武館で学び、江戸留学の藩命を受けて1866年、鉄砲洲にあった中津藩邸の福沢塾(後の慶應義塾)で政治史、経済学を学ぶ。その後、長崎に赴いて長崎英語伝習所にてオランダ人宣教師グイド・フルベッキに英語を習う。1869年、慶應義塾に戻り、のちに教師も務める。1870年、土佐藩の留学生として真辺正精国澤新九郎深尾貝作松井正水らと英国に留学し、海軍法学について学ぶ。イギリス留学中、土佐藩イギリス留学生らの団長を務める真辺正精と決闘を行い、真辺を負傷させている。1874年に帰国。翌年、岩倉遣米欧使節団の一員として再び渡英し、イギリス滞在中に政府留学生となる。その際にはフランスにも赴いた。1878年に帰国。この留学で辰猪の思想の中核となる言論思想の自由、「公議輿論」の重要さを学んだ。

当時イギリスに留学中だった辰猪は、1873年出版の『ELEMENTARY GRAMMAR OF THE JAPANESE LANGUAGE WITH EASY PROGRESSIVE EXERCISES』(日本語文典)の序文にて、森有礼の国語英語化論を批判し、日本語論争などのちに「国語国字問題」とよばれるものに発展し、大槻文彦の『言海』や前島密らの漢字論などと共に「国語」以前の日本語論争の先駆けとなった。

同じ土佐出身で、共に英国留学した星亨小野梓らと共に『朝野新聞』や『自由新聞』などで中江兆民らと共に自由民権運動を日本に紹介し、共存同衆交詢社の活動に参加。ちょうどこの頃、西南戦争の勃発に乗じて、挙兵による大久保利通政権の打倒を策して失敗。末広重恭らとともに「国友会」などの組織を立ち上げる。結社「共存同衆」は1879〜1880年頃、金子堅太郎島田三郎らと共に「私擬憲法意見」を起草した。「日本人学生会」を組織し、法律学による啓蒙活動に従事し、国友会を基盤に自由民権運動の指導者となった。1879年、交詢社創設委員として社則規則などに参画し、1881年、明治義塾(三菱商業学校)創立に参加した。自由党結党大会で、後藤象二郎に次ぐ副議長に選出されて議事運営に当たり、『朝野新聞』に投書し、1882年に『自由新聞』を創刊して主筆となる。板垣退助の外遊に反対して自由新聞を退社し離党、演説会を主催する。

1883年警視総監樺山資紀から東京での政治演説の禁止を申し渡される(6ヶ月間)。その後は著作活動に入るが、加波山事件に関わった自由党員は、「露国虚無党の利器と称する所のダイナマイト」に着目し、1885年11月に横浜の商店で「ダイナマイトは売っているか」と尋ねたため、密偵に発見され検挙。爆発物取締罰則違反に問われて、大石正巳と共に逮捕される。翌年6月、公判で無罪判決を受けた後、アメリカ亡命して講演を行う。アメリカでは政府批判の講演を行い、駐米公使としてアメリカにいた陸奥宗光を尋ねる。

しかし病苦と貧苦に耐え切れず、1888年肺結核のためフィラデルフィアのペンシルヴァニア大学病院で肺炎が元で死去してしまった。享年38。最期を看取ったのは、岩崎久弥林民雄だった。辰猪の墓は、ウッドランド墓地にある。上野の寛永寺谷中墓地にも、墓碑がある。

家系[編集]

没後[編集]

1896年11月2日、谷中天王寺で辰猪の没後8周年祭が催され、福沢諭吉荘田平五郎金子堅太郎田口卯吉渡辺洪基中上川彦次郎矢野文雄尾崎行雄犬養毅中江兆民、大石正巳ら福沢に連なる140名ほどが参列した[2]

補註[編集]

  1. ^ 『御侍中先祖書系図牒』に、「先祖、甲州武田家ニ仕馬場美濃守也。平兵衛信義者、武田家滅却之後、落浪御当国江罷越」とある文による。
  2. ^ 杉山伸也「馬場辰猪再訪」「連載 経済史をあるく 第8回」『書斎の窓』No.609、2011年11月、p.32-36

関連項目[編集]

主な著作[編集]

  • 『日本語文典初歩』
  • 『日本におけるイギリス人』
  • 『日英条約改正論』
  • 『雄弁法』

文献[編集]

外部リンク[編集]